[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





32288.新居浜祭り 始まる〜! 内宮神社の宮入り 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年10月16日(水) 08時24分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 600, 159KB Original Size: 900 x 600, 148KB

喜光地の太鼓台が先頭    二番手は北内がスモークと共に鳥居を潜る   三番手は新田


今年も新居浜人が一年間待った「新居浜太鼓台祭り」が始まりましたぞ
私の実家のすぐ上が上部地区の太鼓台が宮入りをする内宮神社

04時から花火が打ちあがって、太鼓の音や掛け声が木霊して寝ておれませんわ
当然、兄貴も東京から帰って来ており内宮神社へ出かけます

皆さん車の駐車で苦労していますが、私の場合は実家から歩いて行けます

宮入一番バッターは担き手が外人部隊が多い為弱くて時間がかかる喜光地の太鼓台  やはり何度も落として苦労してます

今年は何故か鳥居口で入場スモークが焚かれています
二番手、三番手の北内、新田は順調に階段を上がり拍手が沸いております


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



32289.Re: 新居浜祭り 始まる〜! 内宮神社の宮入り
名前:エントツ山    日付:2019年10月16日(水) 08時33分
Original Size: 900 x 600, 159KB Original Size: 900 x 600, 155KB Original Size: 900 x 600, 157KB

しんがりは我が中筋太鼓台 不思議と一回も落とす事なく上がって行った 内宮神社境内に集合〜

今年は喜光地以外はスムーズに上がれた様です
特に我が中筋の太鼓台は例年苦労して上げていますが、今年はミラクルでした

内宮神社の境内に4台の太鼓台が集合して神事が始まります
何せ、新居浜秋祭りは神事の為に10月16日、17日、18日と決まっており、平日でも大手を振って特別祭日となります

尚、今回の撮影はキャノン・パワーショット G7Xの「手持ち夜景モード」で撮ってみました  お月さんも綺麗に撮れてますわ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html



32290.Re: 新居浜祭り 始まる〜! 内宮神社の宮入り
名前:エントツ山    日付:2019年10月16日(水) 08時44分
Original Size: 900 x 600, 155KB Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 600, 164KB

4地区の総代が神社で祝詞を受ける 神主さんは兄貴の同級生・戸田クンだ 下山はヘロヘロでサッパリだった 


神主さんからそこそこ長い祝詞を受けた後、箱に入ったお神酒を各四地区が頂戴し太鼓台の下山となる

んが! 担き手は酒が入ったり、上りで体力を使い切り太鼓台が上がらない
何度も落としながらヘロヘロになって下山しましたわ

何はともあれ、新居浜太鼓台祭り3日間の幕開けとなりました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html


32286.南尖峰での素敵な出会いに感謝です。 返信  引用 
名前:hide    日付:2019年10月15日(火) 19時17分
Original Size: 400 x 225, 23KB Original Size: 400 x 225, 57KB Original Size: 400 x 225, 74KB

こんばんは、エントツ山さん。
返信遅れまして、申し訳ありません。
写真ありがとうございました。
それにしても、日曜日は私の憧れのエントツ山さんとご一緒できて光栄でした。
見事な紅葉の中、墓場尾根から下に下って、大砲岩や墓場尾根が見える
絶景のスポットまで連れて頂きありがとうございました。
そして、快くシェーをして頂きました。
この二人のポーズ完璧に決まってました。
エントツ山さんや御一同様といた時間は楽しい時間でした。
この日は、本当に天気も良く絶景の連続でした。
また、どこかの山で元気で明るくお若いエントツ山さんに会える事を楽しみにしています。



32287.Re: 南尖峰での素敵な出会いに感謝です。
名前:エントツ山    日付:2019年10月16日(水) 07時55分
Original Size: 300 x 400, 157KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 550 x 412, 42KB

北沢の詰めから墓場尾根を見上げる   第一幕岩(まくいわ)と墓場尾根 本来はここまで下りたい所ですが・・・

hide さん  おはようございます

先日は楽しかったですねえ
南尖峰での偶然の出会いでしたが、お声をかけて頂いたお蔭で墓場尾根辺りをご一緒する事が出来ました

歳がバレ無い様に、普段遠目の写真(6m以上離れた写真)を載せておりますが良くエントツ山だと分かりましたねえ

御同行されていたYAMAP仲間の女性も感じの良い方でした

山歩きが出来る残りシロが少ないので今回も犬返仲間の若手、能智さん達を墓場尾根を経由して北沢の詰めまで案内しておりました

あまり一般的に知られておりませんが、石鎚には第一幕岩、第二幕岩、第三幕岩があります

それぞれ北沢、中沢、南沢から南尖峰に這い上がればその幕岩(まくいわ)の存在が良く分かります

特に北沢からのゴールがあの墓場尾根となってります

俗称「墓場尾根」を縁起が悪いと嫌う人が居て、正式な「柱状(節理)尾根」と呼んでいる様ですが、私は何故か墓場尾根の呼び方が染みついております

第一幕岩を良く見ると柱状節理になっていて、もう少し風化すれば墓場尾根と同じようになるかも知れません

最終的には北沢を詰めて墓場尾根に這い上がって欲しいのが本音でして、その為にゴール付近の風景を見て貰っております

この時期の石鎚は東稜から墓場尾根が美しいですねえ

hide さん 
又、石鎚山系か赤石山系で是非お会いしましょう

下のURLは 私の登山記「北沢攻略法」です


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishikitasawaoct2008.html


32263.台風一過の石鎚山 返信  引用 
名前:アカリプタ    日付:2019年10月13日(日) 20時38分
Original Size: 666 x 500, 195KB Original Size: 600 x 450, 184KB Original Size: 420 x 560, 79KB

エントツ山さん ご一行の皆さん こんばんは。
お久しぶりでした。

朝の土小屋は、ガスってちょっと寒く、それに台風の影響もあり、綺麗な紅葉が見られるか、少し心配でした。
東陵に入ってもしばらくの間、強風とガスの中の登りでした。
矢筈岩の手前でガスが切れはじめ、後は紅葉の真っただ中、遅々として進まずでした。
影響のあった台風がいくつかあった割には、綺麗な紅葉だったと思います。
先週の再チャレンジをして良かったです。

写真;矢筈岩手前から南尖峰方面
   ドウダンツツジの紅葉越しに二ノ森方面
   センブリ(登山口近で)



32264.Re: 台風一過の石鎚山
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 16時13分
Original Size: 900 x 675, 156KB Original Size: 900 x 600, 161KB Original Size: 900 x 600, 162KB

石鎚・東稜、南沢の頭より  石鎚・北沢詰め上がりより  石鎚・南尖峰と東稜


アカリプタさん  お早うございます

今年も石鎚で息子さんとご一緒に優しい笑顔にお会いする事が出来ました
こちらは07時20分頃土小屋へ着きましたが、寒風が吹き荒れて寒くて寒くて「どうならい!」(新居浜弁)と思いました

登山道に入ると風は木々で少し遮られましたが、ガスでお山は見えず
「どうならい!」パート2でした

その上、東稜分岐から東稜尾根に入るや笹が濡れていてズボンが腰までびっしょり濡れて、そこに北風がピュウピュウ吹いて3度目の「どうならい!」でした

南尖峰が近づくにつれてガスが切れだし、太陽の陽が出て来るとやっと寒さから解放されました

kazashi さんや yuuminn さんの水曜レポよりは紅葉が進んでおり、ドウダンツツジも場所によっては真紅に輝いておりましたねえ

フットワークの軽いアカリプタさんの活躍をいつも拝見させて頂き励みにしております

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32265.Re: 石鎚南尖峰で会ったYAMAP hide さんへ
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 09時56分
Original Size: 437 x 900, 160KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

YAMAP hide さん
      sky さん

お早うございます

昨夜は実家の新居浜泊りの為、パソコンが無く今朝高松に帰って参りました
写真が遅くなり申し訳ございませんでした

東稜から南尖峰に這い上がった所でお声をかけて頂きました
墓場尾根にご一緒して頂きありがとうございました

墓場尾根から少し下がった場所は普段、北沢を詰めてフィナーレの場ですので上からお邪魔するのはお手付きと言えるかも知れません

天気が良かったので他の山仲間と一緒にご案内致しましたが、北沢から這い上がって来られた2名の御年輩登山者には不快な思いをさせたかも知れません

今は YAMAP の時代です
仲間と連携して質の良い山情報を発信して下さい

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32266.Re: 台風一過の石鎚山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月14日(月) 10時44分
Original Size: 800 x 534, 307KB Original Size: 449 x 800, 155KB

エントツ山さん おはようございます
アカリプタさん 昨日はお久しぶりでした

昨日はエントツ山さんのお知り合いと犬返仲間の能智さんとご一緒の石鎚でした。

土小屋に着いて車を降りると寒い!風も強くてガスも・・・
慌てて冬ものを着込んで出発!
東稜の笹を登る内にズボンも手袋も濡れて寒かった〜

しかし、笹滝から上を見上げると段々と青空も見え始め、矢筈岩や南尖峰が
綺麗に見えました。最後の岩場でエントツ山さんがロープを出して
下さったので、濡れた岩場も安心して登れました。

次は、墓場尾根へと岩場を下り、また登って、男性陣は墓場尾根の天辺まで。
その後、愛媛のYAMAP仲間お二人も加わって、墓場尾根から下の急斜面を笹を
掴みながら北沢を詰めた所まで下り、第一幕岩の下まで行くと、大砲岩
や墓場尾根がグルッと見渡せ、紅葉も一層素晴らしく最高でした!

弥山までの稜線は見晴らしが良くって最高ですね。
人出が多くて賑やかでした!

お陰で今年も石鎚の紅葉を満喫できました。

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32267.Re: 昨日の石鎚山
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月14日(月) 10時51分
Original Size: 449 x 800, 150KB Original Size: 800 x 449, 165KB Original Size: 800 x 449, 161KB

エントツ山さん 
時間差で、エントツ山さんのレポの途中に入ってしまったようです。
すみません〜

写真1;北沢を詰めた所から見る大砲岩
  2;下りきった所で
  3;第一幕岩



32268.Re: 台風一過の石鎚山
名前:だらだらの人    日付:2019年10月14日(月) 13時17分
Original Size: 400 x 600, 26KB Original Size: 600 x 400, 91KB Original Size: 600 x 400, 119KB

エントツ山さん、諸先輩方こんにちは

ということは皆様とはどこかですれ違っていたかもしれません。
夜明け前はガスが酷くて視界が短くなんだかなーと思っていましたが
終わってみれば年間通してもいい天気でしたね。
明け方の石鎚山頂は氷点下でした。
瓶ヶ森は思ったよりは人が少なく逆に快適に堪能出来ました。
そろそろ風邪を引いた方も出ていますので健康第一にお山を楽しみましょう。



32277.Re: 台風一過の石鎚山
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 16時34分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 506, 163KB

東稜コースを上る        墓場尾根へ      北沢の詰めにて義理の甥と(能智さん提供写真)


伊予の鈍亀さん  今日は

昨日は大変お世話になりました
長兄から「娘婿が連休中新居浜に来るので10月13日石鎚案内宜しくね」って言われてました

雨予報やから無理じゃろねえと思っていたら台風が過ぎ去り何とかギギリギリ行けそうな天気になりました

犬返仲間の能智さんや伊予の鈍亀さん達を誘ってこの時期の恒例・石鎚紅葉詣でとなりました

翌14日の方が天気が安定するのに皆さんに申し訳ないなあと思いながら土小屋を出発しました

でも、登山中は次第に風も収まり天気が良くなりホッとしましたわ

この長兄の娘婿は学生時代にはハンマー投げをやってましたから体力十分で新居浜に帰ってから「怖かったけど楽しかった〜」とみんなに話してました

彼の勤務先は旧・新日鉄ですからラグビーが大好きで一緒にワールドカップ最終予選をテレビ観戦
清酒・石鎚を飲みながら一喜一憂の歓声を上げておりました


先日一緒に縦走した甲武信ヶ岳で「千曲川源流」を訪ねましたが、あのチョロチョロ水が下流で合わさって大洪水になったのですねえ

松や新居浜の河川は短く、護岸工事が行き届いた現在は洪水の危険も少なく安心です

さて、次は大山の紅葉でしょうか

写真レポが途中の様な気がしますが、もし追加写真があれば貼っておいて下さい


エントツ山    

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32278.Re: 台風一過の石鎚山
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 16時49分
Original Size: 600 x 900, 163KB Original Size: 900 x 600, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB

      大砲岩      我がチームの若手      一の鎖を下りる


「だらだらの人」さん  今日は

普通、台風明けが写真の狙い目ですよね
でも下から眺める石鎚は強風と霧に包まれていると想像されました 

伊予の鈍亀さんがGPSトラックログを作成して貼ってくれております
07時20分から08時20分の間に土小屋〜東稜分岐を歩いておられなければニアミスって事ですね

朝、上から下りて来た若者に「日の出は見えた?」って聞くと「ハイ」って言ってましたが・・・
強風に飛ばされるピンクの滝雲でしたか

ホンマに朝は寒くて、ズボンがびしょ濡れの上に風に吹かれて風邪をひかないか心配しました
歳を取ると一旦風邪をひくと長引きますので気を付けます

瓶ヶ森はこの時期、余り魅力的とは言えないので寄りません
寒風山登山口にはそこそこ車が停まっておりましたねえ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32282.Re: 台風一過の石鎚山
名前:KIRIN    日付:2019年10月14日(月) 21時55分
昨日(10月13日)は、大変お世話になりました。
墓場尾根までついていかせていただきました。YAMAPではKIRINと名乗っております。
初めての東陵コースで、墓場尾根まで行くことができて最高の1日となりました。
本当にありがとうございました。


32285.Re: 台風一過の石鎚山
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 23時38分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 163KB

ガスが晴れた東稜〜南尖峰 東稜から墓場尾根へ岩場をおりるKIRINさん

KIRINさん  今晩は


東稜コースの途中からご一緒された方ですね
あれ?  YAMAPのhide さんとフォロワー関係なんですね
石鎚東稜レポ拝見させて頂きました

いや〜 最近は物凄くYAMAP人口が増えて群雄割拠時代に入りましたねえ

今後とも宜しくお願い致します


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonotaasahinoiwaya20feb2010.html


32281.三ヶ森から13日の石鎚を眺める PM14:00前後 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2019年10月14日(月) 19時53分
Original Size: 800 x 690, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 165KB

エントツ山さんこんばんは!

石鎚はまだ無理なので、石鎚を眺めるため三ヶ森へ行きました。

そこから見た光景がkurenaikaiさんの見られた雲海の様子と合うようですので
ここに載せさせていただきました。

三ヶ森は石鎚の眺望が素晴らしいだけでなく、ボクチやジンジソウなど花も豊富でお得な山だと思うのですが
アクセスの楠窪林道がかなりな悪路です。

登山口前3キロ当たりは特にあれていて30m走っては石や枝を片付けながら行かなくてはなりませんでした。
                                                  

新しい作業道が登山口近くに出来たので、登山道がわかりにくいし荒れている

可愛がってきれいにしていたギアちゃんは傷だらけになった。それで泣いている。

雲が石鎚から堂が森の手前にかけて様々に動く様が見えた。鞍瀬の頭と石鎚だけが頭をだしています。
こちらからは二の森が素晴らしく紅葉しているのがわかりました。



32284.Re: 三ヶ森から13日の石鎚を眺める PM14:00前後
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 23時13分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 672 x 562, 81KB Original Size: 700 x 525, 79KB

昨日、石鎚からの天狗岳と雲海   大成(おおなる)から三ヶ森 (みつがもり) リップさんから頂いた三ヶ森から石鎚の写真


ヘキチョウさん  今晩は

おう! 今回少し歩行距離が伸びたね
三ヶ森(みつがもり)は石鎚展望所として以前はるちゃんからレポを頂いておりました

でも林道が悪路だと聞いていたので二の足を踏んでました
やはりスペーシア・ギアでは底が低かったですか
父ちゃん 泣いてますがな
こんな場所へ行くならジムニー〜〜〜って叫んでいたかもね

三ヶ森(みつがもり)へは2度行っております
一度目は東側の大成(おおなる)から、はるちゃん・楠さんのレポを参考に旭の岩屋を訪ねた後這い上がりました

二度目は鞍瀬の頭より三ヶ森(みつがもり)を経て虎杖(いたずり)まで縦走しました

2度ともガスがかかって石鎚方面が見えず、丁度リップ姐から頂いた写真をHPに使わせて貰いましたわ

ヘキチョウさんの写真も天気が良いものの、長〜いキントン雲がかかっていますねえ

昨日、石鎚から見た雲海の下側は案外視界が良かったみたいですね
長兄の娘婿さんにUFOラインを紹介したかったのですが、行きも帰りもガスの中でした

無理をしないでリハビリ歩きを続けて下さい

下のURLははるちゃんレポを参考に旭の岩屋と三ヶ森(みつがもり)へ行った記録です

エントツ山


 

http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonotaasahinoiwaya20feb2010.html


32238.秋の遠征(金峰山・瑞牆山・甲武信ヶ岳) 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月10日(木) 17時26分
Original Size: 800 x 439, 241KB Original Size: 800 x 450, 159KB

エントツ山さん 今日は〜

秋の遠征、お疲れ様でした。
天候不順で、中々日程が取れなかったけれど、やっと、台風の後の
晴れを狙って、出発出来ましたね。
1日目は文句ない晴天。後は曇りとガスだったけれど、歩く間は雨に
会わず良しとしなければならないですね。
でも、テント泊のエントツ山さんは大変な夜もありましたね。

奥秩父山脈の大弛峠に車を置いて、東西に分けての縦走でした。
高速を下りてからナビの案内のままに行くと、何時しか未舗装のダート
道に。行ってはいけないと言われている長野県側の川上牧丘林道から
大弛峠に。ガタピシ大変な道でしたが、途中、綺麗な白樺林も見られて
、これも良しとしなければなりません。

1日目  大弛峠〜朝日岳〜金峰山〜富士見平小屋泊
2日目  富士見平小屋〜瑞牆山〜大弛峠泊
3日目  大弛峠〜国師ケ岳〜甲武信ヶ岳(甲武信小屋泊)
4日目  甲武信小屋〜大弛峠

奥秩父山脈はシラビソ等の針葉樹と苔の森。
まるで八ヶ岳の様でした。
朝日岳の肩まで登ると、南に富士山が見え始め歓声が上がりました。

鉄山にも立ち寄り樹林帯の中を賽の河原まで行くと一気に展望が良くなり、
金峰山が正面にその向こうに瑞牆山や南アルプスまでの見晴らし抜群の
稜線が続き素晴らしかった!
所々に岩の尖塔が聳えていたりで、変化がある稜線でした。
大日岩にも天辺まで登りましたね〜
富士山もずっと見えて、最高でした!


写真は金峰山からの眺望。バックは富士山から南アルプスまで。

                          (続く)
                        
     



32239.Re: 秋の遠征(金峰山・瑞牆山・甲武信ヶ岳)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月10日(木) 17時30分
Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 449, 158KB Original Size: 800 x 449, 163KB

写真1;朝日峠
  2;朝日岳から金峰山方面
  3;シラビソ、ダケカンバの黄葉の中を歩く



32240.Re: 秋の遠征(金峰山・瑞牆山・甲武信ヶ岳)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月10日(木) 17時33分
Original Size: 800 x 449, 156KB Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 449, 158KB

写真1;金峰山へと向かう
  2;八ヶ岳を望む
  3;金峰山頂



32241.Re: 秋の遠征(金峰山・瑞牆山・甲武信ヶ岳)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月10日(木) 17時40分
Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 449, 165KB

写真1;大日岩
  2;大日にて
  3富士見平小屋到着



32250.Re: 秋の遠征(金峰山・瑞牆山・甲武信ヶ岳)
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 17時15分
Original Size: 900 x 506, 164KB Original Size: 900 x 506, 162KB Original Size: 900 x 506, 156KB

長野県側の悪路で大弛峠へ    林道脇は美しい白樺林   林道から国師ヶ岳の斜面

伊予の鈍亀さん  今晩は

昨日から新居浜のお袋さん訪問と実家の庭木剪定作業でございました
東京の長兄の娘夫婦が新居浜にこの連休に来るので今朝も草刈りやら剪定木の後片づけやらして午後に高松へ帰って参りました

今回の登山基地「大弛峠」(おおだるみとうげ)は標高2,360mで自動車道での日本最高点にある峠です

この標高の高い峠からだと尾根ピストンは楽勝〜〜って考えてましたが、アップダウンが沢山あり長い道のりでしたねえ

入ってはならない北側、清里経由で長野県の林道から入ってしまい最後はダート道で往生しましたねえ
鈍亀号の四駆でなければ通れない道でした

でも悪路に揺られながらも美しい自然林を堪能しました


今回の遠征で日本百名山を3座ゲットしましたが、それでも合計はたった57座ですわ
う〜〜ん 残りの場所は遠い所ばかりで全て行けるかどうか・・・


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32251.Re: 金峰山(きんぷさん) 三等三角点 2,595.03m
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 18時04分
Original Size: 900 x 506, 162KB Original Size: 900 x 506, 161KB Original Size: 617 x 350, 70KB

車道の峠、日本最高点 大弛峠(おおだるみとうげ) 大弛峠でテント2泊  奥秩父の百名山(両神山、雲取山、大菩薩嶺と今回の3座)


秩父山地って我々四国の人間にはもう一つようわかりませんねえ
この奥秩父の盟主と言われているのが「金峰山」らしいです

名前からしてわかる様にこの山は修験者が好む岩が沢山あり、室町時代に修験の総本山、奈良の大峰奥駈道にある金峰山(きんぷせん)=金峯山から蔵王権現を分祀して来たらしいです

伊予の鈍亀さん達は車中泊ですから案外スタートが容易ですが、テント泊だと後片づけに時間がかかり面倒ですわ
でも、道具を放り込む倉庫=鈍亀車があるのでとても便利です

金曜日に大弛峠に着いた時には2台しか車が無かったのですが、来るわ来るわ 夜中から明け方にかけて沢山の車が続々と到着して賑やかでした

良く寝れませんでしたねえ


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32252.Re: 金峰山(きんぷさん) 三等三角点 2,595.03m
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 18時21分
Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 506, 164KB

何たって富士山が見えるから嬉しい! 基本的にシラビソの針葉樹林帯ですがナナカマドやダケカンバも・・基本的にはシラビソの尾根


大日岩までは奥秩父主脈縦走路で、ほぼシラビソ林でした
四国では見ない景色なので楽しい歩きでした
特に途中からは富士山が見えて得した気持ちになり喜んだですねえ

エントツ山 

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32253.Re: 金峰山(きんぷさん) 三等三角点 2,595.03m
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 18時43分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 506, 161KB Original Size: 800 x 600, 152KB

山で会う若者は気持ちがいい(オールブラックス) 金峰山へGO〜  平均年齢70歳ですからこれ以上は上れませんわ

初日は天気予報通りの晴天で爽快でした

富士山や縦走尾根から金峰山越しの南アルプス全山、それから金峰山を越すと眼下に瑞牆山の岩峰郡と奥に八ヶ岳

実に良い景色でした


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32254.Re: 金峰山(きんぷさん) 三等三角点 2,595.03m
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 18時56分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

金峰山から富士見平小屋へ下る(正面奥が甲斐駒・仙丈) 覗き岩から金峰山を振り返る 富士見平小屋のテン場


金峰山からドンドン下りながら憂鬱でしたねえ
何故なら翌日、ここを上らなければならない・・・・・

まるで屋久島の様な大日岩の天辺まで上って気持ちよかったです

それからもドンドン下ってやっと富士見平小屋に到着してホッとしました
ここは富士見平ってのに富士山は見えず、森に囲まれて夕日は拝めず・・・
星空も現れませんでしたが、隣のテントから聞こえてくる都会人アベックの山談義を聞きながらぐっすりと寝ました


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32280.Re: 秋の遠征(金峰山・瑞牆山・甲武信ヶ岳)
名前:六甲山のキセキ    日付:2019年10月14日(月) 19時18分
エントツ山さん、ご無沙汰しております。
六甲山のキセキです。

奥秩父の山々を縦走されたと知って、ちょっと親近感がでましたー
僕も昨秋、瑞牆山荘から瑞牆そして大日小屋(無人)に泊まって金峰山、国師ヶ岳、甲武信ヶ岳へ縦走しましたが、2日目の大日から国師ヶ岳、甲武信までは倒木が多く何度もくじけそうになり本当にえらかったです。
雲取山も狙っているのですか? お勧めは三峰神社から登って奥多摩方面に降りるルートがいいですよ!もうこの界隈攻めまくってほとんど踏破しております。

そうそう、六甲も高齢になってきておりパワーで押し切ることが辛くなりました。
それであまり興味なかった軽量化を取り入れて、今まで以上に山へのめり込んでおり、
この年になってテント泊が面白くなりました。しかし、今回の台風19号でことごとく路線が不通となり晩秋にかけてさっぱりです。

これからはなるべく東北方面を攻めようと思っております。
ではどこかのお山でお会いできることを楽しみにしていますね!
それではー


32283.Re: 奥秩父主脈縦走路
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 22時41分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 161KB

     倒木の多い幽玄の縦走路

六甲山のキセキさん  今晩は

ご活躍はグランマー啓子さんやreiko さんの掲示板で拝見しております

関東方面へ自ら転勤希望されてから仕事や中央の山を励んでますね
まあ、遠距離単身赴任者のベストな有効活用法だと思います

奥多摩、奥秩父、関東山地・・・田舎もんには場所がようわかりません

甲武信ヶ岳への県境尾根は長いですがそんなに倒木も気になりませんでした
四国の植林地帯に比べればシラビソと苔と霧で幽玄の世界でした
金峰山、瑞牆山の縦走路は岩稜帯で歩きにくかったですが、甲武信ヶ岳へは快適な尾根道の印象でした

まあ、これも普段から相当酷い場所を歩いているせいかも知れません

あの界隈に倒木が多いのは、湿気が多い場所で土壌が薄く栄養が足らないのかシラビソも細いから風に弱いですね

根っ子の張りが足らず、根元から倒れている木もあれば、幹からポキンと折れている木もありました

六甲山のキセキさんは体力があるのでハードな歩きをされておりますが、テント泊となればやはり水や食料、テント、シュラフ・防寒着などが増えますので軽量化が必要ですね

雲取山は日本百名山のターゲットと言う意味で関心があるだけです
基本四国から車で遠征となりますので車中泊が出来る登山口から周回ルートを考えます

四国から関東、北陸、東北への日本百名山はお金もかかるし遠いです
費用節減の事もあり伊予の鈍亀さんにお世話になっております

関東へ居られる間にガンガン日本百名山をクリアして下さい

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html


32269.紅葉始まりの石鎚山へ 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時49分
Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 56KB

エントツ山さんこんにちわ!二か月ぶりの半日休暇が取れたので久し振りの石鎚山へと行きました。徹夜明けの昼から登ったので紅葉時期にもかかわらずほとんど誰にも会わずに東陵取付点へ行けました。ここから南尖峰へと一気に上がりますが誰にも会わずでした。途中で下山して来る2グループ4人の方とすれ違っただけでした。少し早い紅葉を見ながら南尖峰へ到着。ここから墓場尾根へと降りてまだ少し早いけれど素晴らしい紅葉を楽しみました。ここで知り合った同年代の人と話し込みしばらくした後南尖峰へと戻ると今まで見たことのない雲海に感動しました。瓶ヶ森の頭だけ出ていて周りは一面の雲海。岩黒山も周りが雲に覆われていてまるで富士山みたいでした。ここでも話し込んでいて約5時間素晴らしい景色を見ていました。その後夕日がとてもきれいで見ながら天狗岳へと移動。ここも赤く染まる木々や天狗の岩がとても素晴らしかったです。日が完全に落ちた後弥山へと行くと翌日の御来光狙いのため三脚がずらりと並んでいました。日が完全に落ちた後の月夜に照らされる天狗を撮った後家路につきました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32270.Re: 紅葉始まりの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時50分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 50KB

南尖峰はほぼ紅葉していました。やっぱりこの方に会いました。精力的にあちらこちらに行っているようで尊敬できます。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32271.Re: 紅葉始まりの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時51分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

墓場尾根は素晴らしく紅葉してました。少し早い気がしますが見ごたえがありました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32272.Re: 紅葉始まりの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時52分
Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 49KB Original Size: 640 x 479, 50KB

南尖峰と墓場尾根を上から見るとこんな感じです。とても素晴らしく紅葉してます。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32273.Re: 紅葉始まりの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時52分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 42KB Original Size: 640 x 426, 49KB

南尖峰へと戻ると一面の雲海。とても素晴らしい景色です。ブロッケンも出ていました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32274.Re: 紅葉始まりの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時53分
Original Size: 640 x 426, 48KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 49KB

夕日を見ながら天狗岳へとても素晴らしい景色です。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32275.Re: 紅葉始まりの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時53分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 45KB

弥山はまだ一杯人がいてこちらにカメラを向けていました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32276.Re: 紅葉始まりの石鎚山へ
名前:kurenaikai    日付:2019年10月14日(月) 14時53分
Original Size: 640 x 426, 45KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 44KB

弥山へと着くと完全に日が落ちて月明かりの中照らされる天狗を撮って帰りました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32279.Re: ん? 同じ日に石鎚山へ?
名前:エントツ山    日付:2019年10月14日(月) 17時56分
Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 900 x 600, 159KB Original Size: 900 x 600, 161KB

東稜の笹薮でビショビショに    弥山は人が一杯でした  滑落事故でもあったのかな?


kurenaikai さん  こんにちは

二か月ぶりの半日休暇って!? 仕事が忙しいのですね
年金生活者を支える心強い味方ですが体を壊さない様にね

石鎚弾丸登山でしたか

あれ? ひょっとして昨日の午後から石鎚へ行かれたの?
紅葉の始まりは既にグランマー啓子さんが偵察に行かれて、その後にkazashiさんやYuumin さんからも途中経過が伝わっておりました

山頂付近は今が紅葉の盛りに近いのではないでしょうかねえ
これでも例年よりは遅れています

弥山から紅葉の天狗岳、それに滝雲が流れれば写真家にとって至福の絵でしょうねえ

昼過ぎに天狗岳から弥山に向かっているとヘリが何か救護用具の様な物を吊っていました
大事に至らなければ良いのですが・・・


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html


32246.秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳) 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月11日(金) 10時48分
Original Size: 800 x 625, 334KB Original Size: 449 x 800, 96KB

エントツ山さん 再びおはようございます。

遠征3日から4日目

大弛峠から国師ケ岳、甲武信ヶ岳を経由して甲武信小屋までをピストン。

前夜は雨でエントツ山さんは大変でしたね。
この日はガスっていて眺望がなかったけれど、初めての場所は楽しく、
アップダウンを繰り返し、標識の置かれたポイントを次々クリアしていきましたね。
千曲川信濃川の源流にも行って、最初の一滴といわれる有難いお水も
も飲みました。美味しかったですね〜

甲武信小屋では名物のカレーも頂きました。
甲武信小屋で一番良かったのはトイレがメチャクチャ綺麗だった事です。
山小屋では珍しい事で、居心地いい小屋でした。
小屋の主人“徳ちゃん”こと山中徳治さんにもお会い出来たし、朝には
見送って戴きましたね。

同じ道を帰るのは長くて大変だったけれど、冗談など言いながら楽しく
歩けました。歩き通したという満足感の方が強かったです。

終始リードし、ゆっくり歩いて下さったエントツ山さん、ありがとうございました!
また、大方の重い荷物を背負ってくれた主人亀吉にも感謝です!



32247.Re: 秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月11日(金) 10時53分
Original Size: 800 x 449, 163KB Original Size: 800 x 449, 165KB Original Size: 800 x 450, 165KB

写真1;最初はこんな階段を登る
  2;国師ケ岳山頂と三角点
  3;東梓(2271,8m)埋まっていた基準点を見つける



32248.Re: 秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月11日(金) 10時59分
Original Size: 800 x 449, 164KB Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 165KB

写真1;樹林の中をひたすら歩く
  2;千曲川信濃川水源地標
  3;源流の水を飲む



32249.Re: 秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月11日(金) 11時02分
Original Size: 800 x 449, 159KB Original Size: 800 x 449, 157KB Original Size: 800 x 449, 150KB

写真1;甲武信小屋の名物カレー
  2;小屋の主人山中徳治さんと
  3;キノコも多かった



32259.Re: 秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳)
名前:エントツ山    日付:2019年10月12日(土) 08時19分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB

大弛峠は長野県側が未舗装   国師ヶ岳まで階段の急登が続く サルオガセ類のヤマヒコノリが多い

伊予の鈍亀さん  おはようございます

台風が近づいていますが、高松では雨も降っておりません
今回は東海〜関東の方は不安一杯でしょうねえ


奥秩父の日本百名山「甲武信ヶ岳」(こぶしがだけ)は長野県側の毛木平(もうきだいら)から登ると日帰り登山も可能みたい

今回のベースキャンプ 大弛峠(おおだるみとうげ)は中々覚えられず、ずっと「おおゆるみとうげ」を連発してダメだしを受けました

峠の端を境に北側、長野県側は未舗装の悪路
      南側、山梨県側は完全舗装でした
どうも道路を管理している長野県側、川上村の財政事情があるみたいです

登山口から一等三角点のある国師ヶ岳(こくしがだけ)までは木道が整備されていましたねえ
物凄いシャクナゲの群生地で花の時期は圧巻でしょう

大弛峠から東側の県境尾根は西側より湿気が多いみたいで、植生も苔生した風景が多かった

大シラビソの木には地衣類の「ヤマビコノリ」というサルオガセ類の地衣類が沢山付いており、これが風で飛ばされて登山道に転がっておりました


エントツ山


 

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32260.Re: 秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳)
名前:エントツ山    日付:2019年10月12日(土) 08時33分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 164KB

前国師ヶ岳から北奥千丈岳(奥秩父の最高峰) 国師ヶ岳の一等三角点 シャクナゲが物凄く多い

一等三角点のある国師ヶ岳までは丸っこい大岩が転がる尾根でした
しかし、ここを過ぎると甲武信ヶ岳まで長い距離でしたがが比較的歩き易いフツーの尾根道でしたねえ

奥秩父の最高峰「北奥千丈岳」2,601mまでそんなに遠く無い距離でしたが、往復すれば1時間はかかるので行かなかった

この辺りの奥秩父主脈縦走路はシャクナゲと苔の尾根でした


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32261.Re: 秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳)
名前:エントツ山    日付:2019年10月12日(土) 08時41分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 158KB

基本的にはシラビソと苔の道   高い場所に広葉樹が延びており黄金の落ち葉が登山道を敷き詰める  ずっと霧の中を歩く


霧が立ち込める尾根道を退屈しのぎに色んな話題を繰り出しながら歩きましたわ

大弛峠から西側の尾根は岩が多く歩きにくい道でしたが、東側は穏やかな尾根の印象で歩き易かったですね

でも結構アップダウンがあって上りでは無口になりました


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32262.Re: 秋の遠征 その3(甲武信ヶ岳)
名前:エントツ山    日付:2019年10月12日(土) 09時54分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 506 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 140KB

コケとキノコの道でした   唯一の目玉は千曲川源流でした  甲武信ヶ岳もガスの中


奥秩父は雨や霧が多いんでしょう 登山道はコケに覆われていました
伊予の鈍亀さん達が歩いた北八ヶ岳に良く似てるとおっしゃっていましたが、地理的に近いので共通点があるんでしょうね

霧の尾根道は幻想的ではありましたが、長い道のりでした
千曲川源流はどうしても訪れたい場所でしたが、尾根からは結構キツイ傾斜を下って、上り返しで息が切れました

源流地の沢はそんなに美しい場所ではありませんでしたが、岩の奥から流れ出る清水はおいしい様な気がしました

甲州(山梨県)、武州(埼玉県)、信州(長野県)の3県にまたがる甲武信ヶ岳(こぶしがだけ)は当て字の様ですが地理的魅力は確かにありますね

山頂は天気も悪い事やガレ場があって美しい場所ではありませなんだ
でも日本百名山ですからねえ

甲武信小屋は天気が悪いのと、予約客が怪我をされたとの事でキャンセルが出て他に誰も居なかったとの事
お蔭で小屋の中で一緒に食事もさせて貰いました

段々畑の様な野営地もテントが他に一張りだけでした
雨が降ってきたのでテン場の端っこ、鹿の防護ネット近くに木立があったので、その下に張りました

どうせモンベルのモノフレームシェルターなので雨が浸み込みますので敢えて緩い傾斜地に設営しました

寝ていると木から雨だれがテントを揺らして大きな音を立て、傾斜地なので体が転がるし快適ではありませなんだ

フツーなら素泊まり5,500円、テン場料1,000円ですから空(す)いている山小屋へ泊まりますよねえ

でも、それじゃあ 重いザックを担いで来たつじつまが合いません
朝起きるとテント内には傾斜の下側に雨が溜まっておりました
雨を含んだテントを収納しましたが、重たい事・・・

それでもこの歳になって4日間テント装備で歩けた事に満足です

伊予の鈍亀さん
地図のまとめやレポ作成 お疲れの所ありがとうございました

エントツ山


甲武信ヶ岳

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html


32244.秋の遠征 その2(瑞牆山) 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月11日(金) 08時55分
Original Size: 800 x 450, 153KB Original Size: 450 x 800, 195KB Original Size: 800 x 449, 136KB

エントツ山さん おはようございます。

遠征2日目は富士見平小屋から瑞牆山をピストンして、大弛峠まで帰るというコース。
瑞牆山は、ゴロゴロ岩を縫う様に道が続いて、大ヤスリ岩の様な大岩や
奇岩が多く楽しい道でした。

山頂では、ガスの切れ間の現れる岩峰群がいい雰囲気でしたね〜

大弛峠までの帰路、終盤になってハプニング。
小さな子供さんを連れたご家族に会い、一旦は分かれたんですが、
段々と薄暗くなってきて、その人達の事が気になって来ましたが、
エントツ山さんが“ここで待ってみるわ”と言い、亀吉も残り、私は
大弛峠に帰って待っていましたが、無事帰って来た時にはホットしました。
ご家族の皆さんもヘッドランプを持ってなかったという事で、心強かった
のではないかと思います。


写真1;瑞牆山全景
  2;大ヤスリ岩
  3;瑞牆山山頂にて



32245.Re: 秋の遠征 その2(瑞牆山)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年10月11日(金) 09時00分
Original Size: 800 x 450, 161KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 449, 153KB

写真1;大岩を支える小枝が何本も
  2;富士見平小屋を出発
  3;コケモモの実



32256.Re: 秋の遠征 その2(瑞牆山)
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 20時32分
Original Size: 900 x 506, 158KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 158KB

富士見平小屋にて豪華な(?)夕食    瑞牆山登山道(その1) 、瑞牆山登山道(その2) 


遠征時にいつも買って行く「笹寿司」とか「焼き鯖寿司」
高速のSAで値段は高いけど酢飯は日持ちがするので欠かせません
結構山小屋は混んでいた様ですね

そうそう、私は痛恨の忘れ物=寝袋しちゃいました
やはりテントを色々持って来ると、装備を入れ忘れて・・・
まあ、シュラフカバーとダウンジャケット、ダウンパンツ、それに着替えのシャツやらあらゆる物を着こんでホッカイロも使いました

そうしたら、小屋からこっそり毛布が届けられました
面目ない! お蔭でぐっすり汗ばんで眠れました〜

二日目の行程はとても長いので朝の薄暗い内から出発しましたねえ
登山道の後半は岩がゴロゴロして、生えている木々も根っ子が地表に現れて大変そうでしたねえ

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32257.Re: 秋の遠征 その2(瑞牆山)
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 20時41分
Original Size: 675 x 900, 149KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB

山頂はガスで展望無し シェーするしかありませぬ 倉庫代わりの我がテント 岩ヤに会った〜


瑞牆山は山頂に着くとガスで何も見えません
でも遠くから前日眺めていたので失望する事も無かったですね
ただ、霧の中で写真を撮ると逆光写真になり真っ黒です

2日目の行程は覚悟をしていましたが、長かった・・・
誰じゃ? 大弛峠からピストンを提案したのは?

途中で岩ヤに会った
大日岩をやって次は瑞牆山の大ヤスリにでも行ってるみたい
女性に誰かが「岩やってるから腕、筋肉付いて太いですねえ」って・・・これって褒め言葉か?

エントツ山 

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



32258.Re: 秋の遠征 その2(瑞牆山)
名前:エントツ山    日付:2019年10月11日(金) 23時52分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 157KB

     岩場の上りがキツかった〜  


前日激下りをしてたので厳しい上りを覚悟をしていた
ガスが出てしまったけど、前日ここを歩いているので失望は無し

熊鈴を10個位腰に付けてガラガラ、ジャンシャンとうるさく歩いている単独登山者が居た
以前熊に遭遇した経験者だろうか? タオルを頭に巻いてヘルメットまで被っている
普通、誰にでも話しかける私だが、さすがに変人っぽく見えたのでそっとしておいた

そうそう、途中で会ったお父さんと3人の子供連れ
追い抜いた時には「元気な子供ですねえ」って声をかけたものだったが、次第に天気が悪くなるし、暗くなって来た

やはり、このまま知らんふりして下山は出来ないわ
何か有ったら残り少ないとは言え一生を後悔する
亀吉さんも同じ考えで、亀美さんを明るい内に先に下山して貰って二人で引き返した

どうも、子供さんが山頂で疲れて1時間半起きなかったので予定より遅れたとの事だった

真っ暗な下り坂だったのでやはりライトを貸してあげたのが正解だった
私は後ろから強力な「レッドレンザーMH5」400ルーメンを照らしてアシストし、無事下山

気持ちよく寝る事が出来た

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb