[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
☆詩の投稿☆
著作権はそれぞれの作者へ帰属します。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



116.性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる! 返信  引用 
名前:ジェンダークリニック    日付:2016/08/26(金) 20:51
性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる!

男の娘や女装子さん みんなが集まる情報交換サイト

自分でできるヒアルロン酸注射で男性の理想Cカップをget

女性ホルモン剤で憧れのバストへ etc・・・

遊びに来てね
http://genderclinic.jp/wp/
p203.net118151206.tokai.or.jp (118.151.206.203)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; Touch; MASPJS; rv:11.0) like Gecko

115.柴田美優さんの詩 返信  引用 
名前:555    日付:2014/06/04(水) 20:05
柴田美優さんの詩
http://makingsense.sakura.ne.jp/cgi-bin/wakeari/read.cgi?no=97
12.127.54.36.ap.dti.ne.jp (36.54.127.12)
Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_4) AppleWebKit/536.25 (KHTML, like Gecko) Version/6.0 Safari/536.25

91.構内徐行 返信  引用 
名前:夢嬢    日付:2011/01/06(木) 11:41
ある日
新宿行きか
母と
小さな
鉄橋を
通る
たんび
その音を
聞きながら
鉄橋だねえ
言う
新宿
手前の
右へ
見える
山を
山だねえ
と言う
少し
大きく
なってて
その辺り
左へ
鉄塔の
気になる
ハムの
頃か
あんな
塔を
立てたら
いい
アンテナ
やれると
そして
京王線
まだ
初台
出て
路面へ
走る頃
そこへ
四つ目の
信号機が
左へ
見えて
よっぽどに

橙が
赤と
どういう
意味と
聞きたかった
そして
そこを
通過の
運転手さんは
構内徐行
と一人
言う
そして
路面を
走り出す
カーブの
している
それを
覚えると
わたしは
電車
運転
してて
使った
四つ目
信号を
見た
積もり
一人言う
構内徐行
あの
信号の
意味は
構内徐行
であると
じーっと
信号を
通過で
見詰めてて
通過すると
ぼやーっと
消えてたと
そう風
なんだ
信号機って
父が
新宿で
勤めで
あった頃
母との
新宿行き
多かった
烏山で
降りる
混んでた
いっぱいの
人たち
階段へ
降りる
右手を
伸ばして
握った
母の手と
想った
綺麗な
お姉さんで
母が
後ろから
間違え
ちゃったの
と言う
最初の
恥ずかしさ
かしら
お姉さんの
顔を
見上げると
矢張り
笑ってて
どうしてるか
お姉さんは

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)

90.一作 返信  引用 
名前:夢嬢    日付:2011/01/06(木) 11:07
誕生日の
近い
一月
年賀
八枚の
ウラを
書いたと
喜んで
昨年の
二十二年
の年に
自分は
作家へ
なれた
年と
ですから
こんな
疲れての
午後
ムリ
してたり
書き出してた
幾つの
日だろう
千円札
でしたと
幾らの
幾つ
計算
してごらん
大変な
お金だよ
母が言う
確か
拾ったのは
千円札
での
一万円
入った
封筒
だったと
母が言う
お父さんと
お母さん
二人の
新宿でと
言って
たろうか
師走の
日と
言った
かなあ
わたしは
父と母が
二人で
あの
京王線
新宿駅の
改札
出た
辺りの
ぱちんこ
屋さん
大きな
果物
屋さん
そこの
広場の
よう
人たち
行き交う
そこの
地面へ
封筒が
父が
言う
真っ青に
なって
おやじさん
直ぐに
急いで
戻って来て
なあ
と言う
可哀想
だから
渡して
やった
そう
だろうか
拾って
何だ
こんなに
お金じゃあ
ないの
一万円も
入ってるよお
少し
薄暗く
なってる
そこで
有ったので
ないか
二人も
貰いた
かったと
新宿
でか
薄暗
いのか
あそこか
もうは
分からない
お父さん
戦争の
ことは
話すの
嫌なんだ
みんな
知ってんの
死ん
じゃった
からな
親戚
の人か
ケンサで
醤油
飲んだりな
父は
そんな
のじゃとを
考えたり
父は
戦争へ
行って
いない
んだと
それ共
体の
弱くて
ケンサで
落ちたか
これらへ
腺病質の
シンイチへ
何を
考えず
あの
タタミで
話してて
何とかへ
なったか
いやーに
恐がり
泣いたり
逃げの
あんな
大声
上げて
集団へ
投石
そんな
じゃあ
ないや
矢張り
薄暗かった
神経症
の積もり
積もっての
ハカイ
では
なかったか
投石の
何と
なったか
あの人の
革手の
ビンタが
もうちょっとで

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)

89.お休み時間 返信  引用 
名前:夢嬢    日付:2010/12/28(火) 11:07
会社
だから
お休み
時間と
朝か
十時か
昼か
三時か
夕方か
書いたら
十時か
三時
有った
かしらと
そうして
ママと
ラジオから
石綿で
肺の
病気へ
この頃
心配へ
したり
そうして
お休み
時間
でした
大学生は
後輩の
入って来た
人へ
テニス部の
何さん
知ってる
何て
聞いてた
後輩の
大学生
辞めていて
そこらから
パッキンの
抜くへ
失敗の
物が
沢山へ
出て来た
美人の
女社長と
工場長が
これは
ひどい
ですねえと
しゃべってる
お休み
時間か
大学生へ
テニス部の
でしょう
とかを
言ってた
びっくりと
しちゃって
何で
知ってる
んだと
わたしへ
終わって
大学生と
駅の処の
パン屋さん
この
女の人
かなあ
テニス部
の人って
その
美人の
店員さん
かなあと
陽に焼けてる
長身の
大学生が
八月になって
入ってた
ママも
みんなと
保田の
民宿へ
行った
後かな
その
大学生へ
一声
ヨットクラブ
でしょう
と聞いた
何で
そんなに
見える
ヨットクラブ
って聞かれたの
初めて
だよと
黒いのは
サッカーを
している
から
だよと
と言っても
テレビで
やる
サッカー部
じゃあなく
同好会
の方と
言った
と何人か
そこへ
入った
大学生
みんな
いいん
だけど
最後へ
女社長へ
叱られた
大学生
のいた
喫茶店
でしょう
その
大学生から
入会の
ことだか
パーティ
の券で
したか
買ってと
入ってと
言われた
ことを
ママへ
言ってた
こうふに
書いてて
三十九年
夏か
そんなことを
想い出した
あの人
高校生へ
そんなこと
してと
叱られて
いたよと
ママより
聞いた
その夏
スイカ
のひとつ
持ってと
誰で
したか
事務所の
奥へと
行ったことの
なかった
お家の方へ
持ってくと
一年生の
次女の
お嬢さん
暗っぽい
奥へと
見えた
背が高いと

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)

88.夏の想い出 返信  引用 
名前:夢嬢    日付:2010/12/28(火) 10:40
あるがままを
そのままと
言った
人のいる
そのまま
書いて
いようの
同じ夏
ママと
神泉駅へ
降りた
わたし
初めての
駅で
その夏
の後
一人で
その駅へと
探してて
分からなかった
芦花公園の
家から
日曜かな
ママ
土曜日へ
家へと
一泊して
会社の
下宿へ
帰るの
でした
駅から
登りで
ママへ
付いてった
会社の
前の道へ
出て
ママは
下宿へ
寄ってから
玄関の
前の道
の処で
二人で
立つと
車で
行っちゃ
おうよと
品川駅へ
でした
久里浜
行きのへ
乗って
いた
フェリー
の甲板
わたしは
ラーメン
食べると
ママへ
言うと
こんな
夏なのに
ラーメン
ですってと
注文を
するのへ
可笑しいでしょう
みたいに
言っていた
地平線へ
工場の
煙突や
見えた
金谷へ
着いた
メモを
ママが
持っていて
保田の
民宿の
番地を
運転手さんへ
言っていた
初めの
出ている
料金が
東京のと
違うので
シンチャン
よーく
見といてよ
ママが
言った
岩の
在った
海岸
でした
岩から
近い
岩へ
やっとで
行けてた
庭の
お風呂へ
入ってた
夕方に
ママが
食べて
おこうと
盆踊り
していたか
その
用意へ
見てたのか
上の子は
勉強
ばかり
わたしと
同い年の
子は
ぜんぜんと
下の子が
ちょうど
良いようと
盆踊りで
真ん中の
子へは
ボーイ
フレンドが
待って
いるのと
保田の
駅前
でしょうか
食堂で
カツライスを
二人で
食べて
ました
わたしは
あんまり
食べられ
なかった
ようで
あの日
下の子へ
お母様は
どうする
もっと
いると
聞いて
いました
ご家族の
車で
帰る時でした
パラソルを
一人で
やっと
持って来た
ママは
持って
上げなさいよと
わたしへ
言った
民宿の
朝の
部屋で
聞こえる
ので
波が
高いや
と言うと
扇風機の
音よと
三女の
お嬢さんと
わたし
波打ち際
貝を
拾ってたの?
砂の手で
おせんべいを

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)

87.今日 返信  引用 
名前:夢嬢    日付:2010/12/22(水) 11:17
出す
場の
指定の
決まると
うれしく
うれしくて
結婚
した
みたいに
白色の
パンツ
でした
そこの
所へ
見ると
血が
沢山に
そういう

観てて
今日
洗濯物の
分からなく
なっちゃった
母の
寒い
だろう
朝に
それ
買いに
行こうと
うれしく
その前へ
書いて
みようの
あの
夏の
午前
紙袋
両手へ
母と二人
今日
入院を
する
駅前の
ターミナルで
母が
しんちゃん
車で
行っちゃ
おうよと
言った
あの
夏の
夕方
もう
お金は
払って
ある
からと
父は
助手席へ
後ろの
奥へ
わたしは
座った
ラジオは
小さく
夕焼け
小焼け
聞こえた
運転手さんは
ああ
あの山の
上の方へ
病院が
在りましたね
と言う
是政橋
渡ってく
変な方角と
想った
外来で
バスで
こうで
ないやと
ハイヤー
の人
意地悪
かなと
後ろで
想った
山道の
ような
狭い
一本道を
そうして
いると
急に
開けた
小田急線の
あの
駅の
陸橋の
道路へ
出た
実は
入院の
時と
夏ばて
パーキンソン
の時
車へが
恐かった
自分の
車の
中で
自分
大声
出しちゃう
んじゃあ
ないかと
そうして
今日
母へと
ももしき
買おうと
どしたら
今日
より
近くに
実際へ
知れるか
実は
人を
欲しかった
あの
午後の
ニタミスの
方でも
歳や
金や
わたしの
仕事や
そんなへ
無視し
あの方と
想う
これも
十二月
中か
あの場
消えて
なければ
載せる
載るか
知れない
実は
この文の
価値の
あの方へ
お聞き
したいの
あの夕
ハイヤーが
通った
道を
スクーターの
運転して
知ると
随分
元気そうに
なったねえと
外来の
ソファーの
わたしへ
先生

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)

86.送信する 返信  引用 
名前:夢嬢    日付:2010/12/22(水) 10:49
あの
大きい
先生
となって
初めて
文の中へ
思想家と
書かれる
わたしは
書いた
思想へ
或る日
詩へ
なって
近い人は
詩へ
なって
ますよと
と想って
ぷりんと
あうとの
ハンセン病の
棚の
左の
開きの
上下へ
それ
凡て
捨てよう
想った
エイ3の
沢山
それで
思想家
どこで
詩人
どこでは
と分かり
かけて
人は
否定へ
すると
捨てるへ
すると
終わり
さねえ
昨日
印刷
してて
にこにこ
帰ろうと
駐輪場の
百円玉
左の
ぽっけへ
こーひーの
二本分と
以前
占いの
人の
出る
書いて
打った時
いんたーねっと
故障の
声で
すぴーかーは
少し
経って
止めて
くれた
んだ
先生
良く
なかった
作品
きけん
であった
かもと
その
一件
想い出し
昨日の
今日
という
題のへ
打ちへ
終わって
上から
読んで
さあ
プチュと
そして
送れ
なかった
人を
書いた
からなあ
若しや
迷惑
の物
だった
かなも
良かった
のかなと
寒い日
でした
夜中
途中の
くすりの
せい
かしら
七時
過ぎへ
起きた
お弁当
作ら
なかった
サンダルで
買い物して
お弁当
買って
帰ろうと
今日は
つめ
切れると
新聞
読まずに
十一時
頃へと
なってた
あの
くすり
無かった
お医者さんへ
行こうと
大急ぎ
してた
また
打って
終わって
送信が
出来な
かったら
これは
思想と
ぷりんと
あうと
だから
送れる
かしらと
濃い
赤色の
全集は
読んだ
とこ有り
全生園の
べんちへ
一巻目を
持ってた
こと有り
そこの
桜の
並木の
間へ
袴姿の
文学かぶれか
下駄履いて
何読んだと
一冊
抱えて
いたかしら
自分は
今日は
確かですと

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)

85. 返信  引用 
名前:城西    日付:2010/12/18(土) 11:53
きっと
お別れと
なるが
惜しい
あの
四本の
肩へ
透けて
見えてた
ものから
階段を
降りてく
改札
出た
駅前
マーケット
りんご
並ぶ
それを
してた
女店員
女と
わたしへ
じっと
見る
友達へ
なりません
家では
そういうの
うるさいん
ですよねえ
母へ
言って
ください
四谷へ
帰ってく
四谷と
言えば
引越しして
台風だから
夏か
おばあちゃん
布団へ
居たか
おおやさんの
人たちが
声をしてて
四谷へ
水が出たと
家へ
聞こえた
ママは
四谷へ
水が出た
なんて
びっくり
しちゃうよねえと
東京の
四谷じゃあ
ないと
ひくひく
笑ってて
そんな日は
もう
女と
何回
通学の
お顔
見定めてたか
決めた
母へ
言う
確実よ
信じて
だって
相手が
良いと
分からないじゃあ
ないの
土曜日は
おばあちゃん
民謡名人戦
でんすけ
お昼から
どうも

見てみたく
なった
こんだけ
育って
古くに
なったのを
四谷を
通って
五日市へと
歩こうと
白バイへ
補導されて
途中で
拾った
バールを
なんだこりゃと
お巡りさんは
山道の
真ん中へ
落ちてたのです
父の
喜ぶと
想って
カバンへ
入れました
その
五日市は
29歳
頃です
終わらないねえ
終われないねえ。

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)

84.想い出して 返信  引用 
名前:夢嬢    日付:2010/12/18(土) 11:02
あの家で
先輩の
濡れ縁へ
来てくれる
まだ
高校生の
自分でしょう
先輩の
隣へ
帰ってから
父の言う
だって
いい人が
居るものと
先輩
独身
でした
何かの
やはり
先輩と
話しの
終えて
ママも
来てたか
先輩の
帰って
行く時の
しんちゃんにゃあ
まいったな
生まれ
ちゃうか
先輩
隣の
自宅へ
帰ってった
みんなで
犬か猫
の話しを
でしたで
しょう
先輩
結婚して
引っ越して
行った
そこへ
父が行き
先輩の
赤ちゃん
見てたのか
わたしの家へ
先輩が
赤ちゃん
連れて
来てたのか
父が
オシメ
だろうと
言ってて
先輩が
当たり前
でしょうと
言ってて
わたしの
烏山にて
初めての
頃の
記憶
おばちゃん
と母へ
呼んでた
よっつ
だよ
しんちゃんは
そう
教えて
くれた
前の日
だろうか
後かな
大晦日
らしんだ
布団で
寝ていた
わたしは
父の
ヒゲを
されたか
しないか
父の
おんぶと
肩車で
明るかった
あの
玩具屋さん
の羽根つきの
羽の
色とりどり
一本へ
刺さってる
幾つか
の前にて
半分の
寝て
いるのだが
おんぶか
肩車の
父からの
声で
これか
これか
それで
羽のへ
見る
女の子
のかなあ
こんなに
羽を
買うの
かなあ
父を
おじちゃんと
呼んでた
歳から
言って
永い
コーヒーの
会社
でないで
あろうと
四十五年の
夏に
家出の
帰って
梅島
五反野
とそんな
わたしの
行ってた
地名へ
言うと
母から
お父さんが
むかし
勤めて
いた処
じゃあないと
座敷で
話して
くれた
小さな日
母と
新宿の
果物
屋さん
大きく
明るいの
母が
父の
お土産の
りんごへ
詳しくて
そこ等辺りを
良くに
知っていた
父は
母もか
ぱちんこ
屋さんへ
居たのかな
わたしが
ここの歳へ
なってから
縫う
怪我へ
してしまう

122x219x131x251.ap122.ftth.ucom.ne.jp (122.219.131.251)
Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET4.0C; .NET4.0E)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb