[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





31106.干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした) 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 19時18分
Original Size: 1024 x 673, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

三角点「猪ノ鼻」と「若狭峰」周回ログ図  三角点「猪ノ鼻」  若狭峰・三角点(湿保谷)


第一弾「猪尻山」
第二弾「猪ノ鼻山」(まんのう町・笠形山南面)

に引き続き、干支の山・第三弾 阿讃県境尾の三角点「猪ノ鼻」(山)に行って今年一杯有効の仮標識を立てて来ました

国道32号線「猪ノ鼻トンネル」北口(香川県側)から若狭峰へ向かう旧道を谷分岐まで車
ここに車を置くと丁度猪ノ鼻峠〜県境尾根〜三角点「猪ノ鼻」〜県境尾根〜若狭峰と周回出来ます

道路が狭いので時間的余裕があれば猪ノ鼻トンネル口から歩く事も可能です

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31107.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 19時29分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 506, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

ヘヤピンカーブの谷に駐車スペース2〜3台分あり  猪ノ鼻峠へ向かう  猪ノ鼻峠に出る

車デポした谷部から20分程で猪ノ鼻峠、三叉路へ着く
右の徳島県へ向かう切り通し方面へ進むと、切り通しの奥に右へ向かう道がある

でも、ここは県境尾根へ這い上がった方が面白い

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31108.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 19時35分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

猪ノ鼻峠、切り通しの奥に右手に向かって道がある でも、ここは県境尾根に這い上がる  すぐに立派な祠がある

切り通しの手前を竹藪に向かって県境尾根を這い上がる
すぐに立派な祠がある (狛犬もあります)

藪尾根を10分程進むと先程の道に合流します


(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31109.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 19時44分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

多少こんな場所もありますが大した藪ではござらん  10分程で道に合流  更に15分程で右手の尾根道に入る


県境藪尾根は10分程ですから大丈夫
広い道理に出ます(恐らく四電鉄塔保線路、車道でしょう)
車がヌタ場を走っておりますからジュルジュルの場所もあります

途中四電・四国中央東線の保線路分岐ゲートが2か所ありますが無視して真っ直ぐ進む

道路が左へカーブする場所に県境尾根への踏み跡があるのでそれを右手に入る

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31110.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 19時53分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

車道分岐から尾根に入って5分で三角点  ○米さんの私標も残っていました
 一応標識を立てておきます


未舗装道路から県境尾根へ入ってなだらかな上り坂を5分程歩くと左手に三角点があります
四等三角点「猪ノ鼻」635.3m です

車をデポした阿場所から約1時間で三角点に着きます

ここにも石が乏しく、辺りを探しましたが一個しか有りませんでした


三角点訪問の後は県境尾根を若狭峰へ進みます

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31111.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 20時20分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

県境尾根は踏み跡があり分かりやすい  若狭峰直下でコルに下がる  コルの三叉路


三角点「猪ノ鼻」を過ぎて若狭峰へ向かって県境尾根を上がって行く
踏み跡もしっかりしており問題なく歩けます

問題は若狭峰直下のコル部です
安全なのは三叉路で左へ真っ直ぐ道を進み、中蓮寺〜若狭峰の稜線まで出て、右手の若狭峰へと歩くコース  (平凡すぎる)

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31112.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 20時28分
Original Size: 900 x 694, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB

悩ましい若狭峰の県境部   ジオグラフィカで県境上を歩く  え? 一旦谷へ下がるの?


県境にこだわってスマホのジオグラフィカを出して県境上を歩いて見る
う〜〜ん こんな県境ってアリ?  尾根から谷へ下り、また斜面を尾根に上がる
(境界杭は見当たらない)

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31113.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 22時33分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

尾根に境界杭があり踏み跡が下に下がっている  境界杭に沿って上がる  若狭峰の三角点に着く


ここはやはり阿讃県境にこだわりたい!
普通県境は尾根沿いに付けられる場合が多い(分水嶺)
しかし、ここの県境は何かへんちくりんな場所を通っている
左にも右にも小さな尾根があるのに、何と谷へ一旦下がるって・・・WHY?

ジオグラフィカを見ながら県境を歩いてみる
杭が見当たらない?
尾根まで這い上がると境界杭が現れた
そして踏み跡が下に続いている

この踏み跡を辿ってコルまで下がってみる
確かに掘れ込んだ古い道なのだが、県境に付けられている道では無かった

先程の境界杭まで上り返して懐かしい若狭峰、三角点に這い上がる

香川の県境尾根縦走をした時に下りた尾根は南に向かう一番立派な尾根だった (県境尾根だと思ったが地図で確認すると違っていた)

結局、ここは県境を正確に辿る事は難しいとの結論になった

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31114.Re: 干支の山 第三弾! 猪ノ鼻峠の三角点「猪ノ鼻」山 (一応ピークでした)
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 22時36分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

   遍路道まで下りる     車道になっている遍路道を下る  出発点の三叉路に着く


若狭峰から広い遍路道へ下りて、後は車道を猪ノ鼻トンネルへと歩く
約40分歩くと車を置いた三叉路の谷部に帰り着いた

何の展望も無い県境歩きですが、まあこれもトレーニングだと割り切って下され

少し歩きたりない人は中蓮寺峰まで足を延ばすと良いかも、ここは少し眺めが良い

(終わり)



エントツ山    

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


31101.出会いの瓶ヶ森 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2019年01月20日(日) 23時17分
Original Size: 800 x 585, 146KB Original Size: 800 x 599, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB

@新雪で滑るため15年物のアイゼン装着。靴は20年物。 A台が森の急登を登る Bさすがに北斜面は寒い

エントツ山さん こんばんは。
昨日19日に2年ぶりに東之川から瓶ヶ森に行ってきました。

このコースは台ヶ森の手前から急登が続いて北斜面のトラバース道も通らなければならず、笹ヶ峰の北斜面同様、雪が深いと大変です。
今年は雪が非常に少ないので、今なら比較的楽に行けると思い今週末はここにしました。

8時にスタートして、しばらくは全く雪なし。
そのうち先行者に追いつきましたが、今年度から登山を始めた看護師の男性で、後でお話すると奥さんが私の職場の関係者でびっくり。

それから先は自分が先頭で、標高1100m位から薄っすら雪が出てきました。
おそらく前日に幾分新雪が降ったようで、高度を上げるにつれ登山道は雪で埋まってきました。

台ヶ森の手前くらいから、新雪で滑って上りにくいためアイゼンを装着。
台ヶ森の先のトラバース道は雪に埋もれて、ただの斜面になっていました。
雪が深くて谷に滑り落ちそうで怖く、ここは用心しながらゆっくり進みました。

瓶ヶ森の平原に着くと、日当たりがよいので、予想通り雪は少なかったです。
山頂の女山は出発から3時間45分で到着。
ここから見る四国山脈も雪が乏しく、目立つのはUFOラインくらいでした。

食事はまだ行ったことのない新しくなった小屋でとることにして下山していると、以前所属した山岳会のときの知人T君に3年ぶりに再会。
こちらのT君には会いたいなと思っており、しばし懐かしい話ができました。

小屋に着いて、ちょうど到着した2人連れの方にあいさつをすると、弁天山さんですかと声を掛けられました。
何とこの掲示板読者の方で、今治山岳探検隊の隊長さんの相棒の男性でした。
この探検隊、なかなかマニアックなルートを歩く猛者の方々で、私も参考にさせてもらっており、お会いできてうれしかったです。
沢歩きにも興味があるとのことで、今年の夏場ごいっしょすること約束してお別れしました。

下山はトラバース道の下りが気になったのですが、後続4人が雪を踏んだので、普通の雪道になっておりなんてことはありませんでした。
このコース標高差が1350mもあって、日帰り登山でめったにこんな標高差は登らないので、下山中にかなり足にきました。
いつもながら下りが苦手で、やはり登りの時に無理をしているんでしょうかねえ?それとも体重のせい?

それはともあれ、雪山が堪能できたのと、再会や新たな出会いがあって、久々にいい山行でした。



31102.Re: 出会いの瓶ヶ森
名前:弁天山    日付:2019年01月20日(日) 23時18分
Original Size: 800 x 578, 162KB Original Size: 800 x 585, 165KB Original Size: 800 x 600, 161KB

Cただの斜面になっているトラバース道 滑り落ちそうでが怖かった D平原に到着 やはり雪が少ない E瓶から定番の風景 石鎚



31103.Re: 出会いの瓶ヶ森
名前:弁天山    日付:2019年01月20日(日) 23時20分
Original Size: 800 x 585, 161KB Original Size: 800 x 578, 164KB Original Size: 800 x 632, 162KB

F瓶ヶ森山頂にて G隣の西黒森 雪が目立つのはUFOラインこと瓶林のみ H笹ヶ峰と赤石方面

 すばらしい晴天で、徳島の山も見えていました



31104.Re: 出会いの瓶ヶ森
名前:弁天山    日付:2019年01月20日(日) 23時21分
Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 578, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

I新しい避難小屋でも出会いが J下山中のトラバース道 木にも雪が残っている Kついでに台ヶ森にも寄ってきました



31105.Re:冬の瓶ヶ森 中々行けません
名前:エントツ山    日付:2019年01月21日(月) 18時58分
Original Size: 900 x 675, 128KB Original Size: 800 x 466, 86KB Original Size: 700 x 585, 95KB

 台ガ森から瓶ヶ森北斜面   瓶ヶ森から石鎚山   瓶ヶ森登山道から石鎚


弁天山さん  今晩は

雪が少ないとは言え夏でも面倒な東之川から瓶ヶ森でしたか
私も随分冬の瓶ヶ森へ行ってないのでそろそろ雪が降った時を見計らって避難小屋泊りで良い天気の時に出かけたいですねえ

雪のそこそこある時は日帰りはしんどいです
時間のゆとりが出来る様に一泊二日で考えると気が楽です

何せ雪山で迎える夕日と朝日は特別ですわ

冬の瓶ヶ森でも行く人は行ってるんですねえ
思っても見ない場所で知り合いと会えるなんて嬉しいです

会いたい方のT君で良かったわ
まともな性格の弁天山さんをして会いたくない方のT君って一体どんな人なんだろう
ひねくれた奴なんだろうねえ


今日ニュースでアコンカグア登頂とスキー滑降を目指していた三浦雄一郎さんがギブアップしたみたいですね
「冒険家」と呼ぶには何か変?と思える様な大名登山だけど、それでもダメでしたか
年齢を考えると5000mまでヘリコプターで行って果たして登頂って誰も腑に落ちない気にならないんでしょうかねえ
無事下山されて、自力で槍ヶ岳の北鎌あたりを歩いて欲しいですわ


エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


31095.那岐山、曇のち晴!! 返信  引用 
名前:kamatama    日付:2019年01月20日(日) 20時42分
Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 88KB Original Size: 640 x 480, 89KB

エントツ山さん、本日の投稿第2弾、BCの山歩クラブで行ってきました、那岐山。
天気悪いので中止かもって思ってましたが決行。
登りは小雨の中でしたが山頂直下の避難小屋でメシ食って外に出たら晴れてる!
雪は例年よりかなり少ないながら、雰囲気よかったです。

ツアーは寝てたら連れてってくれるのが良いですな。



31097.Re: 那岐山、曇のち晴!!
名前:kamatama    日付:2019年01月20日(日) 20時57分
Original Size: 640 x 480, 89KB

ログです



31098.Re: 那岐山、曇のち晴!!
名前:え〜ちゃん    日付:2019年01月20日(日) 21時40分
Original Size: 640 x 480, 61KB Original Size: 640 x 480, 84KB Original Size: 640 x 480, 59KB

エントツ山さん、こんばんは!

昨日の里山縦走〜から帰宅して今日の山行きの用意して・・1杯飲んで?(3杯)
時間も遅くなったのでエントツ山さんの掲示板を見ると誰も投稿していない?・・遅くなるのでは?と・・気が付くと寝ていました〜

*綾歌竜王〜横山連山縦走の皆さま大変お世話になりました<(_ _)>ありがとうございました!

今日は4時起床〜6時前カマちゃんを迎えに行って・・散歩クラブ6時出発〜(^^)/
車に乗って寝れる人は良いけど・・私は動くものでは寝れない(*_*)・・繊細?
那岐山登山口まで行っても雪が殆ど無い?・・BコースからCコースで下りて来ました(^^♪雪山歩きは疲れますね〜帰宅後は荷物の整理の後・・晩酌です(^^)/

昨日も今日もいい汗をかいてきました〜(^^)/避難小屋で食事の後に晴れ間が出ました〜!
カマちゃんお疲れ様でした<(_ _)>



31100.Re: 那岐山、曇のち晴!!
名前:エントツ山    日付:2019年01月20日(日) 22時49分
Original Size: 817 x 629, 181KB Original Size: 761 x 434, 214KB

那岐山の場所      那岐山のBコースとCコース


カマちゃん
え〜ちゃん   今晩は


地図で確認すると大山程は遠くはない場所ですね
まあ昨日の横山連山はウォーミングアップ位の歩きだったから良かったわ

写真で見る雪の深さであればチェーンスパイクが丁度良い加減ですねえ
アイゼン無しでも問題ないか

香川は昼過ぎまで結構雨が降った
何も日曜日に振らなくても・・・と思ったけどインフルエンザが流行してるから雨はそろそろ必要な湿りやね

地図を見てると近くに「氷ノ山」があるよね
もしベースキャンプの山歩クラブが氷ノ山を予定していたら教えておくれ
氷ノ山は是非行ってみたい

え〜ちゃんが寝れなかったらカマちゃんもうるさくて寝れないぞ
帰りの車に乗ったら睡眠導入剤を飲んで寝とってよ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


31093.天空の鳥居 返信  引用 
名前:てんきち    日付:2019年01月20日(日) 17時53分
Original Size: 960 x 640, 241KB Original Size: 960 x 640, 237KB

エントツ山さん こんばんは。

高いお山に行っても雪が期待できないので、地元三豊の山を歩いてきました。
志保山(風穴登山口)から稲積山まで、片道約5qの道のりです。

高屋神社上宮の鳥居周辺では、スマホを片手にたくさんの人が写真を撮っていました。
長い石段を登ってきた人もいたようですが、ほとんどは車で来たようでした。
ちなみに、ザックを背負っているのは私だけ。

何回かこのコースを歩いていますが、こんなに人が多いのは初めてです。
近くの父母ヶ浜が異様なほどに盛り上がっていますが、
ここも同じく、インスタの影響でしょうか。

高屋神社の御祭神を調べてみると、邇々杵命・保食命・咲夜比女とありました。
古事記に出てくるメジャーな神々でした。
咲夜比女には会ってみたい気がします。



31099.Re: 天空の鳥居
名前:エントツ山    日付:2019年01月20日(日) 22時27分
Original Size: 600 x 800, 76KB Original Size: 800 x 600, 74KB Original Size: 800 x 649, 108KB

    高屋神社から観音寺        盤座から紫雲出山   稲積山・七宝山から荘内半島へ続く連山


てんきちさん  今晩は

お〜〜 やはりてんきちさんの写真は普通の風景写真でも綺麗ですわ
天空の鳥居の向こうに銭形公園から法皇山脈や赤石山系が浮き出ておりますねえ

一方、荘内半島も素晴らしい

って事は、ここからの夕日も綺麗って事でしょうねえ

真夏に無謀にも江甫草山(つくもやま)から七宝山〜荘内半島を縦走する計画を実行して、途中で熱中症になりダウンした事がありまs

高屋神社は天空の鳥居で名所になったんですねえ
やはり個人が誰でも情報発信出来る環境になると、インスタ映えのする場所が脚光を浴びますね
条件は車でサッと行けて普通の靴で歩ける近場となります

瓶ヶ森林道のUFO通りにもスマホカメラで大賑わいでした

高屋神社の祭神は邇々杵命(ににぎのみこと)・保食命(うけもちのみこと)・咲夜比女(このはなさくやひめ)ですか  豪華ですねえ


邇々杵命(ににぎのみこと)は天照大神(あまてらすおおかみ)の孫ですね
 お爺さんの血を引いているから農業の神、五穀豊穣の神です
 三種の神器を持って高千穂に降臨した天皇家のルーツって事になっている様です

咲夜比女=木花開耶比売命(このはなさくやひめのみこと)は大山祇神の娘
この二人が結婚して夫婦になるんですよね
 親父さんの血を引いて山の神、酒の神、それと子供を産んだ時に部屋に火を付けて無事出産した事から火の神、安産の神ですよね

*特ダネ その1)
邇々杵命(ににぎのみこと)が木花開耶比売命に惚れて彼女の父親・大山祇神に結婚話をすると「もう一人盤長姫(いわながひめ)って姉ちゃんも一緒に嫁に貰ってくれや」と約束させられた
ところが盤長姫はあんまり美しく無いタイプの人じゃったので約束を破ってしまった
これに激怒した大山祇神は「木に咲く花の様に儚い命にしてやるわ」と言って、その結果天皇家の寿命が他の人間と同じになってしまったらしい
(あくまで「らしい」でっせ)

もう一つの神さん保食命(うけもちのみこと)は字の通り食べ物の神様です
 保は受と同じ意で「豊受大神」も同じ系列みたいです

特ダネ その2)
天照大神が月夜見尊(つきよみのみこと)を保食命の偵察に九州へ行かせる
その時に保食命が歓迎の宴の食材を口から吐き出した(陸や海や山を向いて口から米飯、魚類、獣など)
「いや〜〜 汚いやんか」と怒った月夜見尊は保食命を切り殺してしまった
帰ってこの報告を太陽の神、天照大神にすると逆に怒って「お前とはもう会わん」と勘当しちゃった
(殺された骸から食糧調達の原料が出て来て農業、漁業、畜産のルーツになったと言う)
この絶交が原因で昼と夜が交互に登場する様になったらしい (あくまで「らしい」でっせ)


今宵はこれくらいにしとこうかい

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


31088.綾歌竜王から狐の住む△大原へ パートII 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年01月19日(土) 22時55分
Original Size: 751 x 800, 163KB Original Size: 674 x 900, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

横山連山ってどこにあるの?   横山連山周回GPSログ図   三角点・大原にて(アンジー お座り!)


今日は午後からえ〜ちゃん情報で、アンジーパパさんが先日行った綾歌竜王山〜三角点「大原」(横山連山)にピオーネさん、むらくもさんを案内するって情報を聞き参加させて貰いました

国分寺からはえ〜ちゃん、カマちゃん、エントツ山が参加
アンジー一家はアンジーパパさん、ガーベラさん、アンジー(年増の雌犬)
西讃からはむらくもさん、天然ピオーネさん

人が歩かない場所だけにアンジーがはしゃぐ事!
アンジーパパさんの案内で懐かしい場所を11年ぶりに歩く事が出来ました

ガーベラさんやピオーネさんからはミカン類(名前は忘れた)、銘菓・観音寺、特大国内産落花生などを沢山頂きました
代わりに私の低糖質パンをアンジーに食べられてしまいました

皆さんに直接新年のご挨拶が1月中に出来て良かったです

ありがとうございました


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31089.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ パートII
名前:むらくも    日付:2019年01月20日(日) 00時07分
Original Size: 500 x 333, 223KB Original Size: 500 x 333, 170KB

エントツ山さん キツネが一匹、おこんばんは

今日は春のような暖かい一日でした。
前日まで風邪がすっきりせず参加していいのかどうなのか、迷ってたのですが、
薄っすら汗をかきながら歩いてるうちにすっかり体調がよくなり、風邪はどこかへ飛んで行ってしまいました。
帰宅して10日ぶりに飲んだビールのおいしかったこと、ありがたいことです。

みかんは、があべらさんからいただいた甘くておいしいのは小原紅早生、もう一つのあばたみたいなみかんはスウィーツスプリングっていう種類でした。
落花生にはびっくりしたよな。
最近はチャイナ製ばかりで、国内産なんて探してもなかなかお目にかからない。
大きい粒を一つ頬張って、たまげた、おいしくて眼が剥けました。

えーちゃん、アンジーパパさん、があべらさん、かまたまさん
楽しかった。
また、ご一緒しましょう。



31090.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ パートII
名前:ピオーネ    日付:2019年01月20日(日) 10時22分
Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 800 x 564, 66KB Original Size: 800 x 600, 170KB

エントツ山さん こんにちは

昨日はお世話になりありがとうございました。
日程が際まで決められずにいましたが、
昨日にしてよかったです。

え〜ちゃんから参加者追加の名前を教えてもらえず
登山口でなんとエントツ山がいらしてビックリやら嬉しいやらでした。

忘年登山以来、皆さんで歩けて本当に楽しかったです。

三月の陽気でのんびりコーヒータイムでは
美味しいコーヒーを持参していただきありがとうございました。

短時間で歩ける香川の里山歩きは楽しいですね。
またご一緒楽しみにしています。

三角点の周りを草刈りするエントツ山さん
鷲の山方面
至福の時



31091.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ パートII
名前:アンジーパパ    日付:2019年01月20日(日) 10時31分
Original Size: 605 x 807, 113KB Original Size: 338 x 601, 87KB

エントツ山さん、むらくもさん、Pちゃん、カマタマさん、え〜ちゃん
昨日はご一緒していただいてありがとうございました。

綾歌竜王の集合場所へ少し遅れて着くとそこに有る木に登っておられる御仁がお一人
何方とは申し上げませんが写真が取れなかったのが残念。

天気も最高で声を掛けて頂いたPちゃんに感謝です。銘菓観音寺もおいしかった。

今回はエントツ山さんに喫茶店を開いていただき、その上貴重な
パンをアンジーが食べてしまいもうしわけございませんでした。

またご一緒させてください。

△点大原からカッパドキア
大原集会所から直接大原山への路



31092.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ パートII
名前:アンジーパパ    日付:2019年01月20日(日) 10時44分
Original Size: 338 x 601, 82KB

大原集会所から大原山ショートカットの写真を間違えました。
先に投稿したのは△大原の路でした。



31094.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ パートII
名前:kamatama    日付:2019年01月20日(日) 20時34分
Original Size: 640 x 480, 87KB Original Size: 640 x 480, 89KB Original Size: 640 x 480, 90KB

エントツ山さん、皆さん、こんばんは!
昨日は楽しかったです、ありがとうございました。
こんなにたくさんのメンツがそろうとはしりませんでした!



31096.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ パートII
名前:エントツ山    日付:2019年01月20日(日) 20時42分
Original Size: 900 x 675, 155KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 165KB

鉄塔銀座 いや〜凄い数です  大原の山頂標識(?)   アンジー!アンタも足出しな


アンジーパパさん
むらくもさん
ピオーネさん
カマタマさん    今晩は

今日は昼過ぎまで雨が降りましたねえ
それにしても昨日の天気は穏やかでしたわ
あんな日和に里山を歩くのが良いです

それにしても綾歌竜王山から横山〜大原までテープが多すぎますねえ
11年前に歩いた時にはそんなにテープなど無かった気がします

大原から三角点大原まではアンジーパパさんの号令で藪尾根に入ったのが良かったです
あそこも何か石積みのサークルがありましたねえ

三角点・大原の絶壁は砕石した名残りでしょうか

普通、犬って人を見つけるのが仕事なんですが、アンジーの場合喜んでころこんで走り回るから人間がアンジーを心配して探してましたよね
まあ、放っておけば必ず近くに付いて来るのですが・・・・・

アンジーパパさんが途中のルートを貼って頂きましたが、あそこの連山(?)規模では綾歌竜王山から三角点・大原まで歩きますわ

香川の里山は無尽蔵と思える程にあの手、この手が仰山ありますねえ

しかし、ガーベラさんもピオーネさんも天然系は若いのか、50歳代で十分通用しますよねえ

あれ? カマちゃん もう那岐山から帰ってきたの?
陣が丸古墳からの写真がダブったからもう一度違う写真で貼り直したよ

KAZASHIさんがよう見つけなかった大原の山頂標識を貼りました
まあ取り付けた人は責任を持ってメンテナンスに来なアカンで〜〜

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


31080.干支の山 「猪ノ鼻山」(四等三角点・猪ノ鼻) まんのう町 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 22時38分
Original Size: 900 x 825, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

国道438号線から左折場所がビミョウ  登山口には旧琴南町とまんのう町の境界看板がある 尾根を下ると直ぐ祠がある


干支の山「猪ノ鼻山」のご案内です
この猪ノ鼻山(四等三角点・猪ノ鼻 413.98m)は 阿讃県境にある猪ノ鼻峠とは全く別の場所です

笠形山登山口=猪ノ鼻山登山口へは国道438号線(三頭トンネル〜貞光線)の大川山への車道入り口を反対側に曲がります
(丸亀方面からは左折)
まんのう町琴南公民館を左折です
最初は道幅が狭いですが塩江・琴南林道へ出ればある程度広い舗装道路です
登山口付近は車は2〜3台しか路肩駐車スペースはありません

車の台数が多い場合は、手前に退避スペースがあり、ここから10分程の歩きになります

まんのう町の笠形山北口・鉄塔保線路ルートが丁度猪ノ鼻山登山口となります
四電阿波幹線116番鉄塔への保線路を下ります
すぐに保線路は左手に別れてしまい、正面の小高い尾根に祠が祀られています
祠の裏から道はありませんが尾根伝いで藪もなく歩き易いです

(続く)

エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31081.Re: 干支の山 「猪ノ鼻山」(四等三角点・猪ノ鼻) まんのう町
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 21時04分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

一ヶ所だけ左側がザレた尾根がありますがそう問題なし 歩き易い尾根です
手前に小さなピークを越してダラダラ登ると山頂です

尾根は一ヶ所右に行きやすい支尾根がありますのでそこにはテープを貼っております

手前に小さなピークがあり、それを下って上り返して右になだらかに広い尾根を進めば山頂に着きます

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31082.Re: 干支の山 「猪ノ鼻山」(四等三角点・猪ノ鼻) まんのう町
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 21時10分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

山頂にあった○米マーク 写真は柏原渓谷の帰りに寄った時の物です 更に北側に境界作業のテープがある

広い山頂ですが、香川の三角点ピークは展望などは望めません
北側に向かって境界割出作業のテープがあるのでそれに沿って進んでみました

(続く)

エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31083.Re: 干支の山 「猪ノ鼻山」(四等三角点・猪ノ鼻) まんのう町
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 21時16分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

境界割出線は左へ下るので引き返します  大き目の尾根を下がります  テープが沢山付けられています

最初、境界割出ルートより最短で下れそうな尾根があったので調べましたがダメでした

境界割出ルートを少し進みますが、地図の通り左へ下るので途中で別な尾根を下りてみますが、これもおかしい

で・・・中間の大き目の尾根を下ると沢山のテープが付けられており、これが本ルートの様でした

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31084.Re: 干支の山 「猪ノ鼻山」(四等三角点・猪ノ鼻) まんのう町
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 21時20分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 157KB

柏原渓谷からの本ルートにはテープが沢山付けられて心配ありません 最後は沢を渡って車道まで出てみます


柏原渓谷ルートには沢山の赤テープがぶら下がっており、猪ノ鼻山への本ルートみたいでした

徒渉部は色々あって問題無し
「うぐいす谷」の標識が落ちていました

(続く)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31085.Re: 干支の山 「猪ノ鼻山」(四等三角点・猪ノ鼻) まんのう町
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 22時40分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

車道からの目印はカーブにミラーがある  渡渉後もテープどっさり有り 山頂へ帰り、同じルートで車へ帰る


柏原渓谷からのルートは片道 30分程
笠形山登山口からのルートは片道 40分 程 でしょうか

高度差が無いルートは笠形山登山口からになります


ここだけ歩くのはちょっとかったるいのでやはり笠形山を絡めての歩きになるでしょうか


(終わり)

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31086.Re: 干支の山 「猪ノ鼻山」(四等三角点・猪ノ鼻) まんのう町
名前:〇米    日付:2019年01月18日(金) 18時07分
Original Size: 640 x 480, 205KB Original Size: 640 x 480, 91KB Original Size: 640 x 480, 124KB

お疲れさまでした!
高松から行くときは枌所、琴南線が速いし近いと思いますよ!

7年前の私標残っていましたね?あまり人が行ってないと言うこと
でしょうか?
笠形山も前山も皆さん歩かれているから、塩江まで帰って笠松山か土佐山の
あたりでも歩かれたらいいかも〜

〜近くにある川上神社の狛犬



31087.Re: 香川の道路網はよそ者にとっては恐怖です
名前:エントツ山    日付:2019年01月18日(金) 19時40分
Original Size: 900 x 859, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 800 x 691, 149KB

柏原渓谷キャンプ場と登山口の距離  近くの焼尾三角点   笠形山界隈は面白いです

○米さん  今晩は

三角点「猪ノ鼻」へ行く前に近くの四等三角点「焼尾」を訪問しました
近くの民家が犬を3匹放し飼いにしておりしつこく吠えられたので逆襲してやりましたわ
尻尾を巻いて逃げて行きました

○米さんの私標は残っておりませんでした

焼尾三角点のすぐ横に図根点が埋設してあります
こんな近くで意味があるのかなあ

そう言えば三頭峠の三角点「久保谷」の近くにも図根点がありましたわ
図根点って三角点を補助する目的で埋設されている筈ですが、こんな近くでいいんですか?ってチコちゃんに相談しようかしら


○米さん  私の様なよそ者にとって香川の道は恐怖なんです
生まれ育った新居浜では南に四国山脈があり、北には瀬戸内海がある
もう東西南北がシンプルで道を迷う事がほぼ有りません

んがっ 香川の道と来たら・・・ 香川県人と同じでネバイ!
どこでも縦横無尽に道が有り過ぎて、どっちに行ったらよいのか、同じ風景で特徴がなく右も左も北も南もサッパリわからなくなってしまいますわ

香川で土地勘があるのは西讃の海沿いだけです

今日も堂山でえ〜ちゃんから猪ノ鼻山登山口への道について色々聞かれましたが○○線とか△△街道とか言われてもサッパリわからず説明出来ませんでした

笠形山は裏側(南側)に2本尾根があり縦走するのには面白い場所です

私は柴犬がどれも同じ顔に見えて見分けが付きません
飼い主によるとそれぞれ特徴が違っていると主張します
狛犬もそんなもんでしょうねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


31066.綾歌竜王から狐の住む△大原へ 返信  引用 
名前:アンジーパパ    日付:2019年01月15日(火) 11時49分
Original Size: 432 x 608, 200KB Original Size: 303 x 404, 89KB Original Size: 303 x 404, 103KB

エントツ山さん今晩は。
きれいな雪山の写真にぶら下がらせて頂きます。

今年は雪が本当に少ないようですね。
私などはラッセルしなくてラッキーと思いますが白銀の世界を
楽しみたいベテランさんには物足りないのでしょうか。

冬は里山でぬくぬくとがモットーです。
同様の方々が里山の△点を訪ね歩かれて○米印を見つけられたことを
報告されていることを○米さんの偉業を感じています。
長い子とお会いしていませんがお元気そうで何よりです。

ところで今日は△大原(241,4)と南の大原山(ちょっとややこしい)
の間の藪の密林に一筋の道を付けたご報告です。
そもそもこの連山は城山の南に伸びており城山とは額坂で分断されています。
額坂からは宅地造成途中で放置されており一面雑草の藪で
その上きりたった崖、深い池などが散在し取り付けたものでは有りません。
というわけで地図のような縦走路となります。

綾歌竜王は△奥川内があり登山口には広い駐車スペースが有り山頂近くまで
コンクリート舗装がされており遊歩道となっています。
そこから山名横山―山名大原までは標識のありすぎるルートとなっていますが
横山山頂は遺跡跡のようです。
大原山から先は尾根を外さず行くのですが△大原へ行くためには
一度尾根を外して鉄塔巡視路を利用します。
坂出火力No48付近です。ところがこの周辺が藪が酷くて行くたびに
難儀しながら適当に歩いていましたがこの度乙女隊のPちゃんから
行くかもしれないと連絡が入りました。
この藪さえなければ楽しいコースです。

北からはいる場合は鉄塔巡視路を利用しますので山麓に広がる
畑の路に悩まされますが分岐には必ず巡視路に付き物のアングル
が有ります。
△大原は横山廃寺跡で眺望は頗る良好。
△点は刈っておきましたが全体に低い笹で覆われており
遺跡が有ったり特に井戸がありますのでご注意下さい。
南への進行方向は切り立っておりますがロープが
有ります。
そこから暫くはカヤトの中の広い猪の足跡だらけの道を
左右からの攻撃にひやひやしながら歩くことになります。
左手に鉄塔が見えたらそちらへ行かずに直進です。
目印に黄色のテープを10cmほどつけています。
藪の中に一条の路を開いております。
そうして本来の尾根に乗れば後はさほど苦労せずに縦走できます。
藪から尾根に出た所には同じく黄色のテープを付けていますので
南から縦走される場合も気を付けてください。

エントツ山さん那是が峰探しましたよ。
本を読んでいなかったら難しいですわ。。



31067.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ
名前:エントツ山    日付:2019年01月15日(火) 12時12分
Original Size: 800 x 706, 194KB Original Size: 700 x 525, 110KB Original Size: 400 x 533, 75KB

11年前に作成したルート軌跡図    確かに井戸の穴がありました  三角点は同じ様な風景ですね


アンジーパパさん  こんにちは

藪の里山単独投稿は気が引けましたか
山域や山容が冬の西赤石とは違うジャンルの為にスレッドを別枠にさせて頂きます

reiko さんは 「横山連山」って掲示板で歩いた事を書かれておりましたね
一体何処?って思っておりました

ここが以前、城山からアンジーパパさんが狐の住む面白い場所があるって言われていた所ですね

私は11年程前に雑然模糊さんと言う方に教えて頂き歩いております
当時はGPSも無かったですのでGPSログは作れず、地図とコンパスで歩いて軌跡地図を作成しました

すると、今回アンジーパパさんが歩かれたログとバッチリ一致しております
やはりあそこを縦走するとすればあのルートしか無いですね

「横山連山」と名付けられている事をreiko さんの掲示板で初めて知りました

エントツ山





 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31068.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ
名前:エントツ山    日付:2019年01月15日(火) 12時17分
Original Size: 700 x 525, 99KB Original Size: 900 x 444, 63KB Original Size: 500 x 666, 83KB

「陣の丸高原」の標識がありましたね  鷲の山、蓮光寺山方面や丸亀方面の眺めが良かった印象があります 

まあ10年経てば記憶も曖昧になり、初めての山みたいなものですから機会があれば又歩いてみます


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31069.Re: 五色台の郡境石塚と那是が峯
名前:エントツ山    日付:2019年01月15日(火) 12時54分
Original Size: 675 x 900, 164KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 675 x 900, 165KB

三角柱のそれぞれに境界区と庄屋さんの名前が刻まれている

アンジーパパさん

「那是が峯」へも行かれましたか
泉保安夫さんの「イメージをトレースする 私の山歩き」の本に取り上げていなければ、こんな場所など全く知らないままですよね

単なる郡境石塚の地だけでなく、崇徳上皇の怨念が秘められた場所でもあれば余計に興味深いですわ

ただ、下笠居村史に記されているとう「那是が峯」は確かにあまりポピュラーではないですねえ

まあ、特徴の無い台地ですから色々賑やかにしてウォーキングのチェックポイントにするのも良いかと思います


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31071.Re: 綾歌竜王から狐の住む△大原へ
名前:reiko    日付:2019年01月15日(火) 23時44分
Original Size: 900 x 598, 164KB Original Size: 900 x 598, 164KB Original Size: 900 x 598, 165KB

エントツ山さん!アンジーパパさん!こんばんは〜

以前から気になっていた「イオン綾川」の西側に見える山塊
やっと歩く事が出来ました
この山塊、分県は勿論、里山に遊ぶにも掲載されてなく
またレポートもほとんど無いので、いったいどんな山なんだろう?
と、気になっていました。
実際に登ってみると、踏み跡は勿論、赤テープもあり
ボチボチ歩かれているような雰囲気でした

ただ一か所、坂出火力線48番鉄塔付近だけが藪
イバラに遮られて傷だらけになった場所です

アンジーパパさんが整備して下さったという事で
安心して歩けますね

あまり展望が無い山塊ですが、大原三角点があるピークは
展望も開け気持ちの良い場所でした

アンジーパパさんも言われているとおり
猪さんの足跡が沢山あるうえ、大原三角点から
額坂方面は所々、割れ目があるので、歩かれる時は注意が必要です

横山連山・・・・・
山岳紀行さんが、綾歌竜王山のレポートに
横山連山と書かれていたので便乗させて頂きました
この方、マイナーな山を沢山、歩かれてますね
愛媛の方でしょうか?

砕石場跡地?こんな平な場所があります(猪の足跡多し)
正面に見えているのが大原三角点があるピーク
こんな岩場、どこから登るの?と思っていたら
西側に回り込むと道がありました

http://www.geocities.jp/reiko_suda/framepage5.htm



31074.Re:今日もカッパドキアへ
名前:エントツ山    日付:2019年01月16日(水) 21時41分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB

「山と元気の会」有志が猪尻山へ来られたので新年のご挨拶に


reiko さん  今晩は


私の感覚ではこの横山連山は「城山の尻尾」のイメージですが、reiko さんの場合は 綾川イオンの西側にある山塊なんですね

山岳紀行さんの「竜王山」で 横山連山の最高峰って記述がありますねえ
山岳紀行は竜胆鴉(りんどうからす)さんと言うHN、川之江の方で丹念に四国の山を歩かれておりますねえ

山行記は簡潔ですが登山口や山の様子は良くわかります

綾歌三山が「青山連山」と呼ぶ様に香川の里山は「連山」が好きなんでしょうか

あの辺りは陣の丸古墳などもあり、香川って古墳時代には相当栄えていたんですねえ

今日は私が去年入会した「山と元気の会」の有志がナッチーさんのルートを参考に猪尻山〜白峰寺に来られるって言うので新年のご挨拶を兼ねて大天狗〜猪尻山までご一緒しました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31077.Re: こちらも同じルートで!
名前:kazashi    日付:2019年01月17日(木) 17時50分
Original Size: 640 x 426, 62KB Original Size: 640 x 426, 137KB Original Size: 640 x 426, 122KB

エントツ山さんこんばんは!

偶然にも先週計画した今回の『綾歌竜王〜大原三角点』を
皆さんが歩いているので驚きました。昨日は全く同じルートを歩いてきました。
縦走が終わって時間があったのでついでに堤山にも登りました。

アンジーパパさんこんばんは!
パパさんの書いている大原から先も林道を利用すれば一度も藪を歩くことなく
快適に歩けました。周回すると下道歩きが長くなりますが、山道も下道も
のんびりと歩けた里山縦走でした。

↓昨日のレポートです。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01/e/d631ac58eb7ae20dd673cdd318343503



31079.Re: WOC里山徘徊のネタが大変やねえ
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 22時30分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB

猪ノ鼻山、上の登山口(笠形山登山口) 下の登山口(柏原渓谷)  猪ノ鼻山(山頂標識の固定石は柏原渓谷から運んだ)


kazashi さん  今晩は

WOCのブログ拝見しました
色々メンバーが入れ替わって丁度良い人数で収まって毎回歩いてますねえ
会員さんへの連絡はラインでやってるのかな?

それにしても旬な話題の山域へタイミング良く行ったもんじゃわ
昔藪で阻まれて途中で止めた人がいたけど、そう言う人は古い道を辿っている場合が多いね
古い道は使わないと陽当たりが良いからイバラが生えて藪になります

やはり基本は尾根歩きですわ

ちゅうことで、今日は笠形山の鉄塔登山口から反対に尾根を下って干支の山「猪ノ鼻山」へ行って来ましたぜ

直ぐに鉄塔巡視路が左に逸れて、尾根を進むと祠が祀られていた
ここまでは道がありました

その奥から獣道ですが、尾根は藪いておりませんし、ルートははっきりしています
途中、右に振られそうな分岐にはテープを貼って来ました
約40分で猪ノ鼻山です

この三角点峰を紹介してくれた○米さんの私標が残っておりました
干支の山ですから一応仮標識を立ててきました

引き返して笠形山へ登るつもりでしたが、柏原渓谷へ向かって道がありそうなのでそちらに下る事にしました

途中まで綾川町とまんのう町の境界割出作業テープが付けられており、少し下がってみましたが柏原渓谷までが遠くなるので引き返しました

支尾根を2つ程調べましたが途中からヤブでしたので、主尾根を下りてみました
こちらはテープがあったので柏原渓谷からが本ルートみたいですね

猪ノ鼻山は少し広場になっておりますが、標識を固定する石が一つも無い
30分程で柏原渓谷へ下りて河原で石を拾ってザックに詰めて猪ノ鼻山へ引き返しました

リバー ツー サミット でしょうか
屋久島でも海の小石や砂を宮之浦岳へ持って上がったそうですね
まあ庭石に使う訳ではないので川の神様も山の神様も河川管理者様もお許しになる事でしょう


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html


31076.お礼 ┏○゙ 返信  引用 
名前:GakuGaku    日付:2019年01月17日(木) 06時54分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 1000, 164KB

エントツ山さん こんにちわ。

先日ご教授して頂きました“干支の山”コースを歩いてきました。

猪尻山までの急登にヘロヘロでしたが楽しかったです。

とり急ぎお礼まで。

GakuGaku
https://ameblo.jp/gakugaku-blog/



31078.Re: お礼だなんて・・・・恐縮 ┏○゙
名前:エントツ山    日付:2019年01月17日(木) 19時42分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 154KB Original Size: 900 x 825, 165KB

尻の次は鼻だ〜〜(猪ノ鼻山)  場所は笠形山の北側にある三角点ピーク(写真は笠形山)  笠形山とからませて周回できないかなあ・・と


ガクチャン

ブログ拝見しました

ゴメンね 君にはちょっと手応えが無さ過ぎた周回だったわ
3時間でしたか  参考になりました

やはり先日ナッチーパパさんから頂いたログの様に白峰寺か根来寺を絡ませて歩くルートを推薦すべきでした

ゴメンね カッパドキア 迫力無くて・・・
まあ 10年程前にあそこを売り出す時に取って付けた誇大広告塔や 許してケロ
でもさあ、日本のカッパドキアでも無く、四国のカッパドキアでもなく、香川のカッパドキアでも無く、「国分寺町のカッパドキア」だよ
それだけスケールダウンすればいいなか〜〜 何て


今日は猪尻山の次は「猪ノ鼻山」や
四等三角点「猪ノ鼻」があるんだけど、れっきとしたピークを持った山やで
それで敢えて「猪ノ鼻山」とした

でもさあ、これが又、中途半端な場所にあるのよ
何とか笠形山を絡ませて周回ルートを検討してるんだけど・・・良い案が浮かばない (猪だけにイノシシルートじゃ皆様にお勧め出来ないわ)

でも一応 山行標識は立てて参りました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb