[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付





32425.雨ヶ森 返信  引用 
名前:グランマー啓子    日付:2019年11月17日(日) 09時29分
Original Size: 449 x 800, 150KB Original Size: 800 x 449, 150KB Original Size: 449 x 800, 149KB

エントツ山さん おはようございます

地獄谷から甲ヶ山縦走、お疲れ様でした
沢の水は冷たかったと思いますが、連携プレーで
何とかクリアー出来て良かったですねぇ

疲れも無く、小田深山散策、そして昨日は徳島のお山ですか!
元気いっぱいのお山三昧、羨ましいです

昨日は、仁淀川町岩柄から、雨ヶ森へ登って来ました
植林帯を抜けると、雰囲気の好い沢沿いの道
紅葉真っ盛りなのに誰にも会わず、お山は貸切でした

写真 尾根のちょとした岩場
    紅葉真っ盛り〜♪
    下山口近くの「足山の滝」、虹がかかり素敵でしたよ
http://ss991429.stars.ne.jp/


32423.小田深山渓谷へ 返信  引用 
名前:Falcon    日付:2019年11月16日(土) 23時18分
Original Size: 630 x 472, 121KB Original Size: 630 x 472, 112KB Original Size: 630 x 472, 51KB

エントツ山さん、こんばんは。
今日私も小田深山へ行ってきました・・・2週連続です。
早起きして出かけたおかげで、霜に覆われた紅葉を見ることができました。



32424.Re: 小田深山渓谷へ
名前:Falcon    日付:2019年11月16日(土) 23時22分
Original Size: 630 x 472, 119KB Original Size: 472 x 630, 109KB

小田深山の後、久万高原町へ抜けて帰りました。
途中寄り道して撮ったススキと池の紅葉です。
杉山の伐採後、はげ山だったところが見事なススキ原となってました。


32421.根香寺 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2019年11月16日(土) 10時16分
Original Size: 800 x 533, 150KB Original Size: 800 x 450, 147KB Original Size: 800 x 450, 139KB

エントツ山さん おはようございます

今頃はガクガクさんと徳島の山を縦走しているのでしょうね

昨日は根香寺と白峰寺の紅葉を見て来ました
帰りに猪尻山へ寄ってあっちこっちに入り込み藪漕ぎもして
ウロウロし過ぎて疲れました

途中でナッチーさんご夫婦とお会いして色々お話をしました

根香寺の山門辺りはまだでしたが、上は綺麗に色づいてました
白峰寺も赤く鮮やかに輝いてました
これからは霧氷が楽しみですね

根香寺の紅葉
エントツ山さんのお家見えるでしょうか?
ムラサキセンブリ



32422.Re: 根香寺
名前:ナッチー    日付:2019年11月16日(土) 21時54分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 614, 163KB

エントツ山さん トンちゃん こんばんは

昨日は青空に誘われて大天狗経由で猪尻山へ行きました
エントツ山さんがシダ刈りをして下さった道は想っていたほど
繁っていませんでした

急登を喘いでいる時下りて来るトンちゃんにお会いでき
嬉しかったです

根来寺の紅葉が綺麗だったとお聞きしたのですが
お天気が良くお布団を干したまま家を出ていたので
残念ながら三角点で引き返しました

目的のムラサキセンブリも見つける事が出来ませんでした


32419.石鎚山・初霧氷 返信  引用 
名前:toshi    日付:2019年11月15日(金) 20時01分
Original Size: 1024 x 683, 86KB Original Size: 1024 x 683, 146KB Original Size: 1024 x 683, 144KB

エントツ山さん こんばんは!

昨日の午後より石鎚山へ出かけてきました。冬型の気圧配置になっていたので霧氷期待でした。ついでに夕日やご来光が拝めればと欲張って行
ったのですが、ガスが強くて瓶ケ森からの夕焼けの石鎚はダメでした。
土小屋で車中泊したのですが、-2℃と寒くて何回もトイレに起きて睡眠
不足です。3時に起きた時もガスで真っ白だったのでご来光も諦めてまた
寝たのですが、6時に起きるとお月さんや星空で、こりゃあ失敗してしま
ったとおもいました。仕方がないので土小屋から朝焼けの石鎚を。
モルゲンロートは見れましたが、頂上のほうは霧氷は無さそうでした。
霧氷は歩き始めてから最初の休息所までの間で見ることが出来ましたが
それ以降はほとんどなしでした。でも、折角来たので弥山まで登らなく
てはと。弥山では撮るような光景がないので、天狗岳と光芒を。
結局、期待した撮影は全く出来ずでした。
ではまた。



32420.Re: 高い山での朝焼け、夕焼けの難しさ
名前:エントツ山    日付:2019年11月16日(土) 03時52分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 600, 160KB

矢筈ヶ山より小矢筈と日本海    小田深山の清流     四国カルスト


toshi ちゃん  お早う

いい写真を撮ろうと意気込むと駄目じゃねえ
この所つくづくそう思った

お山の天気は気まぐれでちっぽけな人間の思惑など簡単に打ち砕かれるわ

今朝からガクチャンと徳島のマイナー山域縦走へ出かけますが、ザック重量が13キロをオーバーしたから新しいカメラは持って行きません

車中泊の場合は車に毛布などを積み込めるから暖かくしなくちゃダメよ
私は重たいシュラフ(=暖かい)を車に積んでおります

「ダメ元(もと)」って言葉がありますが、土小屋まで行ってたら弥山までダメ元で行けば良かったよね

四国カルストでは「ダメ元」で車の中や有刺鉄線を潜って04時から3時間粘ったけど「ダメ」だった

期待が大きいと報われる事が少ない
「無欲の勝利」って事に期待しましょう


エントツ山

   

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html


32417.小田深山 返信  引用 
名前:エントツ山    日付:2019年11月14日(木) 20時05分
Original Size: 600 x 900, 163KB Original Size: 600 x 900, 163KB Original Size: 900 x 600, 163KB

   小田深山の紅葉は丁度見頃でした


松山から広田へ出てドンドン山に上がって行くので、こんな所に渓流があるとは思えません

松から小田深山は遠い〜〜〜

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32418.Re: 四国カルスト
名前:エントツ山    日付:2019年11月14日(木) 20時10分
Original Size: 900 x 600, 128KB Original Size: 900 x 600, 156KB Original Size: 900 x 600, 151KB

  四国カルストの夕暮れ時


小田深山も遠いけど、四国カルストはこじゃんと遠い
松からだと松山経由で行くより、高知・須崎経由で行った方が早いし道が良い

星降る高原ですが、二日前はお月さんが明るすぎて星は良く見えません
朝方は濃霧で星空撮影は又してもスカを喰らいました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html


32399.大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走) 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年11月12日(火) 08時32分
Original Size: 789 x 800, 384KB

エントツ山さん おはようございます。

大山周辺の山に今回ご一緒できまして、大変お世話になりました。

以前から、亀吉が行きたいと言っていた地獄谷が、あんなにハードだとは
想像もしていなかったので、私達二人だけだったら、あのハードな堰堤
でギブアップしていたでしょう。
あの地点で、川の水は速く、淵は深く抉れていたので、小屋泊りの
重い装備を背負っていては渡れなかったですね。
エントツ山さんが下見に行って“冷たい、深い!”と言って、帰って
来た来た時には、もうダメかと思われましたが、“ここ、渡ろう”と
いう事になり、靴を脱いで、ズボンを捲り上げ、ザック等の荷物を
受け渡しました。
川の中に、大きな岩を投げ入れて足場を作ったり、ロープも用意したり
と、
手間取りました。
あんな滑る岩場で岩場での作業を、よく出来たものだと、今、思い返し
ております。

沢をあんなに長く歩くのは初めてで、所々で折れ曲がったりしているので、
どっちに行けばいいのかわからない時もあったけれど、そういう時、
大いに助けられました。

振子沢も体験できました。
灌木の茂る急登を登り切って、以前、見たことのある分岐のポールを
見た時には感激しました。

その頃には、ガスが出て、もう、大休峠までは無理だと思われたので、
ユートピア小屋で、先着の登山者が一人だけだったので、ほんとに、
助かりました!
夜は、風雨が強かったけれど、小屋の中でゆっくり出来ました。
初日は、9時間超の歩きでした。

                          続く



32400.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年11月12日(火) 08時43分
Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 800 x 449, 165KB Original Size: 800 x 449, 161KB

写真1;大山滝にて
  2;ブナと紅葉の森でした
  3;ハードな堰堤の所



32401.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年11月12日(火) 08時48分
Original Size: 800 x 450, 165KB Original Size: 800 x 449, 156KB Original Size: 800 x 449, 164KB

写真1;ビニール袋で渡ってみるエントツ山さん
  2;ザックを手渡す
  3;荷物を上の堰堤に持ち上げる



32402.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年11月12日(火) 08時54分
Original Size: 800 x 450, 159KB Original Size: 800 x 600, 125KB Original Size: 800 x 600, 144KB

写真1;地獄谷上部、こんな綺麗な風景もありました
  2;親指ピーク方面との分岐のポール
  3;ユートピア小屋着!



32410.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 18時31分
Original Size: 888 x 1024, 164KB Original Size: 900 x 675, 144KB Original Size: 900 x 675, 164KB

私の大山歩行ログもお蔭でルートが増えました  登山口から矢筈ヶ山と甲ヶ山 大山滝への吊り橋を渡る


伊予の鈍亀さん  今晩は

先程四国カルストから帰って参りました
昨日は晴天で小田深山の紅葉も良かったのですが、今朝は残念ながらずっと深い霧に覆われました

夜はお月さんがデカくて明るすぎて星が見えず、朝04時に起きて姫鶴平へ行きましたが3時間待ってもず〜〜っと深い霧の中でした

大山のトラックログ解説図と掲示板レポ ありがとうございました
今回、地獄谷ルートを歩く事が出来ましたので、大山の主なルートをほぼ網羅出来ました

しかし、二年前の縦走で下山地の船上山から烏ヶ山登山口の鏡ヶ成・新小屋峠までのチャリンコ移動はつくづく長かったと理解して頂きました

地獄谷も考えてみれば難所はあの崩れた堰堤だけでしたねえ
あそこも日帰りであれば多少濡れても突破出来たのですが、やはり翌日の尾根歩きがありましたので時間がかかりました

最初、靴を脱がずにビニール袋を履いてトライしましたが、ビニール袋に水が入らない様に片手で両足分引っ張り上げる必要があり、片手ではあの水上ステージまで上がる事が出来ませなんだ
スゴスゴ引き返して、スパッツ、靴、靴下を脱いでズボンを太ももまでたくし上げて水に入りましたが、物凄く冷たくて心臓が痛くなりました

取り敢えず、空身でステージに上がり、亀吉さんにあの冷たい沢の中を何度も往復してザックや靴を運んでもらいましたが、さぞ冷たかったでしょうねえ
この時期の沢は弁天山さんしか出来ませんわ

土曜日でしたのでユートピア避難小屋が混んでいたらどうしようか?と思いながら中に入ると一人男性が寝ていました

男性が起きるまで土間で夕食を食べてましたが、銀マットなどが常備されていてさわわざ銀マットを持っていく必要がなかったですねえ

エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32411.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 16時29分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB

大休口(地獄谷入り口)の標識は外されていました 早速の徒渉  亀吉さんが指示をする


地獄谷は亀吉リクエストでしたが、何故あそこに行きたかったのか今だに謎です
何故なら普段から沢歩きをしない人達だから・・・(藪尾根歩き専門!)

まあ、石鎚ご来光の滝で沢伝いに歩いた余勢をかって行きました
私も今度はデボチンを岩にぶつけない様に気を付けましたわ

地獄谷は「のらりくらりと歩く沢」って印象でした

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32412.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 16時44分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

右手に野田滝が見える    落石や流木で荒れた場所もある   夫婦滝って言うらしい

地獄谷の事はトンちゃんのコーナーで説明したのでこの位で


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32413.Re: 振子沢からユートピア小屋
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 20時36分
Size: 240 x 180, 16KB Original Size: 796 x 573, 303KB Size: 240 x 180, 16KB

振子沢への入り口は荒れている  こんな所にも遭難碑などもある     水を補給する


地獄谷を抜けると前方が開けた沢になる
この辺りに駒鳥小屋(避難小屋)があるのですが、中々沢からは確認し辛いですよね

味のある避難小屋ですが、辺りは湿った場所にあるので夏場はちょっと遠慮したい感じです

振子沢は小規模な沢で、入り口は荒れていますが、中に入ると右岸沿いに踏み跡がありますので気楽に歩けます
今回3度目の振子沢でしたが、踏み跡やテープが以前よりがしっかりしていましたから、鳥越峠から下ってこの沢を歩く人が増えたのかも知れません

ここで水の補給をしましたが、一旦涸れかけた沢が上部で又水が出たりして多少ショックですが、水場は確実に採れる場所で汲んでおかないと後で引き返す事になります

沢筋を詰めると、最後は右手の振袖山への尾根筋へと這い上がる踏み跡に出合います

斜面は急ですが、15分〜20分程でダイセンキャラボクの生える尾根筋にでますよね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32414.Re: 振子沢からユートピア小屋
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 20時37分
Size: 240 x 180, 17KB Size: 240 x 180, 17KB Size: 240 x 180, 15KB

途中と最後に沢筋に入る場所もあります   メインは右岸に踏み跡有り 最後は左に曲がりながら枯れ沢を歩く


振子沢は水量が乏しく、上部になると水が無くなります
踏み跡が終わると沢の中の岩を伝って暫く上がります

以前は左手に大き目の滝が見られたのですが、今回はこの滝を見る事が出来ませんでした

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32415.Re: 振子沢からユートピア小屋
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 20時39分
Size: 240 x 180, 16KB Size: 240 x 180, 15KB Size: 240 x 180, 18KB

最後は右手の支沢へ入る(テープ有り) 沢が終わり踏み跡が斜面へ上がる  尾根筋が近づくとダイセンキャラボクが出てくる


踏み跡を辿って右手の斜面を上がって行くと灌木帯となり稜線へ出る

この稜線を左手に上がって行けば振子山分岐のポールに出合う

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32416.Re: 振子沢からユートピア小屋
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 20時40分
Size: 240 x 180, 13KB Size: 240 x 180, 14KB Size: 240 x 180, 14KB

振子山分岐の白いポールに出合う     更に尾根筋を詰めるとユートピア避難小屋分岐に出る  この分岐を右手に下がっていくと避難小屋だ


尾根筋を詰めていくと白い分岐ポールがある
ここから右に下って行けば振子山〜野田ヶ山〜大休峠への登山道だ
今回はこの白い鉄製ポールから更に尾根を這い上がり、「象ヶ鼻分岐」まで進む

この象ヶ鼻分岐は天狗ヶ峰〜剣ヶ峰への尾根筋との出合い場所だ
分岐標識のユートピア避難小屋は小屋方向を指していないが、ここは右手に下ると直ぐに避難小屋に出る


伊予の鈍亀さん
霧で辺りが見えないとちょっと迷いやすい場所ですよね
我々は最初に地獄谷へ入る「大休口」を見失い、結構尾根を上がって行ってしまい、途中で気付いて引き返しました

要所要所で地図を見る習慣を単独以外でも行わなければなりませんよねえ
結構毎回反省しています
ユートピア小屋で星空撮影の目論見は見事に外れました〜〜〜

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html


32403.大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)パート2 返信  引用 
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年11月12日(火) 14時49分
Original Size: 800 x 600, 166KB Original Size: 449 x 800, 157KB Original Size: 800 x 449, 161KB

エントツ山さん またまた、お邪魔します。

大山2日目は、ユートピア小屋から大休峠経由で、甲ケ山から船上山まで。

大休峠までは、以前に経験済でした。
が、今回はガスで親指ピークも真っ白でした。
大休峠の辺りでは天気も回復。
矢筈ケ山では展望も楽しめました。

小矢筈は岩峰でカッコ良かった!
次の、甲ケ山、登りが柱状節理で足場が悪く、疲れました。
甲ケ山からの下り、ゴジラの背が第二の難所でしたね〜
一瞬、どう下りたらいいのか判らなかったです。

ここをクリアして展望を楽しみながら昼食。
後は、どんどん下るのみ。
船上山までブナを楽しみながら歩きましたが、長かったですね〜
歩行時間は10時間34分でした。

最後になりましたが、初日前泊地で鍋パーティーを用意して戴いて
ありがとうございました!美味しかった〜


写真1;朝の大山主稜
  2;親指ピーク
  3;野田ケ山の標識(木の上にありました)



32404.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)パート2
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年11月12日(火) 10時20分
Original Size: 800 x 449, 160KB Original Size: 800 x 450, 164KB Original Size: 800 x 450, 161KB

写真1;矢筈ケ山、山頂
  2;小矢筈と甲ケ山
  3;甲ケ山への登り(柱状節理)



32405.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)パート2
名前:伊予の鈍亀    日付:2019年11月12日(火) 14時51分
Original Size: 800 x 449, 155KB Original Size: 800 x 449, 149KB Original Size: 800 x 600, 160KB

写真1;甲ケ山頂上にて
  2;ゴジラの背
  3;船上山までブナの林



32406.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)パート2
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 15時35分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 675 x 900, 154KB Original Size: 900 x 675, 163KB

ユートピア小屋から振子山へ  2年前にビバークした場所  親指ピークへ這い上がらる(亀美さんがテムレスのグローブだ〜)

伊予の鈍亀さん

2年前に私が歩いたルートを大休峠から船上山までご一緒出来ました
大山と言えば部外者は弥山や剣ヶ峰を頭に浮かべますが、この大山・北方稜線とも言うべき大山の尻尾は長いですが味があります

目玉は小矢筈の岩峰、甲ヶ山の岩峰とゴジラの背、勝田ヶ山から船上山までの笹藪とブナ、船上山近辺のブナやその他の紅葉と盛り沢山です

今回は船上山・東斜面のススキがどうした訳か見られなかったのが残念です

第一日目がユートピア避難小屋泊りとなった為に、前夜の雨で滑り易い下山尾根で長時間の歩きを強いられましたが良く歩きました
特に船上山の下山道が粘土質で滑りやすく危険でしたねえ

来年は機会があれば花の季節に大山一ノ沢をご案内致します
それとマーシーさんを誘ってキリン峠〜三ノ沢も行きましょう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32407.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)パート2
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 15時43分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB

大休峠・避難小屋       かっこいい甲ヶ山    甲ヶ山。ゴジラの背

大山・北方稜線のピークでは甲ヶ山が一番かっこええですね
2年前に小矢筈から見た甲ヶ山の岩場が迫力があり、一体どこを這い上がるんだろうかと不安でした

ちゃんと右手からトラバース(岩場)出来るんですよね
ゴジラの背はちょっと距離が短くて物足りなかったでしょう
一ヶ所だけ切れ落ちた場所があり、不要なロープが設置されているので余計に迷うし、返って危ないですよねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32408.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)パート2
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 15時53分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

勝田ヶ山のピーク(三角点は少し下方に) 勝田ヶ山〜船上山間の長い笹薮 ナツツバキでしょうか

勝田ヶ山から船上山までは長い笹薮の下りが続き、足元が見えず濡れているので滑り易かったですねえ

でも自然林の森は植林地帯と違って心が和らぎます
ブナやカエデ、鹿の子模様の樹が見事でした 

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32409.Re: 大山(地獄谷から甲ケ山尾根縦走)パート2
名前:エントツ山    日付:2019年11月13日(水) 16時03分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB

枯れてましたが堂々たるブナでした  最後の三角点を船上山で踏む 以前はこの斜面がススキで光ってました


船上山ってどこからどこまでを指すのか良く分かりませんが、とにかく長かったですねえ

あそこが植林でしたらウンザリですが、紅葉とブナが美しくて退屈を紛らわしてくれました

2年前にうっかりして踏み忘れた船上山の三角点を今回しっかりと踏む事が出来ました

船上山から下山口までも結構ありましたし、粘土質の斜面が滑り易かったですねえ

最後に、日帰りで大山寺からユートピア〜甲ヶ山〜船上山を歩いた神戸から来たグループと一緒の下山となりましたが、やはり若い人達には敵わないと思いました

この時期は暗くなるのがアッという間で、私のカーナビが古い為 山勘で一向ヶ平まで車移動しましたが、道を間違ってスンマセンでした

又宜しくお願い致します


エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html


32388.面河渓 展望台 返信  引用 
名前:ヘキチョウ    日付:2019年11月11日(月) 07時13分
Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 600, 153KB Original Size: 800 x 565, 156KB

エントツ山さんおはようございます。

愛媛に住みながら面河渓谷を散策してなかったので昨日行って見ました。

2日前に大事に今まで残していた最後の1本の親知らずを抜歯しました。お医者さん曰く「70代・80代で抜くとなると
heavyですよ」の言葉に決意した次第です。

そんなことより面河渓ですが、紅葉はちょっと今一つですが、白い滑らかな岩と深くなるほど青さが増す透明な水
でも写真に撮るとただの緑っぽい水たまりにしか見出ずちょっとがっかりです。

面河渓と鉄砲石川に挟まれた尾根を歩ける道と展望所を散策しました。
ここがとても良くて前回の三が森から見た風景とは反対方向から二の森やあまり見られない五代ヶ森が目の前にどかんと
見えたのが良かったです。五代ヶ森にはまだ行ったことはありません。



石鎚スカイライン近くにある冠岳もかっこよく見えます

この日は石鎚もはっきりと

二の森と五代ヶ森



32397.Re: 贅沢な手負いイノシシ〜〜
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 21時49分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 506, 163KB

   矢筈ヶ山     小矢筈と甲(かぶと)ヶ山と日本海  兜ヶ山・ゴジラの背


ヘキチョウさん  今晩は


山男姿もりりしい父ちゃんの為にもリハビリしっかり励んで大山の北方稜線へ行ける様になってね

面河渓は自分の登山も勿論、家族ドライブで良く行った場所で懐かしいです
その時泊まった「山荘しらさ」は今改築中でしたね
以前は部屋に下りて行く階段がバリアフリーでは無くて親父が苦労した覚えがあります
いい場所にある山荘ですから早く開業して欲しいですねえ

まだ親知らずを大事に持ってましたか
最近の歯の治療は麻酔があるから恐怖が相当減りますねえ
「おでこ」も医者が「縫う時痛いから麻酔しておきますが、ここはあんまり効きません」って
まあ、多少チクチクしましたが暴れるクンにはなりませんでした

「傷跡がYの字に残りますよ」と言われましたが、「皺(しわ)の方が深いですから心配ないです」って答えました

石鎚山系の紅葉も見事ですが、大山も又ひけをとりません
特に船上山のブナは見事ですから来年は是非お勧めします
あそこはススキも素晴らしいのですが、今年はサッパリ斜面にススキの姿が有りませんでした


エントツ山


 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32398.Re: 船上山の紅葉
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 21時54分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB

   船上山の紅葉     船上山から大山     同じく船上山の紅葉


船上山は登山口から一時間程で神社付近まで得毛ますから元気になったら秋におでかけ下さい


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html


32380.日陰の御来光の滝 返信  引用 
名前:kurenaikai    日付:2019年11月09日(土) 16時56分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 49KB

エントツヤマさんこんにちわ!明日御来光の滝へ行きますが時間の制約があるので早朝に出る必要があるので夕方に長尾根展望台へ到着しました。駐車場は誰もおらず、ひっそりとしています。スカイラインの紅葉は素晴らしく今が見頃です。往路二時間、現地で一時間、復路一時間半で行けたら良いのですが。



32381.Re: 日陰の御来光の滝
名前:kurenaikai    日付:2019年11月09日(土) 19時57分
Original Size: 640 x 426, 44KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 47KB

日が完全に落ちてお月さんが上がってきたときに月に照らされる山を撮りました。弥山方面は完全に雲に覆われて弥山はみせん!と言われたみたいでした。空も雲が多く星も時折出てるくらいです。気温はさほど寒くなく半袖では少し寒いくらいです。風が強いので雲の流れがかなり速いです。



32382.御来光の滝訪問
名前:kurenaikai    日付:2019年11月10日(日) 16時44分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 55KB

エントツ山さんこんにちわ!長尾根に泊まり翌日御来光の滝へと目指しました。一時過ぎまでに帰らないといけないのでモルゲンを見た後滝へと急行しました。全行程早歩きで滝までは一時間半で到着。滝へと着くと今年の紅葉はかなり遅いので丁度見ごろでした。滝の横の木も丁度見ごろで美しかったです。滝では一時間ほどいて帰りも急いで帰ったので二時間かからずに駐車場へ到着しました。今回は珍しくだーれにも会わずの滝訪問でした。皆もう紅葉が終わったと思ってたのかな?
www43.tok2.com/home/kurenaikai



32383.モルゲン
名前:kurenaikai    日付:2019年11月10日(日) 16時45分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

モルゲンがとても美しかったです。
www43.tok2.com/home/kurenaikai



32384.御来光の滝道中の木々
名前:kurenaikai    日付:2019年11月10日(日) 16時45分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 50KB

道中はきれいに木々は色づいていました。
www43.tok2.com/home/kurenaikai



32385.御来光の滝
名前:kurenaikai    日付:2019年11月10日(日) 16時46分
Original Size: 640 x 479, 50KB Original Size: 640 x 479, 49KB Original Size: 640 x 479, 50KB

上から見ると違った表情が楽しめました。獅子岩も間近に見ることができます。
www43.tok2.com/home/kurenaikai



32386.御来光の滝 横の色づいたきれいな木
名前:kurenaikai    日付:2019年11月10日(日) 16時46分
Original Size: 640 x 426, 50KB Original Size: 640 x 426, 56KB Original Size: 640 x 426, 56KB

滝の横の木も素晴らしかったです。まだ色づく兆しもあります。
www43.tok2.com/home/kurenaikai



32387.御来光の滝帰りの紅葉
名前:kurenaikai    日付:2019年11月10日(日) 16時47分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 57KB Original Size: 640 x 426, 55KB

帰りは日が昇ってきたので紅葉がさらに素晴らしく色づいていました。七釜は午後にならないと日が当たらないのでまだ輝いてはいませんでした。
www43.tok2.com/home/kurenaikai



32395.Re: 日陰の御来光の滝
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 21時20分
Original Size: 600 x 900, 165KB Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 675, 127KB

大山滝(陽が差すまで待てませんでした) 明け方の弓ヶ浜   夜明け前の一瞬


kurenaikai さん  今晩は

丁度先週と今週が反対になりましたね
こちらは大山でした

御来光の滝写真ありがとうございます
石鎚の場合は上から下へと紅葉が移り変わるので場所によってタイミングが難しいですね

やはり予想通り御来光の滝の紅葉は遅れてましたね
右岸のカエデが真っ赤になるのですが、私が行った先週はまだそこまで達していませんでした

でも、下側が美しくなれば滝の上側が少し寂しくなります
又、滝までの沢沿いも少し遅れれば見事な風景になりますねえ
ただ、七釜は陽が当たる時間が非常に少ないので、葉が落ちてしまう傾向にあります

まあ今年も「石鎚の秋」は存分に楽しませてくれましたねえ

大山と言えば・・・・。
又スカを食らいましたがな

土曜日、日曜日は天気予報が良かったですが、何と土曜日の午後からガスがかかりユートピア避難小屋に着いた時には一面のガスです
おまけに18時頃から大雨になりショックでした
星空どころではありませんでした

地元のカメラマンが一人避難小屋で寝てました
朝方、一瞬ガスが飛んだのですがやっぱりダメ!
どうも夜景狙いは相性が悪いみたいです

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32396.Re: こちらは大山へ
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 21時28分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 163KB

   朝焼けの三鈷峰      朝焼けの大山     矢筈ヶ山からの大山紅葉


日曜日の朝方は天気が良い兆候があったのですが、これも一瞬の事でした
山の天気、特に高い山となると一瞬でガスが湧いてきますね

これからは少し標高を下げて紅葉を楽しみたいです


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html


32379.飯野山 返信  引用 
名前:トンちゃん    日付:2019年11月08日(金) 19時28分
Original Size: 800 x 388, 150KB Original Size: 800 x 388, 144KB Original Size: 800 x 388, 138KB

エントツ山さん 今晩は

ご無沙汰です
家の方が色々忙しくて今年の夏は大変でした
エントツ山さんも御来光の滝でおでこが大変でしたね
気をつけて下さいよ でも元気そうで良かったです

今日は飯野山に登ってから
里山のムラサキセンブリの様子を見に二カ所ほど行きましたが
どちらもまだ一輪しか咲いていませんでした

山も秋の景色になっていて久しぶりに気持ちよく歩けました

飯野山から瀬戸大橋
善通寺五岳山方面
今日のムラサキセンブリ

パソコンが壊れて10にしました 
まだ慣れてなくてよくわかりませんので写真はスマホです



32389.Re: 手負いイノシシ 大山地獄谷を徘徊
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 19時35分
Original Size: 576 x 1024, 161KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 162KB

一向ヶ平(なる)から大山滝へ    大休口から地獄谷へ   難関の堰堤に差し掛かる


トンちゃん   今晩は

そろそろ里山にムラサキセンブリが咲き始める季節になりましたねえ
トンちゃんも色々忙しかった様ですが、ダイヤモンド父ちゃん(やっぱりこの名前が一番ピッタリです)の膝の調子が今一つみたいで単独の花巡りでしょうか

我が家のPCもメイン2台がウィンドウズ7ですのでム〜ちょ来年が不安です
ノートPC1台はKyoさんにウィンドウズ10にバージョンアップして頂いたサブがあるのですが・・・

そうそう、御来光の滝で不覚にも「でぼちん」7針縫う傷を負いました
今日、新居浜労災病院へ行くと今週末か来週抜糸らしく、やっと絆創膏が取れそうです

手足の傷と違って、おでこの傷は生活に支障はありません
鉢巻き絞めて山にも行けます

但し、問題は風呂の洗髪でした
傷口を濡らさない様にお達しがありますので、おでこを濡らさず髪を洗うなんざ正に神業・髪業(かみわざ)ですがな

赤ん坊の頭を洗う時にお風呂の洗い場で膝に仰向けに寝かせてお湯が顔に掛からない様に洗ってましたよね
あれです!
但し、洗い場で自分があんな格好は出来ませぬ
日本人は湯船の中では石鹸を使いませんよね
でもクリントイーストウッドは西部劇で石鹸の泡だらけのお風呂に入って葉巻を吸っていました
この際、自分が日本人と言う事を忘れて、湯船の中で仰向けになりほぼどざえもんの様にギリギリ沈み込み、シャンプーで髪を洗うのです

だた、これだと頭頂部がどうしてもすすぎにくい!
で、今度は体をVの字に折って頭を逆さま以上に下に向け頭頂部をすすぎます

皆さん! おでこを縫った時の洗髪方法を参考にして下さい (誰がじゃ!)

あ〜〜  この不便な生活とももう少しでおさらばできます

さて、前置きが長くなりましたが、大山の地獄谷に伊予の鈍亀さんと行ってきました

先日、キリン峠を歩きましたが、我々クラスが行ける大山のバリエーションルートで残っていたのがこの地獄谷でした
丁度、伊予の鈍亀さんが前々からこの地獄谷を歩きたいと言ってましたので亀吉さんの足腰が立つ間に行ってきました

ハードなコースでおました・・・・・・
一向ヶ平(なる)から地獄谷〜振子沢〜ユートピア小屋〜振子山〜野田ヶ山〜大休峠までの計画でしたが、地獄谷で時間を使い過ぎてユートピア小屋までしか行けませんでした

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32390.Re: 手負いイノシシ 大山地獄谷を徘徊
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 20時11分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 161KB

難関となった堰堤(這い上がり口に深みあり) 靴を脱いで先に渡り荷物を受け取る  こんな場所も


数年前まで淵に土砂が堆積して浅瀬になっていたらしいのだが、水流に抉られて這い上がり場所が少し深みとなっていた

何せ二日目の歩きがあるので靴や靴下を濡らせない
最初、靴を履いたまま大きなビニール袋に両足を突っ込みトライするが、深すぎてダメ
靴とスパッツ、靴下を脱いでズボンを太ももまでたくし上げて空身で這い上がる (冷た〜〜〜い)
次に亀吉さんからザックを受け取り、上側まで運び上げる
最後に人間をスリングで引っ張り上げる

この作業に小一時間も費やした・・・・・

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32391.Re: 手負いイノシシ 大山地獄谷を徘徊
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 20時18分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 163KB

堰堤はどちらかを這い上がる  渡渉を何度も繰り返す   大山地獄谷の風景


夏場の沢靴であれば何て事もない渡渉だが、翌日の縦走があるので靴を濡らす訳にも行かず結構時間を浪費した

地獄谷は荒れ気味の落石が転がっている谷だが、この季節は紅葉が美しい
難しい場所は例の堰堤一ヶ所のみだった


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32392.Re: 手負いイノシシ 大山地獄谷を徘徊
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 20時24分
Original Size: 675 x 900, 161KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 164KB

 野田滝だったかな?     広い河原もある      斜面は崩壊地が多い


やはり大山の沢は崩壊地が多い
沢山の崩壊落石が大雨で流されて来るのだろう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32393.Re: 手負いイノシシ 大山地獄谷を徘徊
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 20時32分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

崩壊場所を避けて迂回する場所も   奥へ奥へと進んで行く   渡渉は何度もあるので慣れて来たみたい


何せ地獄谷は沢歩きの装備でなければ標準時間を大幅にオーバーする
味のある谷という印象だが距離は結構長いと感じた


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32394.Re: 手負いイノシシ 大山地獄谷を徘徊
名前:エントツ山    日付:2019年11月11日(月) 20時48分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 506, 158KB

上流に行くにつれて紅葉が美しい  駒鳥小屋はもうすぐか  やっと着いたぜ 駒鳥小屋(元祖 笑わない男)

地獄谷遡行は大休口から駒鳥小屋まで
大休口の標識は現在無くなっています (ポールだけは残っている)
  (通行困難と言う意味で故意に撤去している可能性も)

駒鳥小屋は沢筋からは少し上方に離れているので分からない
地図の小屋マークを頼りに右岸へ入ると赤テープがあり標識も立っている

大休口から駒鳥小屋付近まで 4時間30分程よ要した


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb