[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





28536.こっそりと涼みに〜 返信  引用 
名前:え〜ちゃん    日付:2017年07月22日(土) 12時24分
Original Size: 640 x 427, 61KB Original Size: 640 x 480, 63KB Original Size: 640 x 480, 81KB

エントツ山さん、こんにちは!

梅雨は空けても暑いですねぇ〜もう少しで熱中症になりそうでしたから?涼しい所へ出かけて来ました(^^)/
18日から21日まで、ロシア/カムチャツカへ花散策に出かけて昨日帰りました!
*時差は3時間(夕方10時頃までは空が明るい?と言うが日本は7時なので明るい・・?)
高松〜羽田〜成田〜カムチャッキーの州都ペトロパブロフスク(人口約27万人)へ〜パラツゥンカ温泉郷(泊)移動と出国検査などで疲れましたよ(*_*)翌日は6輪駆動の大きな車?でアバチャ山麓(世界遺産・カムチャッカの火山群自然公園)のキャンプハウスへ移動〜アバチャ山麓のラクダ山花散策〜(思ったよりも高い所まで歩きました、約1,100m付近まで)ラクダ山を周回してキャンプハウスへ帰り(泊)
緯度が高いのでキャンプハウス付近(約800m)でも日本のアルプスの高山植物が沢山咲いています(雪解けで一度に咲くので見応えが有ります)

翌日もキャンプハウスから別のルートを花散策〜午後からは移動してバチェッカズェッツ山麓で花散策〜パラゥンカ温泉郷へ帰り温泉プールで楽しんで晩さん会(ビールもアサヒあり)
最後の日は帰るのみ・・小雨が降っていました!再び出国などで・・成田から高松へ直行便で帰り、pm6時半には自宅でした・・・が、時差なのか、暑すぎるのか?疲れが〜(*_*)

とりあえず報告を〜花も沢山見ました〜残雪残る山も綺麗でした!
街から見える富士山の様な山、コーリャーク山(3,456m)が綺麗でした!キャンプハウスへはこんな車で、花散策へ〜あのラクダ山のコルまで行きます、



28537.Re: こっそりと涼みに〜
名前:え〜ちゃん    日付:2017年07月22日(土) 12時32分
Original Size: 640 x 480, 66KB Original Size: 640 x 480, 174KB Original Size: 640 x 480, 154KB

追加です〜アバチャ山(2,741m),花散策の景色、別の場所の目的の花(キバナアツモリソウ)



28538.Re: こっそりと涼みに〜
名前:え〜ちゃん    日付:2017年07月22日(土) 12時38分
Original Size: 640 x 427, 92KB Original Size: 640 x 427, 97KB Original Size: 640 x 427, 99KB

更に追加です〜花は後日に〜動物を〜ジリスが沢山いました〜珍しいウオンバット(コアラに近い、オーストラリイアに多くいるそうです)
キツネも人を恐れません!



28539.Re: え? パスポート持ってたの?
名前:エントツ山    日付:2017年07月22日(土) 21時33分
Original Size: 640 x 441, 55KB Original Size: 910 x 429, 42KB Original Size: 640 x 426, 97KB

   え〜ちゃんのツアー概要  カムチャッカ最高峰クリュチェフスカヤ山  カムチャッカ大ヒグマは絶滅 


え〜ちゃん  今晩は


何と カムチャッカへ行ってたの
そう言えば堂山で見かけるえ〜ちゃんの服装は破れた帽子に破れたズボンだった・・・ 
堂山仲間にカニを配る為にカムチャッカ資金で倹約してたんだねえ 感心

このツアーは温泉と花好きのえ〜ちゃんにはピッタンコの旅やわ

当然の事ながら結構アルプスや北海道に見られる花も多いと聞きます
もし日本でも見られる次の花以外に珍しいカムチャッカの花を撮ってたら又皆さんに紹介して下さい

「チョウノスケソウ、イワブクロ、イワギキョウ、トウヤクリンドウ、チシマクモマグサ、ミヤマアズマギク、エゾタカネヤナギ、コケモモ、ヤナギラン、クロトウヒレン、チシマフウロ、エゾツツジ、エゾハコベ、アキノキリンソウ、チシマヒナゲシ、チシマクワガタ、タカネシオガマ、ウルップソウ、チシママンテマ」


カムチャッカは火山地帯やから富士山みたいな山がゴロゴロしてるみたいやねえ
コーリャーク山(3,456m)、アバチャ山(2,741m)もそうだし,北部にあるカムチャッカ最高峰のクリュチェフスカヤ山(4,835m)なんか富士山の兄貴分やで

ペトロパブロフスクはロシアにとって重要な不凍港で、ベーリング海峡の名前となったデンマーク人のビトス・ベーリングによって発見された湾の中にある港・町ですよね

その時にロシア帝国に依頼されてベーリングが使った調査船(2隻)「聖ペトロ号」「聖パウロ号」の名前からペトロパブロフスクという地名が付けられたと言うよ

サケ、カニ、毛皮の集積地として栄えて、この為体重600kgもあるカムチャッカ大ヒグマが毛皮を取る人間によって絶滅したらしい


まあ日本は○●暑くて山どころじゃないから涼しいカムチャッカの話題がいいねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html



28549.Re: 堂山の皆さんより〜
名前:え〜ちゃん    日付:2017年07月24日(月) 21時33分
Original Size: 640 x 480, 84KB

エントツ山さん、こんばんは!

カムチャツカの返事を行った私よりも詳しく調べて頂きましてありがとうございます、
しかし空港には売店もなく、街中のお店も市場と市民のためのスーパー?でお土産店は無かったです、
生物のサケや燻製のサケ、量り売りのイクラなどで、皆さんお土産はチョコレートでしたが、日本に帰り溶けていたようです?

今日も堂山に登り先日谷川岳へ登り〜翌日に尾瀬の至仏山へ行ったトクちゃんがが来て、皆さんがエントツ山さんもお孫さんが夏休みで面倒を見るのが大変では?と心配していましたよ〜
木・金、辺りには来るかも?と話していました!
*トクちゃんから尾瀬のお土産を頂きました〜(^^)/・・待っていますよ〜



28554.Re:   ちまちまとした毎日を送っております
名前:エントツ山    日付:2017年07月25日(火) 10時47分
Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 163KB

日曜日は最終日ののんびり山歩さんの写真展へ行って来ました      月曜日は水蒸気でもや〜とした犬返へ


え〜ちゃん  おはよう

日曜日は山のホームページを同時に始めた「のんびり山歩」さんの写真展に行って来ました
石鎚の美しい写真を沢山楽しませて頂き、お話もさせて貰いました

月曜日は土地の案件で東京の兄貴と共に西条の法務局や家庭裁判所へ出かけた後夕方犬返へ散歩しました
いや〜〜 暑いですねえ

徳ちゃんは谷川岳や至仏山へ行ったのね
今度は344男爵や木村さんの八ヶ岳ですねえ

国会中継を聞いていますが、議員や国政の中心を担う役人は認知症としか思えんわ
新しい法律を作って答弁机にウソ発見器を常備して「記憶にございません」と言った途端に「ウソピー」ランプが点くようにしたらええと思うんだけどねえ


今日は堂山へ行けそう

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchi-24ohjisha3.html


28546.茂ノ森、杖立山 返信  引用 
名前:山としまなみ(バリィ)    日付:2017年07月25日(火) 09時53分
Original Size: 400 x 300, 76KB Original Size: 400 x 300, 33KB Original Size: 400 x 300, 62KB

エントツ山さん、今晩は。

 いつも我が隊の優秀な広報係から隙だらけMRビーンの山行きレポを報
告させて頂いています。

 昨日の22日は、残念なことに広報係をはじめ、メンバーが集まらず、
四国1000m峰に単独で行ってきました。

 今回の茂ノ森、杖立山などのマイナーな山は調べても余り役に立つ
ものがありません。今回の二座の下調も、しままなみ隊のレポに助け
られました。因みに、私の会社での昼の休憩時間は次の山の下調べ時
間になっています。(大きな声で言えませんが、念のため)

 茂ノ森はしまなみ隊のレポで十分でした。

 次の、杖立山は北川からのルートが一般的ですが、大豊町のHPによる
と、ゆとりすとパークから山頂尾根に向けて風力発電所建設工事のため、
立入を控えて下さいとの記事が有りました。

 そのため、反対側の大豊町和田から嶺北ネイチャーハンドブックにあ
るルートで登ることにしました。

林道入口にある鹿避けのフェンスから入って行くと、私の体と一体に
なっている愛車が真価を発揮してくれました。

荒れた林道を登り詰めると、樹木が切り倒され、地肌がむき出しになり

平らになったピークから杖立山の山頂の西を通り、ゆとりすとパークの方へ

延びる林道ではユンボが働いていました。

 
 そこから山頂まで、10分程で着くことが出来ましたが、アホみたい楽
に登れ、得したような、興ざめしたような複雑な気持ちでした。

 まるで、パリーグのBクラスの消化試合を見ている気分でした。

残り、61座になりましたが、来年には完登したいものです。


@、茂ノ森山頂

A、杖立山の林道終点付近

B、杖立山山頂



28553.Re: 茂ノ森、杖立山
名前:エントツ山    日付:2017年07月25日(火) 10時18分
Original Size: 900 x 605, 185KB Original Size: 900 x 856, 164KB

 しまなみ隊「茂ノ森」ログ    杖立山・和田ルートを含む周辺図


お仕事中のMR.バリー おはようございます

杖立山の山行はこのシリーズのかたを付けた後に、地形的にも歴史的にももう少し捻ったルートを検討して欲しい所ですね
特にお隣さんの梶ヶ森への縦走を絡めると面白い気がします

早田さんも相当昔に北側のJR土佐穴内駅から苦労して登られておりますね

最近のメインルートはむらくもさんやはるちゃん達も歩かれている南側の「北川ルート」になっている様です
こもれびさん達は和田ルートと北側ルートの両ルートを歩かれておりますが、バリーさんの様に愛車四駆と一体化までされていないので林道を堅実に歩かれてますわ

林道を揺られて山頂への歩きが10分、20分じゃあ山の印象が薄い物となってしまうので勿体ない様な気もします

残り61座になりましたか
早くこの呪縛から解放されてゆったりと自由な四国の山を楽しめる老後を期待しておりますぜよ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchi-24ohjisha3.html


28547.富士山 返信  引用 
名前:toshi    日付:2017年07月24日(月) 13時35分
Original Size: 1024 x 683, 83KB Original Size: 1024 x 683, 97KB Original Size: 1024 x 683, 91KB

エントツ山さん こんにちは!

21-23日に富士登山に行って来ました。前泊し、朝6時半より登り始め、
富士宮口の頂上に12時半到着。途中休息も含め、約6時間かかりまし
た。標準コースタイムが5時間なので上出来かな?結構当チームが渋滞
を起こしていたので、その割には早く到着したと思われます。BAツア
ーでは1番短時間で登れたと言ってました。ちょっと登っては止まり、
の繰り返しは非常に疲れます。9合目から上では立ち止まった時に頭が
くらくらして、少しヤバかったです。何とか剣が峰まで登れて良かった
です。天候も8合目付近で小雨に降られ、頂上まで雨具のお世話になり
ましたが、その後は、御殿場コースの8合目小屋まで下りる間は、晴れ
間も見えてまずまずでした。富士山から遠方の眺めは残念ながら見えま
せんでしたが。
次の日のお楽しみのご来光は、わずかに雲の隙間から見える程度で期待
に応えてはくれませんでしたが。朝焼けが少し見えたので良しとしまし
ょう。宝永山にも登り、大砂走りも楽しみました。
メンバーの内、2人が疲労あるいは軽い高山病でガイドさんは大変で、
最後は背中におぶって下りてました。皆の迷惑にならないように気を
つけたいと思いました。
余談ですが、富士山登山協力金1000円払いましたよ。

写真は、富士宮口より見上げる富士、富士宮口頂上、剣が峰です。



28552.Re: 富士山
名前:エントツ山    日付:2017年07月25日(火) 07時26分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 165KB

7.5合目から見る御来迎        山小屋の様子     7.5合目から山頂を見る



toshi ちゃん  おはよう


7月21日〜23日と言えばベースキャンプの富士山ツアーだったのね
前泊して富士宮口新五合目から一気に剣ヶ峰へ上り御殿場口の八合目山小屋泊ってスケジュールはシンプルで良いかも知れないね

私も10年前になるけど富士宮口から剣ヶ峰に登ってその日の内に家族の待つ河口湖登山口へ下りた事があります

宝永山や山頂での御来迎って条件を付加すると朝の02時に山小屋発とかのスケジュールになっちゃうわ

去年の富士山は事情で7.5合目までしか行けなかったけど、そこからでも結構御来迎は見る事が出来ましたわ

去年もう一度1合目から富士山へ行く予定でしたが天気を見ている間に山小屋が閉ってしまいました
今年も色々あって行けそうにもありません


toshiちゃんも私も四国でそこそこ山を歩いているから高山病の件はさておき、空気が薄いからゆっくり歩けばまあどうって事もない

伊予の鈍亀さん達は山登りを始めた時に「山登りをするんだったらまず富士山から」「次に2番目と三番目(北岳、間ノ岳)」ってフツーの人の真逆な発想で里山を歩く前に富士山へ行ったらしいわ 変わってるやろ?

普段コレと言って運動もそんなにしていない人達も沢山登るから渋滞が起きますね
北アルプスの縦走路でもちょっとした岩場で大渋滞が起きるのと良く似てますね

まあ32人もツアー客がいれば1人、2人は体調を崩す人が出るわ
ガイドの人は大変やねえ

ベースキャンプもカムチャッカとか大キレットとか表銀座を槍ヶ岳までとか色々頑張ってますねえ


富士山レポ ありがとう


エントツ山

 
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaifujisan.html


28544.伊予富士 返信  引用 
名前:はるちゃん    日付:2017年07月23日(日) 19時54分
Original Size: 1000 x 636, 97KB Original Size: 1000 x 611, 96KB Original Size: 1000 x 663, 97KB

エントツ山さん今晩は。
今日は山仲間と久し振りに高山の涼風を肌で感じて来ました、

1年振りの伊予富士でしたが高所はガスも手伝い里山とは全く違う涼しい雰囲気で歩きました、
裏側から登ったため余力も少しあり下山時東黒森も3年振りに覗いて来ました。

はるちゃん



28545.Re: 伊予富士
名前:はるちゃん    日付:2017年07月23日(日) 19時56分
Original Size: 1000 x 663, 96KB Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 97KB

追加写真です



28551.Re: 伊予富士登山口の水場
名前:エントツ山    日付:2017年07月25日(火) 00時30分
Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 800 x 600, 147KB

銅山峰ヒュッテから伊予富士トウチャコ〜  水場は瓶林・伊予富士登山口   ビバークもこの水場付近



はるちゃん  今晩は

今日は夕方犬返へ鐘を鳴らしに行きましたが暑うおました〜
日曜日に元気に伊予富士、東黒森を歩かれたんですね

伊予富士の瓶林登山口は石鎚山系の縦走にとって重要な水場となります
5月に東赤石から石鎚まで縦走した時も笹ヶ峰で丸山荘へ下りるのは水場としてはいかにも遠い
かと言って瓶ヶ森の瓶壺までは遠い・・・
となれば、この瓶林・伊予富士登山口の水場が実に有り難いのです
この水場で補水して稜線でビバークしました


私が山歩きをして間もない頃、この瓶林登山口から伊予富士へ行こうと梯子を上りました
すると右手に赤テープがあるので、このテープに従って沢を渡らずに右手の笹薮を這い上がって行きました
途中、ガレ場があり見事な霧氷で感激したのですが道がありません
笹を漕いで上を目指すと何と着いた所が伊予富士山頂でした

その時、下山時に正規の登山道を確認し中学校時代の同級生を沢山誘って「お手軽な伊予富士登山道があったから案内するわ」と出かけたのです
すると旧寒風山トンネル口でゲートが閉っている 
(運悪く登山日が12月1日か2日だったのですが、当時このゲートが12月で閉る事さえ知りませんでした)

で・・・登山未経験者を連れて桑瀬峠から伊予富士を目指しました
足を攣らす者、マメが出来る者、疲労困憊する者、お腹が空いて歩けなくなる者が続出して・・・次から山に誘っても誰も来なくなってしまいました


そんなこんなでしまなみ隊にお世話になりながら登山歴も17年を迎えようとしております


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchi-24ohjisha3.html


28540.御塔谷から石鎚北壁第一ルンゼへ 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年07月23日(日) 16時08分
Original Size: 800 x 534, 161KB Original Size: 800 x 617, 162KB Original Size: 800 x 591, 165KB

@今回遡行図 A入渓するとゴーロ帯 B最初の神秘的な15mの滝

エントツ山さん、こんにちは。梅雨が明けで今年も非常に暑いですね。
今年の梅雨は愛媛では雨が少なかったので、去年のように沢も水不足になるかも知れません。

さて、昨日は石鎚の北壁が源流となる「御塔谷」を遡行してみました。御塔とはそばにある天柱石のことでしょうか?
西之川からは日帰りは無理なので、石鎚の国民宿舎下の駐車場から天柱石へ向かう道を1時間ほど辿り入渓。

この谷は結構立派な滝が幾つもあり、それを越えるのに崖に近い急傾斜の木の根を掴みながらのスリリングな高捲きの連続でした。
最後の滝を越えてしばらくするとナメが連続しており、ゴールの土小屋からの石鎚登山道との合流点まで続いていました。
この石鎚北壁第一ルンゼのナメはまったりと歩けるものではなく、傾斜が結構あるので気が抜けず、最後は四つんばいになって這い上がりました。

入渓してからようやく5時間、くたくたになって登山道に到着。ここでしばらく休んでいると、続々と石鎚から下山してくる一般登山者の目が少し気になりました。
石鎚は標高が高いのでもしかして沢は寒いかと思いましたが、この時期はさすがに暑くて水に濡れてちょうどよかったです。



28541.Re: 御塔谷から石鎚北壁第一ルンゼへ
名前:弁天山    日付:2017年07月23日(日) 16時10分
Original Size: 578 x 800, 163KB Original Size: 800 x 598, 158KB Original Size: 800 x 600, 163KB

Cこれも立派な第二の滝 右の急傾斜を大きく捲く Dなかなか端正な第三の滝 右岸の崖を巻く E滑り台のような岩に水が流れる 

追加写真です。



28542.Re: 御塔谷から石鎚北壁第一ルンゼへ
名前:弁天山    日付:2017年07月23日(日) 16時11分
Original Size: 590 x 800, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 603, 159KB

F第四の滝 G今度は斜度のあるきついゴーロ帯 H最後の10m滝 かなり水量が減った 

さらに追加



28543.Re: 御塔谷から石鎚北壁第一ルンゼへ
名前:弁天山    日付:2017年07月23日(日) 16時12分
Original Size: 568 x 800, 161KB Original Size: 574 x 800, 165KB Original Size: 555 x 800, 163KB

I最後の滝を越えると今度は長いナメ帯に Jナメがどんどん続く Kようやくゴールの石鎚登山道にかかる木橋が見えた

さらに追加。



28550.Re: 御塔谷から石鎚北壁第一ルンゼへ
名前:エントツ山    日付:2017年07月24日(月) 23時18分
Original Size: 785 x 800, 97KB Original Size: 750 x 562, 79KB Original Size: 328 x 500, 40KB

石鎚36王子社の滝行場(御塔谷)    祈りの滝       祈りの滝行場の様子



弁天山さん  今晩は

天柱石は御塔石(おとういし)とも呼ばれているから、その谷を御塔谷(おどうだに)と呼ぶらしいよ

三番目の写真、弁天山さんと一緒に写っている滝が石鎚36王子社の第二十七滝王子社の修行場「祈りの滝」です
弁天山さんが立っている岩が座禅石かな?

第二十七 祈滝王子社

『窟の薬師の向い側にある。この王子は祈り滝行(ぎょう)の滝、行(おこない)の滝などと言い十二所権現を祀っていると云う。
役の行者が石鎚山中をさまよい、力尽きて成就社に帰り下山しようとした時、白髪の老人に諭され(斧を砥いで針にする)再び勇気をふるい起し、
この滝に来て七日七夜の断食をして、座禅を組み祈っている内に満願の日にこの滝が二つに割れて御光がさしたので
愈々(いよいよ)この山中に石鎚大神が鎮まってい ることを感じ、練苦の末弥山に登り、願望を達したと云う。
この滝に行者の座禅石がある。然しこの滝は嶽にして常人は行くことが出来ない。至って峻険である。』(十亀和作著 旧跡三十六王子社より)


「この滝は嶽にして常人は行くことが出来ない。至って峻険である」と言う割には比較的簡単に行けるよね

皿ヶ嶺や剣山などと同じように御塔谷を詰めてあのガレ沢を木道に這い上がる弁天山さんを登山者が見たら驚くわ

「酔狂な人」ここにアリやね

下のURLはこの辺りの石鎚36王子社巡りのHP URLです


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishiduchi-24ohjisha3.html


28534.石鎚山 返信  引用 
名前:リップ    日付:2017年07月21日(金) 09時57分
Original Size: 800 x 600, 93KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 100KB

こんにちは。
今(午前9時)室温30度。あんまりだ。昨夜は寝れなかった、後で昼寝するわ。

昨日石鎚へ掃除に行ってきたわ。普通私は月1だけど今月は2回め。半月経つとお花がすっかり入れ替わるわ。
ミヤマダイコンソウやユキワリソウの咲いてた壁はヤマブキショウマで埋まってた。
ノリウツギも咲きだしたし、いちばん華やかなのはヤマアジサイ、その他いろいろ。

普段、私は歩くタイムは気にかけないのよ。自分が歩けるペースでしか歩けないし、着いたタイムが自分のタイム。
でも近頃ちょっと気になる。体力のこと。先日の西穂が良かったから来年は奥穂って今から約束してるのよ。
で、石鎚頂上までどのくらいかかるかというと3時間(ロープウェーから)。かかり過ぎってがっかりしてた。
でも頂上で近くのカップルが「3時間ちょっとかかった」とか話してて、そうかとちょっと安心したわ。

でトレーニングのことはいつも頭にあって、この火曜日に真昼間、笠松山に友と行ったら蒸し暑くて、風、日陰なし、上から地面から照りつけて辛いったら。
友が心臓トントンが収まらないから降りるって頂上へいけなかった。私も以前歩けなくてやめたことが有るわ。夏の笠松は登り方考えんといかんわ。
はるちゃんはどんな登り方してるんかな?

1・・ちょっとガスがかかるくらいが涼しくていいわ。
2・・町のアジサイはあんまり心動かないけどヤマアジサイは繊細でかわいい。
3・・石鎚にあるからイシヅチボウフウでしょうね。



28535.Re:っ日々是訓練
名前:エントツ山    日付:2017年07月21日(金) 20時31分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 157KB

i 石鎚            八巻岩峰         石墨山 


リップ姐  今晩は

石鎚のトイレ掃除ご苦労さん
お山祭りも終わって静かな石鎚になっているんでしょうか

歩行時間が気にならない、気にしないって言うのはそう言う山を、そう言う行程を歩いている訳で、リップ姐の様なベテランになると大まかな計算が出来る
決して行き当たりばったりという訳ではないですよね

我々の年代になるとスピードが出ないから無理もできませんわ
ロープウェイから石鎚山頂まで3時間ならそこそこの山は歩けます
(土小屋から3時間だとちょっと厳しいかな?)


なべちゃんとの冬の西穂高 よっぽど印象深かったんやね
でも冬の奥穂は厳しいと思うよ〜
冬は木曽駒とか八ヶ岳の方が歳相応かも知れませんわ

東赤石で会ったゆ〜ちゃん・ダーリンも冬の木曽駒は良かったと言ってました

夏場のトレーニング場は木立がある里山がいいですねえ
でもいくら木陰が無いっても笠松山で撤退するようじゃ先が思いやられますぞ

「山女 歩道橋では 息が切れ」

やはり志(こころざし)を持って気合が入らないどんな山もしんどいです


エントツ山


          

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28530.お手軽な金峰山・国師ヶ岳・北奥千丈岳と 富士山の展望所 三ツ峠 返信  引用 
名前:おじょも    日付:2017年07月20日(木) 21時14分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 675 x 900, 163KB

エントツ山さん   皆さん   今晩は


最近は 異常気象で 局部的に大雨になったりで大変ですね

連休は 奈良の大峰山を 予定していましたが あそこは 大雨がよく降る場所
天気予報を見て 急遽 関東奥秩父の 金峰山に変更して 行って来ました



大弛峠(おおだるみとうげ)からの お手軽 登山
峠を挟んで 金峰山と 前国師ヶ岳・北奥千丈岳・国師ヶ岳


特に 金峰山は 日本百名山で 大きな五丈岩が有名で とても人気があり
この日も 大勢の人達が来ていました



五丈岩は もっと 簡単に登れるのかなと 思っていたのですが
実際 その場に行くと ロープも鎖もありませんので 二箇所 シビアな所がありました

初登頂が出来て 満足・まんぞくです




翌日は 二百名山の岩場・鎖場がある 乾徳山に行こうとしたのですが
上りのコースタイムが 約4時間 下りも入れると 7〜8時間

下山してから 香川県に帰るので もっと 楽な山がいいと言う事で
名物 ほうとうを食べ そこで三ツ峠の登山口の情報を仕入れて 急遽 三ツ峠に 決定


三ツ峠も 一度は行って見たかった場所
のんびり歩いて 約90分 富士山の素晴らしい展望所に到着 

素晴らしい 景色を堪能して 河口湖の温泉に入って帰りました





そのブログです・・・・
http://ohara98jp.exblog.jp/



28531.Re: お手軽な金峰山・国師ヶ岳・北奥千丈岳と 富士山の展望所 三ツ峠
名前:おじょも    日付:2017年07月20日(木) 21時21分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

追加写真


富士山の素晴らしい展望所   三ツ峠



山小屋へ行く 車高の高い 4WDジープ 
4輪にチェーンを巻いています

普通の 4WDでは 登れない場所が何箇所もある
http://ohara98jp.exblog.jp/



28533.Re: 遠征のおじょも 岩場好きのおじょも
名前:エントツ山    日付:2017年07月20日(木) 23時22分
Original Size: 1024 x 522, 160KB Original Size: 900 x 857, 163KB Original Size: 1024 x 637, 165KB

      金峰山           三つ峠山        関東方面の山々 



おじょもちゃんちゃこ 今晩は

しっかしおじょもさんのグループは遠征が多くて羨ましいわ 
金峰山のレポ読んだせよ  相変わらず岩崖が好きな男じゃ

地図で金峰山を見ると辺りに日本百名山がゴロゴロしてるねえ
南アルプスや八ヶ岳の東側は全く知らない山ばかりです

三ッ峠山は位置的にも富士山の大展望所ですねえ
ここは行ってみたい気がします
工事中のレポ はよ完成させてよね


エントツ山     
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28525.東赤石〜西赤石 縦走 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年07月20日(木) 09時25分
Original Size: 800 x 521, 164KB Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 450 x 800, 165KB

エントツ山さん おはようございます。

梅雨明けしましたね〜
暫くご無沙汰してしまいました。
梅雨の前半は家の用事多く、山に行ってなかった。
これでは、アルプスには行けないと、ここ1週間はブットウシで犬返へトレーニングに
行っていました。
今日は、トレーニングの集大成で東赤石から西赤石縦走してきました。
熱かったけど途中にわか雨が降ったりして、犬返よりは涼しかったです。

東赤石は皆さんが行かれていた東赤石山荘のお祭りの時とは打って変わって、静かで誰にも会わなかった。
もう一人、縦走した若者に筏津で会いましたが・・・

縦走路は花がいっぱいでしたね。
シコクギボウシ、マツムシソウ、ウバタケニンジン、シュロソウ等々
足元に咲く花々に見とれていると、中々進めず、足元が注意散漫に・・・
亀吉も昨日ばかりは、花に足を取られたか、ふくらはぎを痛めてしまいました。
訓練で痛めていたら何にもならない。
ヒーヒー言いながら下りましたが、少し様子をみます。
一夜明けると、どうも大丈夫そうですが・・・

前赤石は急に雨が降ってきたのでトラバース道を行きました。
雲ケ原は暑くて、汗みどろ。
シモツケなど夏の花が咲いていました。

昨日は、展望がなかったけれど、カンカン照りよりはましだったかもしれない。
何はともあれ縦走出来て良かった〜



28526.Re: 東赤石〜西赤石 縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年07月20日(木) 09時30分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 800 x 450, 151KB

写真追加です。
1は前赤石トラバース道です



28527.Re: 東赤石〜西赤石 縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年07月20日(木) 09時32分
またまた追加。
1;オトメシャジン
2;マツムシソウ
3;シュロソウ


28528.Re: 東赤石〜西赤石 縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年07月20日(木) 09時34分
Original Size: 800 x 450, 146KB Original Size: 450 x 800, 165KB Original Size: 800 x 450, 152KB

すみません、写真が後になりました。



28529.Re: 東赤石〜西赤石 縦走
名前:伊予の鈍亀    日付:2017年07月20日(木) 09時37分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 450, 163KB Original Size: 800 x 450, 155KB

雲ケ原の花です。



28532.Re: 東赤石〜西赤石 縦走
名前:エントツ山    日付:2017年07月20日(木) 21時32分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 445 x 627, 176KB

    東赤石山         ヒマワリも項(うな)垂れる    靭(うつぼ)=箙(えびら)


伊予の鈍亀さん  今晩は

犬返は往復2時間半程ですが標高差が500m程あって結構トレーニングになりますねえ

東赤石と石墨山は亀美さんの方が犬返トレで靴づれが出来たと聞いてたのでお誘いしませんでした

東赤石から西赤石への縦走は我々にとって登山口へのアクセスが良いので比較的お手軽な縦走ですよね

雲ヶ原付近の縦走路にクガイソウやアザミにアサギマダラがやってくるのですが、東温アルプスでヨツバヒヨドリに寄ってくるアサギマダラが2〜3頭でしたから未だ少し先でしょうか

亀ハメハ大王がふくらはぎを痛めましたか  もう歳ですからねえ・・・
軽い肉離れとか筋肉断裂でしょうか
遠征は少し様子を見た方が良さそうですね
そろそろタイツ式のスパッツをこっそりズボンの下に着用しましょうよ

娘の家近くのヒマワリも重力に耐え切れずに首(こうべ)を垂れていますわ


ウツボグサって里にも良く見られる花ですが結構豪華な色をしてますよねえ
靭(うつぼ)は武具の矢入れから名付けられていますが、先日ダブルO1,2号さんと歩いた峨蔵山のエビラ山もこれと同じ箙(えびら)=矢入れの箱部の形から来ております

花や山の名前が武具や仏具の形から名付けられてものが多いですねえ

エントツ山


  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28513.笹ヶ峰のお山開き 返信  引用 
名前:ヒコーキ3号    日付:2017年07月17日(月) 20時48分
Original Size: 992 x 685, 117KB Original Size: 907 x 531, 64KB Original Size: 850 x 638, 103KB

エントツ山さん、こんばんは!
日曜日はお花もいっぱいで、山友の皆さんも来ていて、大にぎわいの東赤石でしたね!!
しんどいけど、この季節は東赤石山最高ですね!!!

私は1号さん、5号さんと初めて、笹ヶ峰のお山開きに誘って頂き行ってきました。
西条市役所の方達で、笹刈りや、 心温まる 手造り流しそうめんを企画してくれて、
美味しいおそうめんもお腹いっぱい頂き、山頂では、お山開きの行事にも参加して、
改めて、山の神様の偉大さを感じました。

叉、びっくりしたのは、今月もうすぐ予定日の妊婦さんが2歳の子供さんをつれて、
ご主人と一緒に登山に来ていました。おそうめんを食べていて、丸山荘から下山するかと思いきや、頂上まで、登りました。   びっくり!!!

この場をおかりして、 妊婦さん!どうか元気にご出産してください。

いろんな方と出会った思いで深い、楽しいお山開きでした。
西条市の方達とフライトもして頂きました。
皆さんありがとうございました。

出会いがいっぱいの笹ヶ峰でした。


山伏さん達、参加の皆さん
西条職員お世話の皆さんとヒコーキ編隊
妊婦さんと流しそうめん



28520.Re: 笹ヶ峰のお山開き
名前:エントツ山    日付:2017年07月18日(火) 21時23分
Original Size: 795 x 1024, 164KB Original Size: 550 x 412, 46KB Original Size: 900 x 675, 165KB

大生院・正法寺から笹ヶ峰戸登拝道    堂ヶ平の権現山2体  蔵王権現像は3体ある


ヒコーキ3号さん 今晩は

笹ヶ峰のお山開きに行かれたんですね
笹ヶ峰は瓶ヶ森と並んで奈良時代から修験者が修行したお山ですよね
今でこそ笹ヶ峰も瓶ヶ森も簡単に登れるようになりましたが当時は道中が大変だったと思います

瓶ヶ森の場合は西条の黒瀬から龍王山のある天河寺〜菖蒲峠〜荒川修験所を経由して男山の蔵王権現へ登拝してた様です

笹ヶ峰も別当寺の大生院・正法寺(しょうぼうじ)から大野山〜傾山〜堂ヶ平〜黒森山〜沓掛山〜西山越〜笹ヶ峰のルートみたいです

笹ヶ峰の別当寺は大生院「正法寺」ですがその開祖は寂仙(じゃくせん)=上仙(じょうせん)と言われる人で、この人は新居浜の「一宮神社」矢野家の祖らしいです
寂仙さんは笹ヶ峰や瓶ヶ森で修行を積んだり、石鎚の成就社に修行小屋を建てたりしたとの伝聞が残っているそうです

随分前に大永山トンネル口から笹ヶ峰へ行き、そこからこの笹ヶ峰登拝路を下ろうとしましたが、日没で道が分からなくなって西側の早川へ下りてしまいました

笹ヶ峰のお山開きに来られている山伏さんの一人は秋に八巻祭(東赤石・八巻山)に来られる方でホラ貝を鳴らして拝載(はいたい)も受けた事があります

やはり修験者の衣装を身にまとった人がおられると心が引き締まりますねえ

石鎚に比べて元祖・修験の山「笹ヶ峰」は少し静かですが、それはそれでいい集まりとなりますわ

追1)前述の正法寺の檀家さんが2体の蔵王権現像を大生院から笹ヶ峰に運ぶ途中で力尽きて黒森山近くの堂ヶ平(どうがなる)へ置いたって話は有名で今でも仲良く並んでおりますね

追2)笹ヶ峰の山頂の祠には右上に刀を持った「不動明王」と祠の中に「蔵王権現」が鎮座されておりますが、祠の左側に石版に掘られた古びた蔵王権現像があります
又、赤いクレパス君が更に石積みの中からもっと古い蔵王権現像を掘り出して喜んでおりましたわ


笹ヶ峰のお山開きレポ ありがとうございました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonotata-sasagamine-dec2011.html



28521.Re: 笹ヶ峰のお山開き
名前:ヒコーキ1号    日付:2017年07月18日(火) 22時01分
こんばんは。
遅くなりました。あまり深く興味があったわけではないのですがソーメン流しに釣られて参加したのですがほら貝を吹かれてた行者さんが道々興味のある話をして下さり結構楽しかったですね。
石鎚山のお山開きには規模でとうていかないませんがひとりひとりの顔が見えるようなこじんまりとしたお山開きも良いもんだと思いましたよ。
ちなみにチチ山は高齢化の為に取りやめになってるようですね。


28524.Re: 笹ヶ峰のお山開き
名前:エントツ山    日付:2017年07月18日(火) 23時57分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 800 x 600, 139KB Original Size: 900 x 675, 163KB

東赤石〜石鎚縦走時に笹ヶ峰を通過(5月)  かっこええ〜〜   高知の植田さん90歳


ヒコーキ1号さん  今晩は

今年、冬の大山では盛り上がりましたねえ
笹ヶ峰のお山開きには5号さんもご一緒でしたか  元気な人ですわ

石鎚お山開き大祭は何故か毎年引き寄せられて行っております
大勢の人がそれぞれの人生を背負ってお山に来られる訳で、同じ空の下で集う事も何か不思議な気がします

赤いクレパスさんやきゅんちゃんと会うのも又楽しみです
会って別にどうって事もないのですが「お〜〜 やっぱり来てたんか〜」と再会を素直に喜び合えます

高知の春野町から90歳の植田さんという方が来られておりお話を伺うと若い時は池川から登ってきていたそうです
今でも石鎚へ来る前は海か川で清めをしているそうです

笹ヶ峰のお山開きも丸山荘でのそうめん流しなんかあって楽しそうですねえ


エントツ山   
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html


28516.ヒウチ谷を白糸の滝を越えて上林峠まで遡行 返信  引用 
名前:弁天山    日付:2017年07月17日(月) 22時55分
Original Size: 599 x 800, 162KB Original Size: 800 x 599, 161KB Original Size: 579 x 800, 161KB

@今回遡行図 A入渓すると階段状の滝がある Bここも気持ち良く直登できる

エントツ山さん、こんばんは。今日も暑かったですね。
木曜に遡行した御祓川の疲れがまだあったので、近場で手軽な沢ということで、東温市の名瀑「白糸の滝」がある「ヒウチ谷」を上林峠まで遡行して見ました。

ここは白糸の滝まで観光遊歩道があるのですが、川の中を歩いてみると、階段状の滝がいくつも連なっていて直登できます。
白糸の滝まで30分弱でしたが、暑いので水が冷たくて気持ちいいし楽しく遡行できました。

白糸の滝は急な斜面を高巻きましたが、ここの土壌は非常にもろくて滑りやすく気を遣いました。
滝の上部は非常に切り立った地形で懸垂下降を2回して川原に復帰。
水量は思ったよりありましたが、もろい土石の流入や倒木であまりきれいな沢とは言えませんでした。

ナメも所どころありますが、落石などで埋まっていることが多い様子。
途中2つほど大きな滝があり、私には直登は無理で高巻きましたが、これも急な斜面なうえ、掴んだ小岩がぽろっと剝がれたりするなどややリスキーな沢でした。

沢の上部は砂防ダムやよく分からない工事でさらに荒れており、とどめは林道手前が大規模に埋め立てられているなど興醒めで残念でした。
最後はいくつもの分岐がある急斜面のガレ場となり5分ほど笹藪を漕いで上林峠付近の縦走路に出て遡行終了。お手軽なはずが4時間半もかかってしまいました。

総括としてこの沢の上部は遡行対象外であり、結局、沢の入口から白糸の滝までの最初の30分がメインでした。
白糸の滝までなら初めての沢登り練習にはいいかも知れません。
(でも見物客がいたら驚かれること必至ですが…私は幸い誰にも会いませんでした)



28517.Re: ヒウチ谷を白糸の滝を越えて上林峠まで遡行
名前:弁天山    日付:2017年07月17日(月) 22時56分
Original Size: 593 x 800, 162KB Original Size: 573 x 800, 157KB Original Size: 800 x 603, 160KB

C白糸の滝が見えてきた D白糸の滝で記念撮影 久々に見たが、やはり美しい滝だった E白糸の滝の落ち口から下を覗く 

追加写真です。



28518.Re: ヒウチ谷を白糸の滝を越えて上林峠まで遡行
名前:弁天山    日付:2017年07月17日(月) 22時58分
Original Size: 800 x 617, 163KB Original Size: 800 x 609, 162KB Original Size: 596 x 800, 162KB

F20m?位落差のある斜滝の上から見下ろす Gナメも所どころはある Hこの滝も直登できず高捲いたが非常に険しかった 

さらに追加



28519.Re: ヒウチ谷を白糸の滝を越えて上林峠まで遡行
名前:弁天山    日付:2017年07月17日(月) 23時00分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 593 x 800, 165KB Original Size: 800 x 599, 163KB

I無粋な砂防ダムと工事車両 沢は土砂で埋まってました J工事箇所を過ぎると直登できる小滝が K稜線まであと僅かの最後ガレ

さらに追加。



28523.Re: ヒウチ谷を白糸の滝を越えて上林峠まで遡行
名前:エントツ山    日付:2017年07月18日(火) 23時33分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 159KB

 東赤石登山道沿いの沢     法師山北側のヨツバヒヨドリ   月曜日はガスってたけど・・・


弁天山さん   今晩は

月曜日の午前中は東温アルプス付近はガスってたから上林峠付近もあまり天気が良く無かったでしょ
唐岬の滝から沢筋に入って「今日は弁ちゃんもおとなしくしてるだろうなあ」って思ってたのに、又行ってたんや〜

のめり込む対象が酒や♀では無くて沢で本当に良かったわ  

沢歩きは複数人数で行けば良い現場写真が撮れるんだけど一人だとチト寂しい写真になるわ
でも夏場の沢写真を見てると涼しくなるし水の音や小鳥のさえずりが聞こえてきそうや

そうそう 高巻の判断は結構難しい時があります
あんまり手前から這い上がると途中で行き詰まったり、ギリギリで行きたいんだけど適当な足場や手がかりが薄かったりと・・・

私は「高巻のエントツ山」という異名があり、ちょっとヤバい滝だと判断するとさっさと高巻ルートへ行ってしまう

要は怖がりなのよね
特に単独の場合は見栄を張る必要もなく弱者になれる

砂防ダムについては良く分からん
以前、「土佐の仙人」さんと砂防ダムについて木の根ふれあいの里で話をした事があるんだけど、彼の様に土木の専門家に言わせると「砂防ダム」は必要でこれが無いと河川が酷い事になると言ってたわ

確かに今回の九州水害などを見ていると水の力は強大で恐ろしい
植林地の整備不足などもあるんだけど、流木があんなに押し寄せるんじゃねえ

兎に角、弁天山さんの紹介してくれるナメ沢は単独でも比較的安全で楽しめるわ

皿ヶ嶺の沢ももう攻めどころが残ってないのでは・・・


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonotata-sasagamine-dec2011.html


28503.山犬嶽大汗行 返信  引用 
名前:kamatama    日付:2017年07月16日(日) 20時28分
Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 800 x 533, 90KB Original Size: 748 x 374, 89KB

エントツ山さん、こんばんは。
飯野山の登山道修復作業お疲れ様です。

ワタシはカメちゃんと二人で徳島の山犬嶽に行ってきました。
大滝山くらいしか標高がないので暑かったです。
噂のコケ庭園は見事でした。棚田や水車小屋など、見所多し。
ただ、暑すぎ!全身ビチョビチョ。

それと、マイナーな山の割に登山者が多いな〜と思ったら、ちょうど今朝の徳島新聞で紹介されたとのことでした。
さすがマスコミパワーであります。



28505.Re:やっぱこの時期標高は1,500mを越えたいね
名前:エントツ山    日付:2017年07月16日(日) 21時07分
Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 156KB

    東赤石〜八巻山へ


kamatama さん  今晩は

山犬嶽は未だ行った事がないけどはるちゃんレポで見た事がある
確かえ〜ちゃんも行った事があるから誘っても来なかっただろ?

徳島新聞では「しっとり神秘的 上勝・犬山嶽コケの群生」の見出しで
「上勝町の山犬嶽(997メートル)で、みずみずしさを増したコケの群生が見頃となっている。大勢の登山客らが、幻想的な光景を求めて足を運んでいる。
登山口から歩いて約30分。雨水でしっとりとしたコケが岩や木を緑一色に覆い、神秘的な世界が広がっている。木漏れ日が差すと、きらきらと美しく輝く。
辺りはひんやりと涼しく、夏の暑さを感じさせない。登山客は写真撮影を楽しみながら、緑のじゅうたんに癒やされていた。」

と紹介されてましたよねえ

コケが多いって事は降水量が多い場所なのかしらねえ


この時期は標高が高い山で涼風に吹かれたいわ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html



28510.Re: 八早山 大森山大汗行
名前:ヘキチョウ    日付:2017年07月17日(月) 15時03分
Original Size: 718 x 600, 159KB Original Size: 800 x 600, 159KB Original Size: 592 x 800, 157KB

エントツ山さんこんにちは。

kamatamaさん 同じく徳島の山の大汗つながりで、お邪魔いたします。

MR.Bのミッションで昨日R195からすぐの登山口から八早山・大森山の順で縦走しました。

MR.Bの申すところ、この2座は「山とこもれび」さんで周回出来る良いルートを見つけたので
5時間ちょっとで行けるでしょう・・・  ええっ こもさんと同じタイム???

結果は ・・・                                        

早朝の登山口は涼しく、どこにも記述のないすごい大木(何の木か不明)に出会えたりしてはしゃぎ回り、
快調だったが、早々にこもさんのルートがわからなくなり、仕方なく最近付けられたらしいテープに従う。

標高900m位までは踏み跡をたどれたが、2座を結ぶ快適そうな尾根に早く出たいという焦りが生じ
地形図も確認せず、適当に尾根に向かって進む。

その尾根に向かった場所が、石立山と同じく、石灰岩のざれてボロボロ崩れるあしもとで、私は上にも下にも横にも
行けずフリーズすること3回、主人はザレ場で不意に足元が崩れ滑り、その時大きな石が転がりその石がMR.Bの顔を
直撃しようとしたがMR.Bは寸前に首を傾けそれをかわした。MR.Bは強運持ち主なのがよくわかった。
皆大量の汗をかいたのはいうまでもありません。                      

登山道のない急傾斜を這い上がるときは、植林帯か、灌木の茂った場所を選択するべきだった、とあとで
つくづく反省しました。

這い上がった尾根道は地形図の通り快適で、手入れされまっすぐで大きな檜と自然林の良い道です。
途中の三角点からは正面に勘場山が谷底から立ち上がる姿と、いつか行きたい平家平などが見えました。
                                            
ログ図
八早山登山口
出会った大きな木 






         



28511.Re: 大汗行の続き
名前:ヘキチョウ    日付:2017年07月17日(月) 15時27分
Original Size: 800 x 600, 158KB Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 600, 158KB

大森山からはこもさんのルートで、モノレールに沿って下山しました。

どんな急斜面もモノレールを掴めばへっちゃらで、最初は、たのしいわなどど
いっていたのですが、標高差700mをずっと降りるうちもう十分だ思い、全身に力を入れているので
体中が熱くなってこれまでいちばんの大汗をかきました。

結局行動時間は8時間半になってしまいました。汗

尾根道にあった廃屋(こもさんはここに出ている)
植林帯のなかにポツンと蘭を見つけ喜ぶ
大人の遊具 モノレール下り



28514.Re: 今日は抑え気味の藪歩きでした〜
名前:エントツ山    日付:2017年07月17日(月) 21時03分
Original Size: 856 x 774, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 600, 162KB

唐岬の滝登山口から白猪谷〜法師権現〜石墨山周回  ガレ沢渡り    お約束のササユリ


ヘキチョウさん
ほっこり父ちゃん
バリバリ バリーさん   今晩は

ほうほう 今日も1000mをちょっこし越えた徳島の山へ行ったのね
しかしMR.B級はネットで良く下調べしてるんやね  まさか勤務中に? 

コモレスタセニョールの山行記は地図がないんだけれど分岐をちゃんと載せてくれてるから分かり易いよね
レビちゃんもコモさんの単独山行を良く理解して纏められていますわ
コモさんは山勘が外れる事も多いんだけど、この八早山・大森山の場合は不思議とドンピシャ下山されてたよねえ 

我々HP山行記を作る側は主たる理由は自己満足の記録なんだけど、それでも作った山行記を参考にしてくれたら嬉しいもんやで

林道が出来たり道が廃れたりと登山道は変化するんだけど山の形は変わらないから新旧を問わず「良い山行記」に出合うと有用やで

近頃はネットで検索してもつまらん記録がワンサカ出て来るから時間の浪費が多い
しっかりした山行記ってのが大事やね

今日は唐岬(からかい)の滝から白猪峠〜法師権現〜石墨山を周回して来ました
ササユリが目的だったんですが、個人的に過去の山歩きで課題が2つ程あってこれをクリアしてきました


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-7g-takanosuyamaHP.html



28515.Re: 山犬嶽大汗行
名前:こもれび    日付:2017年07月17日(月) 22時38分
Original Size: 640 x 480, 134KB

みなさん、こんばんは。
瑞々しい苔、トンボソウ(?)、ササユリ、すてきですね〜
山はいいですね〜

GPSを持たない(持てない)コモちゃんの山行記はあまり役に立たないと思うけど、
それでも少しでもヒントになればうれしいです。

画像は山から遠のいた私の希望で行った高知のにこ淵です。

URLは、たまたまうまく行ったコモちゃんの八早山、大森山のレポです。
http://surounayamasanpo.web.fc2.com/11-2/1029hassou/1029hassou.html



28522.Re: 東温アルプスの仕上げ部分
名前:エントツ山    日付:2017年07月18日(火) 22時05分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

 前半はドクダミ街道      後半はギンバイソウ街道   笹薮に咲くササユリが嬉しい


こもれびさん   今晩は

にこ淵ははるちゃんや弁天山さんのレポで知りましたがいい色をしてますねえ
コモさんはGPSを使わずに地図とコンパスと山勘で良くあれだけの難路を歩かれているもんだと感心しますわ

見通しの良い尾根歩きはまず問題が無いのですが、藪の中に入ったり見通しの利かない平らな斜面などでは人間の方向感覚は全くアテになりません
時々コンパスを出して見ると全く方角が違っており唖然とする事があります

我々がHPを始めた同志が今だに山歩きの現役で活躍されているのは嬉しいし、お互いエールを送りたいですよねえ

50歳は若かったと痛感する今日この頃です

今回、唐岬の滝から白猪峠経由で石墨山の歩きは以前の苦い思い出の確認でした

その1)2004年に唐岬の滝から石墨山〜東温アルプス陣ヶ森までピストンし、最後は白猪峠から沢ルートで唐岬の滝へ帰る予定でした
所が、白猪峠から下って白猪滝分岐で沢筋を見るとルートがよくわからなくて夜に山の中をウロウロするのが不安になったのです

それで白猪滝へ下りタクシーを呼んで唐岬の滝登山口まで帰りました
この時に弱気になった事が残念で、今回そのルートを歩きました

その2)2014年11月に引地山から皿ヶ嶺〜東温アルプス〜黒森峠を縦走したのですが、最後になって石墨山の手前で日没までの時間計算を誤り途中で引き返してこの山頂を踏まずに黒森峠へ下ってしましました
このルートで滑落事故があり日没後にその場所を通るのが怖くなったのです

あの時、諦めた場所から石墨山まで何分で行けたのか? これが心に引っかかっていました  結果は往復20分で歩けたので当時思い切って石墨山まで行くべきだったとの結論に達しましたわ


一人で山を歩いているとそんな決断の岐路にしょっちゅう立たされるんですねえ  これはコモさんと共有する悩みですわ

で・・・ 済んでしまった過去は永遠に帰って来ないですが、生きてさえいれば小さな後悔は後からおさらいをするチャンスがあるってお話でした〜


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/ishisonotata-sasagamine-dec2011.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb