[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





30227.ゆめしま海道サイクリング+プチ登山 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2018年06月18日(月) 22時14分
Original Size: 800 x 632, 158KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 567 x 800, 165KB

@サイクリング周回図 A五分ばかり動いたと思ったら、もう降りなければならないフェリー B途中にある庭園内にあるメンヒル

エントツ山さん こんばんは。

職場の若者がロードバイクを買ったというのでサイクリングを企画。
6/16土曜は3人で広島県境の愛媛県上島町のゆめしま海道にサイクリングに行ってきました。

この掲示板でレポする以上、一応プチ登山にはなりますが、生名島の立石山139mと弓削島の久司山142mという2つの低山にも登ってきました。

まずは車を因島土生港に置き、自転車で生名島までフェリーで渡るのですが、夏目漱石の「坊ちゃん」風に書いてみると、
「乗り込んでみるとマッチ箱のようなフェリーだ。ごろごろと五分ばかり動いたと思ったら、もう降りなければならない。道理で切符が安いと思った。たった70円である。」
さらに通常別料金の自転車の航送料は地元の補助で無料となっているのがうれしいところです。

最初の山の立石山は遊歩道が整備されており登山口から20分もかからず山頂に。とても展望が良く、周囲の島や因島の町並みも見渡せました。
山頂には展望台の他に古代に祭祀を行っていたという石の舞台もありました。

下山して海岸線を走ると、海の色が青くて海岸の砂も美しく、土曜は暑かったので泳ぎたくなりました。
生名橋を渡って隣の佐島を半周。さらに弓削大橋を渡って一番大きな弓削島に渡り、次の山の久司山へ向かいました。登山口まで坂道を自転車で登るのがちときつかったです。

登山口から僅か10分で久司山山頂に。ここも展望台があって非常に見晴らしが良好でした。
下山後は島の北端近くまで走り、上弓削港から因島の老渡港にフェリー(100円)で渡り無事帰着。
弓削島北部の海岸も美しく、浜辺に降りて散歩すると気持ちが良く、のんびりした時間が過ごせました。

今回はサイクリング初めてという女子もいて無理せず予定の2/3くらいしか走りませんでしたが、1年以上ぶりに漕いだロードバイクは姿勢が苦しく結構腰に堪えました。
でも同じ漕ぐのでも薮よりは全然いいですね(あたりまえか)。
何年かしたら生名島と西の岩城島も橋で繫がるので、その時にまた行ってみたいと思います。たまには沢以外もいいですねえ〜



30228.Re: ゆめしま海道サイクリング+プチ登山
名前:弁天山    日付:2018年06月18日(月) 22時18分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 595, 159KB Original Size: 800 x 552, 162KB

C立石山山頂から見る西にある岩城島 D立石山山頂の展望台にて E右が因島、左が生口島



30229.Re: ゆめしま海道サイクリング+プチ登山
名前:弁天山    日付:2018年06月18日(月) 22時20分
Original Size: 800 x 592, 150KB Original Size: 564 x 800, 165KB Original Size: 800 x 604, 158KB

F生名島の美しい海岸線 G生名橋を渡って佐島へ H三ツ子岩にて弓削大橋を見上げる



30230.Re: ゆめしま海道サイクリング+プチ登山
名前:弁天山    日付:2018年06月18日(月) 22時22分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 570, 165KB Original Size: 800 x 600, 154KB

I自転車ではきつい久司山への道 J久司山山頂から橋の袂の三ツ子岩が見える K弓削北部の海岸も美しい


30224.東赤石〜西赤石縦走 返信  引用 
名前:ワンワン    日付:2018年06月18日(月) 21時10分
Original Size: 640 x 480, 99KB Original Size: 640 x 480, 100KB Original Size: 640 x 480, 97KB

エントツ山さん  こんばんわ

昨日は不安を抱きながら縦走に挑戦しました。
稜線の爽やかな風と皆さんのお陰で無事歩くことができました。

登山口でヒコーキ隊の皆さんとお会いしましたよそれにゆーちやん&
ダーリンさん、カッタクリさん、掲示板でお名前を見た人達です。
土日に山に入ると誰かにお会いしています。
これも彼女達と一緒に歩けるからこその出会いです。

法皇山脈も途切れてはいますが歩くことができて良かったです。
難関の二つ岳〜エビラは残念ですが諦めています。

東赤石は大山とは又違った魅力的な山ですね。
この時期は西赤石の登山者は少なく東赤石に集中するのでしょうね。
石室越〜前赤石(此処はトラバース)物住頭と上兜、下兜と同定することができました。
機会があれば権現にも下ってみたいと思っています。

風来坊は西赤石へ単独で写真の標識の所を降りたそうです。
オオヤマレンゲと石鎚山
エントツ山さんのアングルで写してみました。



30225.Re: 東赤石〜西赤石縦走
名前:keitann    日付:2018年06月18日(月) 21時30分
Original Size: 800 x 1067, 151KB Original Size: 800 x 600, 121KB Original Size: 640 x 480, 113KB

エントツ山さん、こんばんは。

ワンワンのところにぶら下がらしていただきます。

秘密の場所のゴゼンタチバナ・・もう一か所で咲いていたので、私だけで
見に行きましたが、おかげさまで歩きたいコースの良い下見にもなりました。

心地よい風が吹いていたので、私たちのことですから11時間半と時間は
かかりましたが一日中、素晴らしい展望で、楽しく歩いてきました。

男性陣お二人は前赤石の岩場の下りも難なくこなされましたが、女性陣は
トラバース道歩きでした。でもお前赤石の尾根の基部にほぼ同時の到着
でした。生カタックリさんにも初めてお会いできてご挨拶できたし、収穫が
多い歩きでした。



30226.Re: 東赤石〜西赤石縦走
名前:アカリプタ    日付:2018年06月18日(月) 22時12分
Original Size: 533 x 400, 169KB Original Size: 600 x 450, 161KB Original Size: 533 x 400, 139KB

エントツ山さん こんばんは。

「みんなに会えて楽しい登山」とこちら、どちらにぶら下がろうか迷いましたが、同行者の方にしました。
香川、岡山、高知の混成隊に加わり、念願のコースを歩きました。
お花も色々見られましたし、ヒコーキ隊の皆さんをはじめたくさんのお知り合いに会え、楽しい山行でした。

初めて前赤石にも登りましたが、山頂からの眺めは最高ですね。
下りは西尾根を下り、結構スリルがあり、楽しかったです。

(1)同行女性陣とカタックリさん
(2)前赤石山頂
(3)前赤石と権現山〜二ツ岳方面(物住ノ頭より)


30218.天ケ峠方面 返信  引用 
名前:ヤマガツオ    日付:2018年06月18日(月) 15時30分
Original Size: 576 x 432, 124KB Original Size: 432 x 576, 135KB

エントツ山さんこんにちは

天ケ峠方面長距離お疲れ様でした。8年前に旧国道〜天ケ峠〜笹ケ峰縦走路出合を

8年前にピストン。手や足元は真っ黒に汚れました。18日後に同じ箇所から

笹ケ峰に登り下山は通常の登山道を寒風山登山口に下りました。

写真はピストンした時の物です。



30219.Re: 天ケ峠方面
名前:ヤマガツオ    日付:2018年06月18日(月) 15時33分
Original Size: 512 x 384, 121KB Original Size: 512 x 384, 140KB

追加写真です

(エントツ山さんが次回下る予定を登っている写真)



30220.Re: 稲叢山
名前:ヤマガツオ    日付:2018年06月18日(月) 15時37分
Original Size: 653 x 204, 84KB

13日に稲叢山に登りましたが、その時山頂で団体さんに遭遇。

この掲示板でかかしさんグループと判明。

何人かに声掛けしましたがかかしさんには気がつきませんでした。



30222.Re: 天ケ峠方面
名前:エントツ山    日付:2018年06月18日(月) 19時19分
Original Size: 688 x 681, 164KB Original Size: 1024 x 576, 163KB Original Size: 600 x 450, 72KB

天ヶ峠〜縦走尾根〜寒風山ルート  マーシーさんが確認した天ヶ峠登山口 天ヶ峠〜縦走尾根の風景


ヤマガツオさん  今晩は

天ヶ峠の登山口、確かにマーシーさんの写真にもカーブミラーがありますわ
ただしどういう訳かこの辺りの風景がまるで変わってしまい記憶と全く違うのです

それと確認しようにもブルドーザーが作業しており近づけませんでした
だから少し道路を下側に下がって自然林の所から山に入って行きました

右へ右へと進むと林道や炭の道に出くわすのですが酷い状態でした
枝打ちや間引きされた樹や枝が炭の道に散乱しているのです

去年辺りに伊予の鈍亀さん達から「連れてって〜〜〜❤」ってしつこく言われたらもっとマシな状態だったかも

天ヶ峠から左へ下ると又兵衛岳ですが、右手に上がるとやがて笹ヶ峰〜寒風山縦走路の途中に這い上がりますよね

この尾根は私やマーシーさん、それにふ〜みんさんも歩いた事がありますが、結構ワイルドでシャクナゲ藪もあったりしますね
でも笹が現れるとブナが出て来て雰囲気が良い尾根でした

今回裏寒風を夜に下りましたが、いくらライトの性能が良くなってもやはり気を使いますね
一度崖に落ちそうになって大きな木にしがみつきましたが、戦場カメラマンが居らず「あ〜〜っ」って叫ぶだけで現場写真を撮ってくれませんわ
仕方なく不死鳥のごとく這い上がりました

確かに稲叢山でkazashi さんに遭遇してますね


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html



30223.Re: 天ケ峠方面
名前:ヤマガツオ    日付:2018年06月18日(月) 19時19分
はい 解説色々ありがとうございました。

それから kazashiさんと書かないといけなかったですが間違って済みませんでした。

30213.みんなに会えて楽しい登山 返信  引用 
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2018年06月17日(日) 22時41分
Original Size: 800 x 450, 155KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 158KB

エントツ山さん、お久しぶりです。

昨年12月に次女の挙式、2月にその次女の披露宴、先週長女の結婚式と
バタバタしておりまして、でもちょこちょこ石鎚東稜とか、
お山は行っていたのですがなかなか投稿できず。

やっと本格始動ということで、昨日は昼から裏寒風にオオヤマレンゲを見に、
そして今日は7時半スタートで東赤石〜西赤石の縦走をしてきました。
東赤石に着いたら、何やら大勢の人、そして嬉しい顔ぶれ。
reikoさん、ピオーネさん、飛行機隊のみなさん、クムトマトさんたちが
楽しんでおられて、私たちもお仲間に入れていただき、しばしの楽しい時間を
過ごさせていただきました。
reikoさん達は私たちと同じ西赤石までの縦走だそうで、鉢巻山でもご一緒させて
いただいたのちお別れしました。
reikoさんとは昨年も東赤石でお会いして嬉しかったのですが、まさかの偶然に
びっくり!テンション上がりました。

久しぶりの縦走でしたが、これからもどんどん登っていきたいです。



30214.Re: みんなに会えて楽しい登山
名前:ゆ〜ちゃん    日付:2018年06月17日(日) 22時42分
Original Size: 800 x 450, 153KB Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 159KB

昨日の裏寒風のオオヤマレンゲです。



30216.Re: 赤石縦走 みんなに会えて楽しい登山
名前:エントツ山    日付:2018年06月18日(月) 07時12分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 143KB Original Size: 900 x 675, 156KB

ヤマヤナギの綿毛も美しい  前赤石から峨蔵山と赤星山   前赤石から西を眺める


ゆ〜ちゃん
ダ〜リン    おはようっす!

お久しぶりですがお元気で何よりです

何とあの1号、2号が揃って片付いたのね  おめでとう !
親の一応の任務を果たしてホッとする気持ちと他家へ移っていく寂しさとがごっちゃまぜの心境やろね

まあ何だかんだ言っても昔と違って今は娘さん達との変わらぬ交流が続くからそのうち婆ちゃんは忙しくなるぞ〜   山は今のうちやで 

二人ともギリギリの歳まで元気な親で居なくちゃね
その為には仕事の合間にジムと山歩き〜〜〜

東赤石と西赤石の縦走は今じゃ相当ポピュラーになって花を楽しみながら多くの登山者が歩く様になったわ

アケボノの時期からタカネバラ、オオヤマレンゲの6月、ウスユキソウ、タカネマツムシソウ、ギボウシの7月一杯までしんどいけどいい花の季節ですねえ

私の印象ではユキワリソウが意外と増えているって事ですね
以前から前赤石近辺でもあんなにシライトソウやユキワリソウが咲いているのを見た事がありませんでした

ギボウシも蕾が多かったから今からじゃね

そうそう、マーシーさんがね 5kgも痩せてたわ
彼が60キロ台に突入する事は無いじゃろと思ってたんだけどねえ
お酒を減らしたら肴の量も減って相乗効果みたい

う〜〜ん  私もトンガリコーンを孫から与えられない様にしなければ・・・


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html



30217.Re: みんなに会えて楽しい登山
名前:ヒコーキ3号    日付:2018年06月18日(月) 14時37分
Original Size: 709 x 587, 153KB Original Size: 567 x 306, 79KB Original Size: 850 x 543, 160KB

エントツ山さん今日は!
皆さんと「炭の道」歴史とロマンの道お疲れ様でした。「宿」もステキです。

昨日は飛行機隊とりょうまさん、山崎さんと東赤石山に行ってきました。
嬉しい出会いいっぱい!!!

登山口でピオーネさん、 keitannさん、 reikoさん、ワンワンさん、藤原さんにバッタリ!
頂上では、ゆーちゃん、ダーリン、アカリプタさん、青木さん、クムトマトさん、
ビックリの偶然にテンション上がりっぱなしでした。
皆さん、一緒にフライトもして頂き、ステキな笑顔に元気をいっぱい頂き、
素晴らしい展望の中、楽しい時間をご一緒できてありがとう御座いました。

皆さん 西赤石までの縦走お疲れさま〜♪♪
ちょっぴり、私もまねて縦走してみたくなりました。羨ましかったです♪♪♪

尾根道は青い空、涼風、満開のタカネバラ、気持ち良かったです。
八巻山はこれからお花のシーズン!!!次回もチャレンジしまーす。


今年のアケボノの時は天気と時期とうまくいかないで、
エントツ山さんに会えなくて残念でした。
また、お会い出来る日を楽しみにしています。

くっきり二ツ岳方面
かわいいゴゼンタチバナ
皆さんとフライトありがとう!



30221.Re: みんなに会えて楽しい登山
名前:エントツ山    日付:2018年06月18日(月) 18時15分
Original Size: 900 x 685, 164KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 95KB

例年の東赤石ルートログ      お気に入りの場所     大体が北側からガスが吹き上がって来る事が多いですね


ヒコーキ3号さん   今晩は

大都会大阪で地震のニュースに驚いています
地震・カミナリ・火事・女房って良く言われますけど地震が怖い物の筆頭になるのはよ〜くわかりますねえ

明日から北陸地方へ山の会で遠征なんですが・・・
梅雨前線が北上しずっと雨みたいですわ
テンション 上がりませぬ

日曜日の東赤石 天気も良いし花好き仲間が集まって楽しそうですねえ
ヒコーキ編隊 何か重そうだけど離陸出来るの?

この時期の東赤石は行きは花〜〜って良い良い♪〜ですが、帰りは辛い♪〜ですね
まあ東赤石に登れるうちはどこの山でも行けますから現役バリバリのバロメーターっていう所でしょうかねえ

先日、新居浜のえんとつ山、庄司山で橋本さんにお会いしました
犬返しまでは数回しか行けてない様ですが元気そうでしたよ

お互い元気を貰ったり、元気を振りまいたりしながら仲間と楽しくあるきましょう

エントツ山


 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html


30198.別子銅山「炭の道」を繋ぐ 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2018年06月17日(日) 10時09分
Original Size: 1024 x 857, 494KB

別子銅山「炭の道」GPSトラックログ図

5月12日に別子銅山「炭の道」 土山越からチチ山北面に付けられた馬道を西山越まで歩きました

昨日6月16日はその続き 西山越から宿〜天ヶ峠を繋ぎました
コースは逆に川来須、旧寒風山トンネルへの旧194号線途中の天ヶ峠登山口から宿〜西山越、帰りは笹ヶ峰〜寒風山〜裏寒風・トンネル西口コースでした

西条側から天ヶ峠への「炭の道」は登山口におけるブルド―ザーによる林道敷設作業等の為取り付き場所がはっきりせず右往左往しました
ブル押し林道の為炭の道は寸断されて荒れておりました
途中から石組の古道に沿ってほぼ道は続いていましたが、上部でのザレ場などで不明な場所があり手分けして探しながら歩きました
又、天ヶ峠直下でも道が又不明になり少しい尾根の下側へ這い上がりました
見晴らしの良い展望所がありこれも又良しでした
結局 天ヶ峠まで3時間50分もかかったのが想定外でしたわ

天ヶ峠から宿までの笹ヶ峰北面の「炭の道」はほぼ水平道の為ルートを歩く事は比較的容易でした
途中、これまたブル押し林道が造成中で「炭の道」が寸断されてここでも続きの道を探しながら繋いでいきました
天ヶ峠〜宿〜西山越は3時間で想定通りでした

帰りはルートに少し悩み笹ヶ峰〜寒風山〜西尾根を予定しましたが、出発時間が遅くなったのと天ヶ峠までが道探しで時間ロスなどの為日没が近づいた為に安全策を取り旧寒風山トンネル西口コースで下りました

ここで再度、別子銅山「炭の道」のおさらいです

江戸時代初期に始まった別子銅山が近代洋式精錬所が出来るまでの長い間、現場では銅の精錬に膨大な薪や炭が必要でした

ざっと言うと、銅鉱石から含有率8%程の鉱石を選んで砕き、沢山の薪を使って蒸し焼きにして焼鉱を作る。
この焼鉱を珪砂と混ぜて大量の木炭を使い不純物と分離して含有率35〜40%のハ(かわ)と呼ばれる銅の二次製品にする
更にこのハを又珪砂と混ぜて大量の木炭を使って焼き成分97%の粗銅にする

要するに粗銅1トンを精錬するのに約3トンもの木炭が必要となります
炭は軽いから3トンと言うと相当なかさばり量だと思います

もう赤石山系では到底足りません
そこであちこちに炭や薪の集積所を設けて馬でこれを別子銅山まで運んだ訳です
そのメイン調達として西条の「宿」(笹ヶ峰の登山道沿い)を別子銅山専用木炭集積地としてここに集めて馬道をチチ山北斜面に作り木炭を西山経由別子銅山の(和式)精錬所まで運んでいたんです


ちゅうことで消えゆく古(いにしえ)の道をいつもの仲間プラス土佐のふ〜みんさんと歩きました

歩行時間は12時間を越えましたが気心が知れた仲間でゆっくり歩きましたので余裕でしたわ
んがっ マーシーさん設定の新居浜山根公園集合時間07時はいかにも遅すぎる
あと1時間早めにスタートしておれば寒風山西尾根を下る事が出来たがな!
でもマーシーさんには道探しの斥侯としての任務を十分にまっとうしてくれたので文句は言えん (言っとるがな・・)

今回参加の皆様 お疲れ様でした


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-8,9-kujyu-miyamakirishima.html



30199.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:ふーみん    日付:2018年06月17日(日) 11時04分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 600 x 800, 159KB Original Size: 800 x 600, 153KB

エントツ山さん、マーシーさん、亀吉さん、亀美さん、お世話になりました。そして楽しい山歩きの仲間にいれてくださってありがとうございました

クライミングばかりやっていて、通常は車から岩場まで、30秒からせいぜい30分までしか歩いていませんので、こんなルートだと知っていたら強い皆さんの中に入れてもらおうなどと考えなかったでしょう。マーシーさんが、エントツ山さんからのルート説明をよく聞かないまま私に伝えたことが幸いしました

結果は、弱者に優しいペースメーカーであるエントツ山さんと、道を見つける名人マーシーさんのおかげて、なんとか皆さんについていくことができました。初めから無理と決めつけずにやってみるものですね

素晴らしいお仲間と、満天の星空を眺めながら返るという贅沢な山歩きができたことを重ねてお礼申し上げます。またいつかよろしくお願いします



30204.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年06月17日(日) 13時15分
エントツ山さん こんにちは〜

エントツ山さん、マーシーさん、ふ〜みんさん、昨日はお疲れ様でした。

川来須〜天ケ峠〜宿〜西山越の炭の道。
長年の懸案でしたが、昨日皆さんのご協力を得て、歩く事ができまして感激致しております。

前半の天ケ峠では、なかなか苦労しましたね。
登山口辺りから延びた林道に寸断されて、石垣の古道はなかなか姿を
現わしてくれませんでした。大岩から上は斜面の崩落と共に古道も切れ切れになり、
マーシーさんも探索が大変そうでした。

後半、天ケ峠から宿までは、ルートは判り易かったけれど、前半は木道が
朽ちていたり沢部で崩れていたりで厳しい道でした。
こちらも、林道工事で古道は寸断されていましたね。
後半、宿までは綺麗な道が続いていました。

帰路もなかなか厳しかったです。
笹ケ峰への登り、寒風山への登りが疲れた足に堪えました。
その後、裏寒風のトンネル西口へと下りましたが、真っ暗で道は急で、
ヘッドライトの明かりと三日月と星だけが明るかった。
皆でワイワイと急坂を下り、厳しくも楽しい道でした。

炭の道は、歴史的にはエントツ山さんが書かれている通り、別子銅山では、
明治20年代に最も炭を多く運んだ道でありますが、この藤野石地域は、立川銅山の頃から、立川銅山の炭山であった様ですね。
従って、前回(5月12日)のチチ山北腹の炭の道と昨日の川来須からの
炭の道が西山越で繋がり、300年以上前からの歴史ある炭の道を歩けた事になりました。
エントツ山さんや、道探しの名人マーシーさんのご協力がなかったら実現出来なかった事でしょう。
お陰様で、我々の別子銅山古道さがしの旅も不完全ながら終盤を迎えたようです。

が、川来須から天ケ峠まではもう一度リベンジしたいです。
エントツ山さん、マーシーさん、また、宜しくお願いします。


写真1;天ケ峠で全員集合
  2;西山越で 男三人


30205.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年06月17日(日) 13時27分
Original Size: 800 x 791, 392KB Original Size: 800 x 449, 49KB Original Size: 800 x 449, 50KB

ログと写真が後になりました。
すみません。



30206.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年06月17日(日) 13時30分
Original Size: 800 x 449, 164KB Original Size: 800 x 450, 152KB Original Size: 800 x 449, 162KB

写真追加です
¹;苔むした石垣の道
2;大岩
3;ルート検討中



30207.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年06月17日(日) 13時32分
Original Size: 800 x 449, 165KB Original Size: 800 x 449, 150KB Original Size: 800 x 449, 156KB

1;宿に到着
2、3;古道に咲く花



30209.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:エントツ山    日付:2018年06月17日(日) 21時31分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

林業作業で荒れ放題の炭の道      急斜面で荒れ放題の炭の道  笹ヶ峰の「宿」まで6時間半かかりました〜

ふーみんさん  今晩は

ワイルドなエントツ山登山隊に加入して頂き誠にありがとうございます
今回マーシーさんの勘違いにより宿で切り上げて笹ヶ峰登山口に下山するって事で参加されたんですよね
「そうは行くかい!」 長年の付き合いでマーシーさんもそんなヤワな計画を私が立てる筈が無いってわかってる筈なんですが・・・さては彼の策略か?

新居浜集合時間はこんな計画の場合、朝の5時半か遅くとも6時なんです
高知から来られるから07時になったと思いますが、お蔭で帰宅がチョー遅くなり申し訳ありませんでした

「在るべき道」を探しながら歩く程効率が悪いものはありませんねえ
何があるかわかりません
今回もブル押し林道に幻惑されたり、急斜面の崩壊により崖になっていたりと、おまけに夜の裏寒風下り等・・・
こういった山行ほど記憶に残るものはありません

昔、よくゴルフを一日かけて一緒にやれば仕事上の付き合いで良い人間関係が築けるって接待ゴルフをやったりしてもらったりと・・・

それ以上に山を一緒に歩くと親密さが増しますよね
仕事みたいなメリットを期待するわけでも無くフリーな付き合いですわ

今後とも沢以外の山歩きも宜しくお願い致します


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html



30210.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:エントツ山    日付:2018年06月17日(日) 21時54分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 160KB

 日頃の旧道探索の成果で厳しい場所もへっちゃらの「崖っぷち夫婦」 出発〜 あれ?腰が立たんぜよ 亀吉はお不動さんか?

伊予の鈍亀さん  今晩は

毎度の事ながらお疲れさんでした
今回、スワミベルトと7ミリ30mのロープを持って行きましたが出す場面はありませんでした

第一次泉屋道歩きでは文章を提供頂きありがとうございました
文章を作るって大変でしょ? これに全体の構成や写真選び、その他資料とホームページのステータスを高める為に結構苦労しているのがお分かり頂けて幸いでした

西条側の道路から取り付き点がブルドーザーで作業をされていたので邪魔しない様に遠巻きしました
今日、マーシーさんがバイクでもう一度あの登山口へ行って確認してくれたみたいです
やはりブル作業をしていた辺りからスタートですとの報告有り

天ヶ峠直下だけはもう一度確認したいので秋に又兵衛岳絡みで行ってみましょうかねえ

亀吉さんの強力高照度のライトは威力凄いですねえ
やっと現場で使う事が出来て良かったですわ
でもあのライトが崖上から落ちて来た時は「火の玉か?」とビックリしました
私もお袋さんに伊予銀行から贈られてきたライトが高照度+ワイド切り替えなので使ってみましたが明るかったです

今回も色々エントツ山流ハプニングがありましたが、無事みんなで下山出来て最高でした


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html



30211.Re: ユンボのところからでした
名前:マーシー    日付:2018年06月17日(日) 22時25分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 784 x 819, 164KB

エントツ山さん、炭の道探検隊の皆さんこんばんは!そして、たいへーんお疲れ様でした。
天ヶ峠登山口から宿まで、とお気楽に考えていたのに、なんと言うことでしょう、
そこから笹ヶ峰、寒風山とは!!

今日、天気がいいのでツーリングがてら登山口を確認してきました。
ついでに川来須側も少し歩いてみました。青い部分が今日歩いたログです。

峠の手前が歩けてないので、もう一度リベンジですかね



30212.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:マーシー    日付:2018年06月17日(日) 22時30分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

川来須側の道



30215.Re: 別子銅山「炭の道」を繋ぐ
名前:エントツ山    日付:2018年06月17日(日) 23時34分
Original Size: 835 x 900, 299KB Original Size: 640 x 480, 161KB

   秋のルート決定〜〜!     闇夜の鎖場下り


マーシーさん  今晩は

やっぱり取り付きはあのブルドーザーの場所やったんだ
でもお仕事中に登山者がウロウロするのは登山者全体のイメージを悪くするから昨日のやり方で良かった

今度は寒風山西尾根から登って天ヶ峠に下って炭の道を追うってルートやね
これで物足りなかったら又兵衛岳へ寄ってもいいよ

その前に無事剱岳北方稜線から無事に帰らにゃならんぜよ
今度は昨日の様に折角皆さんに用意した霧の森大福を冷蔵庫から取り忘れる様なヘマをせんようにね


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html


30200.エントツ山さんのお膝元 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2018年06月17日(日) 11時30分
Original Size: 1000 x 619, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 96KB

峰ヶ原山ログ       府中湖方面        山頂表示              

エントツ山さん皆さんこんにちは、
昨日は久し振りに山友とうどん目当てにエントツ山さんのお膝元で未だ歩いた事のない峰ヶ原山249.9mへ西側から登りました、
此の登山道東側のお寺からの道同様に良く整備され尾根に出ると途中そこそこ里山特有の展望もあり府中湖も綺麗でした。

帰りは善通寺の東南に位置する如意山へ櫛梨神社から登りました、
山頂の櫛梨城址は展望が良くベンチやブランコがあり運動を兼ねた愛好者が多く登られている様子が伺えました。

はるちゃん



30201.Re: エントツ山さんのお膝元
名前:はるちゃん    日付:2018年06月17日(日) 11時38分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

下山して下から     山頂の櫛梨城址から       櫛梨神社

追加写真です



30202.Re: エントツ山さんのお膝元
名前:はるちゃん    日付:2018年06月17日(日) 11時40分
Original Size: 1000 x 619, 98KB Original Size: 1000 x 590, 98KB Original Size: 1000 x 619, 98KB

再度追加



30203.Re: エントツ山さんのお膝元
名前:はるちゃん    日付:2018年06月17日(日) 11時45分
峰ヶ原山のログが重複し失礼しました。


30208.Re: エントツ山さんのお膝元
名前:エントツ山    日付:2018年06月17日(日) 20時53分
Original Size: 798 x 443, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 900 x 506, 161KB

   鷲ノ山と峰ヶ原         峰ヶ原三角点峰     炭の道を繋げた西山越にて


はるちゃん  今晩は

ほんまに膝元においで頂いてたんですね
最近は国分寺、仲南、新居浜・・・どこがお膝元かようわからんようになってきましたけど

はるちゃんのルートを歩いた事がありますがウバメガシの樹林帯などもあって道幅も広くて歩き易いですね

但し山頂の展望が今ひとつなので里山としての人気は堂山に大きく差を付けられております

こちらはコンビ復活の感があるマーシーさんと伊予の鈍亀さんの希望もあって別子銅山遺構道歩きをしておりました

チチ山北面の「炭の道」も昨日歩いた笹ヶ峰北面の「炭の道」も随分前にマーシーさんと歩いた事があるのですが久々に歩くと山や道の様子が変わっておりますねえ

特に古道など関係なくブルドーザーでガンガン作業林道が作られておりそんな光景を目にすると手前勝手な感傷ではありますが寂しくなります

歳と共に山仲間の有り難さや大切さがじんわりわかってくる今日この頃でございます

エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html


30193.稲叢山とアメガエリの滝 返信  引用 
名前:KAZASHI    日付:2018年06月16日(土) 08時23分
Original Size: 640 x 480, 127KB Original Size: 640 x 480, 136KB Original Size: 640 x 480, 132KB

エントツ山さん、おはようございます!

水曜日はWOC・登山部で『稲叢山』の『渓谷コース』と
『送電線コース』を歩いてきました。

3週間前にハムキンが肉離れになり、先生にはまだ60%程度の回復と言われましたが
少しづつでも負荷をかけようと、リハビリ登山と昨年、『稲村ダム』の
登山口まで出かけて登山靴を忘れたのに気づき、泣く泣く引き返したリベンジ登山です。

『渓谷コース』は小さな沢や滝が続き、予想通りのいい道でした。
一部の望みをかけた『オオヤマレンゲ』も帰りの『送電線コース』で
見ることができ、皆さん大満足の『稲叢山』でした。

帰りは少し寄り道をして、林道をトンネルへの分岐を曲がらず直進して
『瀬戸川渓谷』にある『アメガエリの滝』を見学。前日までの雨のせいか
滝の水量がすごくて大迫力でした。あまり知られていないマイナーな滝ですが
メジャーになっても遜色ない、また訪れてみたいと思える場所でした。
https://blog.goo.ne.jp/kazashi01



30197.Re: 稲叢山とアメガエリの滝
名前:エントツ山    日付:2018年06月17日(日) 08時30分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

   炭の荒れ道           炭の横道            炭の崖道



kazashi バーナード  おはよう

今日はお仕事ご苦労さん

もう少しで書き込み見逃すところやった
水曜会活動が盛んでいい棲み処を見つけて良かったねえ
今回も登山後のコーヒーはあったの?

肉離れも普段のトレーニング不足かも知れないよ
忙しいけど営業で歩き回って鍛えて下さい

そちらも登山靴忘れた事があったんだね
私も勿論忘れた事があるけど普段から人工皮革のウォーキングシューズを履いてたから登山靴を忘れた槍ヶ岳も通勤靴で登る事が出来た
革靴より人工皮革のウォーキングシューズにかぎるぜよ

稲叢山や他の四国のオオヤマレンゲは今が盛りですよね
昨日歩いた笹ヶ峰〜寒風山の縦走路にも2本オオヤマレンゲの樹があって一本は咲いていて一本は蕾だった

笹ヶ峰〜寒風山ルートってそれ自体が登山の対象やけど、我々は帰りの道やった
ガスがかかって何にも見えんかったわ

最近のヘッドランプは高性能で明るくワイドやから夜歩きの強い味方や
久しぶりに夜になったけど何か懐かしい気がした

12時間以上歩いてもみんな元気やったわ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-8,9-kujyu-miyamakirishima.html


30194.香川の里山 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2018年06月16日(土) 19時49分
Original Size: 800 x 600, 147KB Original Size: 1200 x 800, 158KB Original Size: 800 x 600, 150KB

エントツ山さん 今晩は

今日はストーンリバーさんご夫妻と香川の里山を
歩いて来ました

最初の山でやまももさんご夫妻とえ〜ちゃんにお会いしました
花の咲く季節は皆同じ所に集まるようです

次の山ではHIROさんご夫妻とお会いしました
暫く歩いているとアンジーパパさんとアンジーちゃんが
やって来ました

皆さんとは楽しくお話しさせて頂きとても嬉しい里山歩きでした

色々な花達も色鮮やかに咲いていました

クモキリソウ
ウメガサソウ
アンジーちゃん



30195.Re: 香川の里山
名前:ストーンリバー    日付:2018年06月16日(土) 21時25分
Original Size: 800 x 533, 144KB Original Size: 800 x 533, 148KB Original Size: 800 x 533, 133KB

エントツ山さん トンちゃん 今晩は。

トンちゃん、今日はお世話になりました。
お蔭様で沢山の花が楽しめました。

香川には色んな花が手軽に楽しめる里山があって良いですね。
皆さんの元気の源が里山にある様に思いました。

トンちゃんと一緒だったので、皆さんに出会えたのだと感謝です。

イナモリソウ
コバノトンボソウ
マンテマ



30196.Re: 炭の道 天ヶ峠〜宿・西山越
名前:エントツ山    日付:2018年06月17日(日) 08時02分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 591 x 417, 65KB

   天ヶ峠への道      天ヶ峠付近の尾根展望所   裏寒風トンネル口ルートの岩展望所


トンちゃん
ストーンリバーさん  おはようございます

ハイハイ そちらが花レポでこちらがマニアックルート・レポになって心が落ち着いております

飯野山と青山連山の湿原でしょうかねえ
スリルと冒険の「マドの天狗」の後はゆったりと里山花散策とメリハリがついていいですわ

こちらは本来の歩きに帰って西条の川来須(かわぐるす)上方から別子銅山「炭の道」歩きでした

メンバーはいつものマーシーさん、伊予の鈍亀さんに加えて土佐のふ〜みんさんも特別参加でロングコースを歩く事が出来ました

マーシーさんのルート把握不足や林道工事などで取り付き口が不明で時間ロスして出発が08時40分となってしまい、最後は夜の寒風山裏トンネル口ルートを下りました

天ヶ峠〜宿〜西山越〜笹ヶ峰〜寒風山〜トンネル西口下山で12時間10分の歩きでしたが面白くてあっという間(そうでもなかった?)の楽しい時間でした

東京の兄貴がお袋当番に帰ってくれてますので心置きなく遅くまで遊ぶ事ができました

来週は香川の山の会でツアーに行く予定ですが当然の事ながら雨予報で覚悟しています

エントツ山   

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-8,9-kujyu-miyamakirishima.html


30190.マドの天狗 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2018年06月15日(金) 11時16分
Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 800 x 600, 104KB Original Size: 800 x 600, 142KB

エントツ山さん こんにちは

エントツ山掲示板が花いっぱいになってますね

昨日はいつものメンバーで「マドの天狗」へ行って来ました
小島林道を走って登山口もない所からスタートです

気持ち良い自然林の中を獣のベッドを見つけたりキジの親子達の
微笑ましい姿を見たりしながら歩きました
ウツギやヤマボウシが山を白く染めてとても美しかったです

迷いそうな山でしたが遭難せず無事に車まで帰って来た時は
ホットしました
皆で楽しく面白く獣たちの住処にお邪魔させてもらいました

マドの天狗山頂
三角形の天狗と牛の背
昨日のベストショット



30191.Re: マドの天狗
名前:ストーンリバー    日付:2018年06月15日(金) 16時56分
Original Size: 800 x 533, 149KB Original Size: 800 x 533, 146KB Original Size: 800 x 533, 150KB

エントツ山さん トンちゃん こんにちは。

昨日は初めての山なのでワクワクしながら歩きました。
ウツギなどの白い花が方々で咲き誇って綺麗でした。

登山道からは時々展望が開けて北に中津山や腕山牧場、
東に烏帽子山、寒峰が、南には天狗塚等の展望が広がっていました。

ランチタイムの後は山頂から北に急斜面を下ってお地蔵さんに御対面。
此処が「マド」だと確認出来ました。
途中で道なき道を歩いても迷うことなく登山道に復帰して周回出来ました。
何時ものメンバーと一緒だと不安も無く面白い歩きが出来て満足です。

マドのお地蔵さん
腕山牧場方向
カラマツ林



30192.Re: マドの天狗 ルートがしりとうおます
名前:エントツ山    日付:2018年06月15日(金) 21時55分
Original Size: 947 x 816, 165KB Original Size: 900 x 531, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

マドの天狗には様々なアプローチがありますね 私のマドの天狗ルート 旧マドのコル


トンちゃん
ストーンリバーさん  今晩は

ん? 私が花のレポートしてトンちゃん・ストーンリバーさん達がマイナールートへとな
なんの風の吹き回しなの? 調子狂っちゃうわ

で・・・ルートは当然地元の昔乙女さんでしょうね
まあ危険な場所は無いのだけれどマドの天狗へねえ・・・・・
GPSのログはないのかえ?
マニアックな場所を歩く場合はGPSの軌跡が欲しいわ

まどのお地蔵さん  雰囲気いいですねえ
この辺りは破線道が沢山あるから昔歩かれた峠道でしょうか

衝撃のレポをありがとう


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-8,9-kujyu-miyamakirishima.html


30189.前赤石 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2018年06月15日(金) 09時25分
Original Size: 1024 x 723, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 156KB

東平から前赤石へのGPSトラックログ図   前赤石への岩峰   前赤石山頂


6月中旬のこの時期、兜岩のオオヤマレンゲを見に行ったついでに前赤石まで足を延ばします
タカネバラやミツバイワガサ、ドウダンツツジなどは兜岩に咲いているのですがユキワリソウ、キバナノコマノツメ、シライトソウなどは兜岩にはありません

前赤石はメジャーな西赤石方面から言うと東赤石の手前にあるからそう呼ばれたのでしょう  地図には正式名称は記載されておりません

西赤石登山口からも東赤石登山口からも中途半端に遠い位置に有る為マイナーな山ですが、コンパクト八巻山って所でしょうか

西側から岩峰を這い上がっていくのが大変面白い山です


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-6-8,9-kujyu-miyamakirishima.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb