[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
〈短説の会〉掲示板
〈短説の会〉掲示板−−短説作品のご感想、公式サイトへのご意見、各座会の事務連絡、近況報告等、お気軽にご利用下さい。−−

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



85.はじめまして 返信  引用 
名前:糀谷終一    日付:2013/08/23(金) 10:31
昔大阪府堺市で短説の会をされていたとき参加をしたことがあります。現在も堺市でされているんでしょうか?手元に過去の資料がないのもですから連絡の取りようがなくて。また、大阪府のどこかで会をされているなら連絡先をお教えください。



86.Re: はじめまして
名前:西山正義    日付:2013/08/24(土) 17:10
糀谷終一様

〈短説の会〉の公式サイトを管理しております西山正義です。
お名前だけは存じております。

最近の関西座会については、実は私もよく把握しておりません。
連絡先は、地元のコミュニティ・サイトで公開されていますが、
個人情報でもありますので、メールいたします。


87.Re: 関西座会について
名前:西山正義    日付:2013/08/24(土) 18:35
糀谷終一様

※先程(24日18:07と18:22ころに二度、上記のアドレスにメールいたしましたが、エラーになってしまい送信できないようです。
メールの内容を若干省略して(個人情報の部分を抜いて)転載します。

------------------------------
糀谷終一様
ならびに、関西座会の道野重信様

糀谷様、お名前は存じております。(作品も読んだことがあります)
〈短説の会〉の公式サイトを管理しております東京在住の西山正義です。

昨日、短説の「掲示板」に関西座会についてのお問い合わせをいただきました。
実は私も、最近の関西座会についてはまったく把握しておりません。
連絡先は、道野さんで変わらないかと思いますが、個人情報なので、
道野さんに確認してからと思いましたが、地元のコミュニティ・サイトにも
公開されていましたので、お伝えいたします。

泉北・金剛・狭山地域の総合情報サイト
「コミュニティ2525」:サークル・団体情報
※このページ↓にアクセスしてください。
http://www.community2525.com/circlelist/2013/02/06113111.php

原稿用紙2枚で書く「短説」の会。第1日曜午後、作品の批評会を開く
活動場所/栂文化会館
連絡先/道野重信さん 090-****-****

またこのページにも。
http://www.community2525.com/news/2011/06/30114201.php

2011年6月30日現在の情報ですが、
新会員も募集中で座会見学OK。申し込み、問い合わせは道野さん*****

とあります。

糀谷様、連絡してみて下さい。(上記のメールが良いかと思います)

道野様、というわけですので、よろしくお願い致します。

因みに、私はまったく出席しておりませんが、東京座会と茨城県の藤代座会は
変わらずに開催されているようです。

☆------------------------------------☆
 短説の会:西山正義
 〈短説の会〉公式サイト
 http://tansetsu.aikotoba.jp/
 短説と小説「西向の山」
 http://homepage3.nifty.com/masayoko/ 
☆------------------------------------☆

http://www.community2525.com/circlelist/2013/02/06113111.php


88.Re: 関西座会について
名前:西山正義    日付:2013/08/24(土) 18:43
↑か
↓に  アクセスして下さい。

http://www.community2525.com/news/2011/06/30114201.php

82.短説の会の皆様へ 返信  引用 
名前:WEB版『短説』編集長:西山正義    日付:2012/10/18(木) 15:49
先日(10月12日)は、ひょんなことから皆様にメールをする機会がありました。

http://tansetsu.aikotoba.jp/



83.Re: 短説の会の皆様へ
名前:WEB版『短説』編集長:西山正義    日付:2012/10/18(木) 16:03
↑(※エンター押したら途中で投稿されてしましました。書き直し)


先日(10月12日)は、ひょんなことから皆様にメールをする機会に恵まれました。
何が言いたかったかと言うと、
せっかく〈短説の会〉のホームページがあるのだから、会員のみなさんにもっとアクセスしてもらいたいということです。
ただし、見ているだけではこちらには分からないので、この掲示板でもブログのコメント欄にでも、一言欲しいということなのです!

この掲示板も、実に2009年11月9日以降、まったく投稿がありません。
この日、以前のサーバーの都合で、現行サイトに移転しました。
従って、月刊『短説』に掲載されていたアドレスとは異なるということになってしまったわけです。

本日(10月18日)、この掲示板にもほとんど唯一登場する秋葉信雄さんより、「短説ブログ」にコメントをいただきました。
みなさんも、一言でいいですので、何かリアクションをお願いします!

http://tansetsu.aikotoba.jp/


84.Re: 短説の会の皆様へ
名前:WEB版『短説』編集長:西山正義    日付:2012/10/18(木) 16:36
うーん、2009年11月9日の前の投稿は、2007年4月3日でした!
http://tansetsu.aikotoba.jp/

80.〈短説の会〉公式サイトURL変更(サイト移転) 返信  引用 
名前:WEB版『短説』編集長    日付:2009/11/09(月) 20:03
〈告〉
 この度、Lycos Japan/Tripodから引き続き使用してきたinfoseek/iswebのホームページの仕様が変わり(最上部に余計な検索バーが追加された)、Internet Explorer 8で閲覧すると、レイアウトがとんでもなく崩れることになりました。Firefoxではこの現象は見られませんが、当サイトに限ったことではないようです。それで、急遽サーバーを乗り換えました。当面は併存させますが、↓でご覧ください。
〈短説の会〉Official Web Site 移転先URL:http://tansetsu.aikotoba.jp/



81.Re: 〈短説の会〉公式サイトURL変更(サイト移転)
名前:WEB版『短説』編集長    日付:2009/11/09(月) 20:05
〈短説の会〉Official Web Site
移転先URL↓

http://tansetsu.aikotoba.jp/

79.インターネット版『短説百葉集』完成! 返信  引用 
名前:WEB版『短説』編集長    日付:2007/04/03(火) 23:04
 この度、短説の会・公式サイトに掲載している(つまり、インターネット上に公開されている)作品が、芦原修二作品を別枠として、ちょうど一〇〇作になりました。
 平成一五年の六月、すだとしお同人が短説『百葉』を編纂しました。公式サイトはその同じ月に西山が立ち上げたものですが、それから三年一〇か月、ここにWEB版『百葉』が完成したという次第です。
 すだ版は、短説の歴史を俯瞰するという側面もあり、最初期のものから、単行本時代の『年鑑』を彩った招待作や、ゲスト参加なども多く含まれています。
 対してネット版は、現役作家を中心に組まれているのが特徴です。もちろん短説の歴史を踏まえ、すでに短説から離れている作家についても、外せない作家やすだ版未収録でこれはと思うものは収録していますが、一作家一作品に限りました。
 また、翻訳版があるものを優先的に掲載しましたので、大井正博氏によりフランス語に訳された作品は、原作・翻訳ともに網羅されています。
 二つの『百葉』に収録された作家は、すだ版六七名、ネット版七〇名、重複を除き、別名を一人と数え、合計八五作家にのぼります。いよいよ「百人一短説」も夢ではなくなってきました。総収録作品は、重複を除き別枠の芦原作品を含め一七五作。
 以下、発表年代順にネット版『百葉』の一覧を掲げます。(これをご覧の方は上の「ホームページ」をクリック)。洩れているからといってがっかりしないでください。ここ最近の会員の中にも注目されるべき作家が何人かいますが、現時点では収録し得ませんでした。
 しかし、公開形式を見直すため、しばらくサイト本編での更新はストップしますが、これ以外の過去の秀作や最近会員になられた方の作品は、引き続きブログ版のほうでアップしていく予定です。
 なお、芦原作品は八作公開されていますので、合計一〇八。すなわち、いわゆる煩悩の数と言われている数だけあり、「百葉集」というより「短説煩悩集」といったほうがいいかもしれません。
                (平成一九年四月一日・西山正義)
http://tansetsu.at.infoseek.co.jp/

78.東京座会で「江戸城展」探題会 返信  引用 
名前:西山正義    日付:2007/02/16(金) 22:50
今週の東京座会は、江戸東京博物館で探題会が開かれます。
ご都合がつく方は是非ご参加ください。予定は以下の通り。

■2月18日(日)
1)両国の江戸東京博物館で『江戸城展』を見学し、
   近くの喫茶店、あるいは適当な広場で座会をします。
   2時に博物館正門切符売り場前にお集り下さい。
   2時15分まで待ち、ただちに入場し、
   以降のスケジュールは現地で指示します。
2)作品はいつものとおり10枚コピーしてご持参下さい。

江戸東京博物館は、JR総武線・両国駅のすぐ真裏です。
また、地下鉄大江戸線・両国駅からは直接繋がっています。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

77.エピ、って前ORあと? 返信  引用 
名前:Noboo A    日付:2006/12/02(土) 19:39
ひさしぶりにまたお邪魔しました。
キラワレモノ、Nobooです。
なぜか今、信州信濃に行きたくなりました。
テレビでフィギュア・スケートを中継して
いるせいなのかも知れません。
しかし今思うに、やはり「短説の会」20周年を
今年できなかったことは、残念です。
やればできたはずです。
完璧さを求めすぎるキライが本会にはあります。
「約束」は守って、promise
です。プロミスとは、ミスのまえにあります。
というような英語の意味合いです。
決して、エピではいけないのです。
期待して、待っています。
やってみる、勇気を持ち続けたい、と思う昨今です。
それでは、また。

76.(untitled) 返信  引用 
名前:Noboo A    日付:2006/09/18(月) 08:13
おはようございます。たまには、掲示板にヒトコト。
なにやら世間は「ケイロウの日」だとか。
ケイロウってなんですかね?
ジイサンであれば(孫がいれば)、「ケイロウ」の
条件を具備しているのでしょうか。
そもそも「高齢化社会」なんて言葉は、死んでるでしょう?
「高齢者」の概念規定が「65歳以上」とか・・・。
まあ、その規定化を年齢をあげてしまうと、様々な法令に関係して
お国がたくさんお金を使わなければならなくなる、ということは
小生でもある程度わかります。しかしながら
誰かが、蛮勇をふるって、その概念規定を変えていかなければ
ならないのでしょう。
ちなみに小生は、孫もおりますし酒ばっかりのんで、タバコも
すい続けウン十年。しかし、脳みその中身は17歳のまんま。
すくなくとも「短説の会」に所属する人々は、年をかんたんには
とりません。要は気持ちの問題。なにもすることがない人は、
すぐ老います。物事をすぐに見極めてしまう人は、先がないのでは。
決めてしまう人はラクですね。すぐお迎えが来ますよ。
長生きしたかったら、しゃべって、読んで、書くことですね。
年をとるヒマがありません。昨日も「東京座会」に数ヶ月ぶりに
顔をだし、しっかりしゃべってきました。それでは、また。

75.「利根地固め唄」の公演 返信  引用 
名前:西山正義    日付:2006/07/25(火) 17:08
〈短説の会〉の皆様

われらが芦原修二代表の最新情報です。
今度の日曜日、「利根地固め唄」の公演が行なわれます。

『第8回全国こども民俗芸能大会』
日時:7月30日(日)
会場:日本青年館大ホール
(神宮外苑・最寄り駅JR総武線「千駄ヶ谷」)
開場:12:30
開演:13:00
入場無料

日本全国から各ブロックを代表して民俗芸能を披露。インドネシアからも参加。
「地固め唄」はオープニングを飾るそうです。

申込・問い合わせ先
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~jfpaa/
(社)全日本郷土芸能協会 「こどものまつり」係
〒107-0052 東京都港区赤坂6-10-45 ヴィラ赤坂208
TEL:03-5545-3413

ちょうど三年前、利根町公民館で行なわれた
『利根地固め唄保存会結成15周年記念発表会』にはたいへん感銘を受けました。
http://tansetsu.at.infoseek.co.jp/event/tonejigatameuta.htm
一緒に行った息子も、HPの日記に「来てよかったな」と書いています。
http://homepage3.nifty.com/masayoko/kodomo/yoshito.htm
今回は全国規模での発表会です。私もこの日は地元で「団地祭り」があり、
残念ながらが観に行けないのですが、お時間がある方は是非。
芦原さんの作品背景もわかってお薦めです。

72.座会、お世話になりました。 返信  引用 
名前:Nobuo A    日付:2006/04/25(火) 07:02
おはようございます。4月23日の東葛座会、お邪魔させていただき
大変勉強になりました。福本さんのご配慮に感謝申し上げます。
キッコーマンの工場見学もためになりましたし、大正・昭和初期の
歴史的な建造物も興味深深でした。
座会を開いた旧邸も、あたかも漱石や鴎外が隣に座ってくれているような
雰囲気を持ってました。勝手なことを調子に乗って、喋らせて
いただきました。失礼、ご容赦を。また、お誘いくだされば幸です。
それでは、また。



73.Re: 座会、お世話になりました。
名前:FUKUMOTO    日付:2006/04/27(木) 10:38
皆様にご協力いただき、ありがとうございます。私も当地へきて何十年?になりますが、ようやく良さが判ってきました。8月には手賀沼湖畔の会場で合同座会を予定しております。ご都合がつきましたら、是非ご参加ください。


74.Re: 座会、お世話になりました。
名前:Nobuo A    日付:2006/05/15(月) 07:08
8月の合同座会、なんとか都合をつけたいものです。
手賀沼近辺は、昔「親水広場」に娘を連れていったことを
思い出しました。沼の近くにおいしいお弁当やさんがあり、
そのお弁当を娘が楽しみにしていました。
もうその娘も高校三年。もはや相手にしてくれません。
楽しみにいております。

ページ: 1 2 3 4 5 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb