[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
KEROKERO-Rの掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1227.性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる! 返信  引用 
名前:ジェンダークリニック    日付:2016/09/09(金) 00:44
性転換手術のビフォーアフターが写真で見れる!

男の娘や女装子さん みんなが集まる情報交換サイト

自分でできるヒアルロン酸注射で男性の理想Cカップをget

女性ホルモン剤で憧れのバストへ etc・・・

遊びに来てね
http://genderclinic.jp/wp/

1226.ご挨拶 返信  引用 
名前:管理人    日付:2015/03/24(火) 20:01
こんにちは。
走行会の時に挨拶はさせていただきましたが、この前の3月の茂原で私自身の走行会参加は最後になりました。
家庭の事情で参加できなくなりました。
これまで参加していただいた方には、大変感謝しております。
この場をかりて、ありがとうございました。
とは言っても、KEROKERO自体は今後の続けていきますし、このHPの更新だけは私の方でやっていきます。
走行会としては、今後もずーっと続けていく為にも、これからも皆様のご協力をお願いします。
これまでありがとうございました。と同時に、これからもよろしくお願いします。

1224.お疲れ様でした〜♪ 返信  引用 
名前:オータック    日付:2013/05/17(金) 19:54
RPS13、180SXで参加の小築君にくっついてきた改造屋の親父です
大変暑い中、走行会運営お疲れ様でした、
雰囲気もよく、楽しい時間をいただいた事をお礼申しあげます
初対面のわけのわからん親父に丁寧に対応していただき感謝です
多少しゃしゃり出た部分はご容赦願うとして(笑)
次はぜひ、ドライバーで参加させていただきたいと思います

オータック 太田



1225.Re: お疲れ様でした〜♪
名前:ぱっちりオメメのスカイライン    日付:2013/05/18(土) 09:28
お疲れさまでした。
白いR34です。

夏を思わせるような気温で、タイムを削るには厳しい条件でしたが、
みなさん楽しんで頂けたようでなによりです。

一日見学だと、かなり日焼けが進み、
走りたい気分が盛り上がったのではないでしょうか?
次回は、ぜひドライバーで参加ください。

1223.あしたは 返信  引用 
名前:ほんま    日付:2012/12/13(木) 22:40
今年最後の走行会です。
栃木はかなりの寒さなので、皆さん防寒対策を忘れずに。
今年も最後まで楽しく走りましょう

1222.【クルマネタ勝手にトーク】軽量化 返信  引用 
名前:MR-K    日付:2012/09/16(日) 14:36
今回のテーマは軽量化です。

クルマ好きの軽量化というと・・・・

カーボンパーツや、アルミパーツ、チタンパーツといった材料置換を考える人、または、とにかく必要ない部品を外しドンガラ仕様にする人といったことを思い浮かべますね。
クルマ雑誌にもそのようなことがいっぱい書かれています。
ところが、最近の一般市販車をみると燃費向上のために・・・・
新ゴルフが約100キロ軽量化!!
新ワゴンRも70キロ軽量化!!
驚きの数値をマークしています。
これを聞くと、アルミパーツ多用したのかなぁ〜? なんて思いますが・・・・・・
実は鉄板が進化しているのです!! 具体的には高張力鋼板広く採用(ハイテン材)
ハイテン材とは・・・
引っ張り強さが高い鋼板のことである。
普通鋼板が引張り強さ270MPa以上であるのに対して,一般的に340MPa〜790MPaのものが 高張力鋼板と定義されている。ただし,この定義は各社,各国によって違っているので注意が必要だ。490MPa以上を高張力鋼とする見方もあり,ドイツでは180MPa以上を高張力鋼と呼ぶこともある。また,引張り強さ980MPa以上のものは通常「超高張力鋼板」と呼ばれる。
っと書いてます。

自動車メーカも広報で書いてます。
マツダ
http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2011/201110/111004b.html
マツダのCX-5に使われる、バンパービームは世界最高の強度をもつ1800MPaです。
日産の広報には
http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2011/_STORY/111005-01-j.html
1200MPaです。

ワゴンRのピラーは980MPa
三菱も構造上必要な部分に980MPaのハイテン材を使用し軽量化と高剛性化を実現しています。
もちろん、すべてのボディに採用すればいいような気がしますが、
一般車はクラッシュ時のボディ変形構造や、コスト・納期なども考慮しなくてはいけないので、必要な部分だけにまず採用する方法がとられています。
ただ・・・ハイテン材は引っ張り強さがあるだけに、加工が難しいといった問題もあります。 プレスで曲げると割れちゃうんですね。
なんで、硬いけど割れないような加工しやすい材料を自動車メーカと鉄板屋さんはどんどん開発してます。
日産の1200MPaハイテン材は冷間で加工できますが、最強のマツダハイテン材1800MPaは熱を入れないとまだ加工ができません。
なんでバンパービームなどごく一部に限られてきます。
それでも、20%の強度が高く、4.8キロも軽量化できちゃうからスゴイですね。
NSXも今の技術ならハイテン材(構造物)とアルミ材(外板)を使えばもっと軽く、剛性のあるクルマに仕上がります。
鉄板はメーカが公表してるにもかかわらず、あまり知られていないので、今回は最近のクルマはなぜ軽くなっているの?
っということについて書いてみました。

デハデハ

注)もちろん鉄板だけで、すべて軽量化してるわけではなくあくまで
  鉄板に注目しただけです

1221.【クルマネタ勝手にトーク】ABS 返信  引用 
名前:MR-K    日付:2012/06/30(土) 01:09
F1ヨーロッパGPでブレーキング時に、白煙あげて片輪タイヤロック
してたのを見て思い出しました。

ちょっと前の雑誌に載ってたブレーキングのドラテク内容です。

タイトルは「止めるブレーキ!最初だけABSを活用せよ!!」です。
まぁ適当によんでたのですが、内容的に目的がよくわからない・・・
なんか「ABSがききっぱではブレーキの負担が増えるとか・・・」

よくわかりません(笑)

ちなみにABSですが、昔のABS・・・第一世代とかってにいいましょう。
第一世代のABSはタイヤ4輪中どこかのタイヤが滑りはじめると、4輪すべてのブレーキ液圧が減圧され、制動距離が伸びます。
ABSが効いたとたん滑るようにとまらなくなる。 だから、ABSをヒューズでカットしたりすんですよね。
R32スカイラインとかがこの世代。

次ぎに第二世代
コレは通常前後のブレーキバランスをプロポーショニングバルブ(Pバルブ)で設定していたのが、EBD(ABSの機能を利用してこんぴゅーたーが前後バランスとっちゃいますよ制御)
この世代はPバルブが無く、ABSのソレノイドバルブで前後ブレーキ配分を調整します、そんで左右も調整してくれます。
第二世代については、ABSをヒューズでカットするとEBD(前後ブレーキ配分)も効かなくなり、前後配分が50対50になることから、ブレーキング時にリヤタイヤがロックします。 危ないのでABSカットやっちゃいけない世代です。
ちなみこのEBD付きABSになると、ABSが効き始めてもさらにブレーキペダルを強く踏み込む必要があります。
それは、ABSが効いてるタイヤ1輪以外の3輪はまだグリップに余裕がある為、液圧を上げれば、まだ制動力が上がるのです。
F1の片輪ロックしていても制動力が落ちないのと同じです。
良くあるブレーキアシスト(パニック時にABSを早く効かせるようにした機能)のグラフを見れば踏み込めば液圧が上がる事がわかります。
だからABSが効いても4輪別々にブレーキ制動力を調整してくれるちょう!すんばらしいぃ機能なのです。
ただこの機能を調整するのは液圧を保持するか、減圧するかだけなので、ブレーキペダルをウルトラ一杯踏み込んで液圧を上げておく必要が出てくる。

そんで、第三世代
コレはABSのブレーキ圧を増圧する機能を持たせてあります。
簡単に言うと、レガシイのぶつからない車、アイサイトの機能です。
ブレーキペダル踏まなくても、フルブレーキできる液圧をポンプで作り出し、4輪を別々に最適制御するパッシブコントロール。超ウルトラスンバラシイ制御
この制御になれば、4輪が別々に制御されるため、アンダーステアを
消したり、スピンしそうになると4輪のブレーキを別々に制御し、スピンしないようにします。
よくいうVDCとか車両制御ですね。

このあたりは現在かなり進歩していて、ポルシェやR35GTR、フェラーリなんかは速く走るための制御です。
トラクションコントロールもコレを応用します。
そりゃ、ドライバーはペダル一個でしか操作できませんから、4輪別々に制御できるブレーキシステムに敵うわけがありません。
今回の雑誌みても、第一世代(タイヤ一輪が滑るとすべてのタイヤを制御する)についてしか書かれていないような気がします。
いまや、EBD付きABSはミライースにまで付いてますから、新86やBRZはもちろん、Z34やGTR、ランエボなんてのは付いててあたりまえなんです。
この辺の説明がないのに、いきなり「最初だけABSを効かせろ」は乱暴でしかないと思います。
間違った知識が植えつけれる可能性がある。

私からしたら、自分の車両のブレーキ制御がどうなっているか?
実際ABSが効いてからさらに踏み込む方が良いのか?
それとも緩める方が良いのか?
ブレーキング中にステアリングを切ったら??
といった事をまず安全なサーキットで確かめて、理解し運転する事がドラテク向上につながると思います。

今回の記事は間違ってるとはいわないが、車によって違うことをもっと強調すべきですね。

1216.MR-K 返信  引用 
名前:【クルマネタ勝手にトーク】燃費    日付:2012/05/19(土) 00:25
通勤に使ってる私のMR−Sですが、スタッドレスから夏タイヤに換えて2回目の燃費で15km/Lは超えそうです。

夏タイヤに変更した時、エア圧を3kまで入れたのですが、215/40-16という扁平タイヤで、車高調だとワンダリングがいなせなくて、あまり燃費が良くありませんでした。

そこで、エア圧を2kまで下げたら良くなった。
乗り心地もロードノイズももちろん良くなりました。
エア圧もタイヤ形状によって差があることが良くわかりました。

あと通勤距離が短かくてチョイノリになるのに、気温の影響が大きいようです。

最近は気温が上がってきたからコールドスタートの時間が短くなってきたんですね。(コッチの方が影響おおきそう)

最近はECO耐久やCR−Zのワンメイクレース等、速さと燃費を競う競技が増えてきました。 良いことだと思います。

良く考えるとこれって昔のGr−Cのレースと一緒なんですよね。
「限られた燃料でいかに速く走れるか!」
技術屋にも、ドライバーにも面白いレースです。
(R35GTRだってGr−Cがなければココまで速くなかった)
F1だって速さだけじゃなく、燃費よく速く走れれば 搭載する燃料が少なくて車体を軽くできるし、そうすればタイヤへの負担は減る、
燃料の搭載量が減ればセッテイングのあわせる範囲も少なくできるし、満タンと空タンでハンドリングの変化も少ない、いいことだらけなわけです
燃料代も安くなるし、地球にもエコっす。
なんで、F1ドライバー速いだけのレースでは
ないときがあります。
まぁ速いのは当然、より燃料もセーブできるなら
それに越したことはありません。

Gr−Cはスペシャルなレースでしたが、今こそ燃料制限のあるレースも面白いからやって欲しいですね。
ハイブリッドOK・ターボOK・ディーゼルOK エンジンは何でもいいけど燃料制限だけ有り

ハンディウエイト積んで、順番でレース勝者を決めるいまのGTレースより面白いし、今の時期より技術力向上もできると思います。

タイヤメーカもハイグリップエコタイヤなんていう相反される要件を満たすような画期的なタイヤなんても出来そう。

是非燃料制限のあるレースの復活をして欲しいです。



1219.Re: MR-K
名前:あクマのZ    日付:2012/05/27(日) 13:06
先日、人くるまのテクノロジー展のモータースポーツフォーラムでトヨタの人がWECについて講演していて、その中でこれからは、燃料制限を流量で制限するようなレギュレ^ションになるって言ってました。
これで内燃機関の出力が制限して、ハイブリッドは出力によって燃料流量制限を決めて、内燃機関だけでもハイブリッドでも出力が同等になるようにするそうです。

燃料総量だと全開にできなくてドライバーはつまらないけど、燃料流量ならアクセルは全開にできるので、こっちの方が運転するほうも面白いだろうし、見る方もわかりやすくていいなと思いました。


1220.Re: MR-K
名前:MR-K    日付:2012/05/29(火) 13:22
14年からのF1ターボにも規制があるから
WECでは必然となってくるんでしょうね。
その話私も聞きたかったです。

●内燃機関のスペック
・排気量1.6リッター6気筒エンジン
・最大回転数15,000 rpm
・最大燃料噴射圧500bar
・シングルターボチャージャー
・バリアブルジオメトリータービン禁止
・Vバンクは90deg
・最大ボア径80o
・エンジンの重心や最低重量が決まっている
・最大燃料流量は100kg/hに制限
・外部からのエンジン始動禁止

●KERSのスペック
・リアの運動エネルギー120kW
・ターボチャージャーと連結した排気エネルギー回生

その他
・ギア数が7速から8速に
・ギア比の変更はシーズン中1回だけ

人くるまのテクノロジー展いきたかったなぁ
夜行バスが京都→横浜片道3000円くらいで行けると
しってむしょうにいきたかったです。
まぁいい加減なバス管理で事故されるといやですが・・・

1218.お疲れさまでした 返信  引用 
名前:管理人    日付:2012/05/25(金) 22:27
今日はみなさんお疲れさまでした。
皆さんのご協力で無事走行会を終える事が出来ました。
楽しんでいただけたなら幸いです。
次回も宜しくお願いします。
結果は近日HPにUPしますのでしばらくお待ちください。

1217.明日は・・・ 返信  引用 
名前:ぱっちりオメメのスカイライン    日付:2012/05/24(木) 18:18
みなさん、明日は筑波ですよ。

間違ってアクアラインに乗らないようにしてくださいネ!(^^)!

いい天気になりますように・・・

1214.続 車高調OH 返信  引用 
名前:あクマのZ    日付:2012/03/01(木) 23:56
OHから戻ってきた車高調ですが、TC1000を2回走りに行ったところ、リアの縮み側だけが16段中8段〜12段くらい以前より柔らかい減衰設定になり、全体的に購入当初より具合の悪い状態になっていました。(いまいち減衰変更に対しリニアな変化がなくてしっくりこない)
また、街乗りもタイヤ変更の影響を除いても激しく乗り心地が悪いのでメーカのテインへ測定に出しました。
その結果、縮み側はピストンスピードによって左右の差が16段以上あることがわかりました。さらに、減衰力の調整幅も倍以上差がありました。
しかし、テイン見解は基準値内で問題なしとのことでした。
メーカ基準値は機密事項ということで(どの辺が機密なのかさっぱりわかりませんが)教えてもらえなかったので、基準値に対する位置づけはまるで不明です。(取説に記載されている減衰力データは誤記です)
実際問題として左右差は全く感じなかったものの、具合の悪い原因はわかりました。
テインにオーバーホールに出すときは、具体的に減衰力の要望を出すことと、変更の前後で測定をしたほうがよいようです。
というより、違うメーカのものに買い替えるほうがよいようです。



1215.Re: 続 車高調OH
名前:MR-K    日付:2012/05/03(木) 08:48
ブリッツの車高調で雑誌に「足革命!」
「ブリッツのダンパーはアフターフォローサービスが違う!」

と書いてあったので、ついにこのようなメーカが現れたのか!

っと期待したが、内容読むと

「OHはしません、新品ダンパーを低価格で提供します」
「古いダンパーはポイしてください」

と言う内容でした(笑)

正直OHの手間・人件費考えるなら、台湾から安く仕入れているので
部品だけ売った方がお得ということらしいです。

OHしてまともに仕上がらないよりは親切なのかも知れないですが
これで「アフターフォローサービスが違う」と言い切るのも
おかしな話です。

さらに、バネまで1セットサービスなんで円高
デフレを凄く感じますね。

調べたら実質価格は10万円を切る超低価格らしいので、
とりあえず車高調という人には良いのかもしれません。

1213.テーピング 返信  引用 
名前:管理人    日付:2012/02/05(日) 11:37
今年からヘッドライトのテーピング規則を変更しましたので、みなさん確認をお願いします。
HPの走行規則を参照してください。

いろいろと意見を受けての改訂です。
ヘッドライト全面テーピングはそれなりに大変で、塗装が痛むという話も一部ありました。
多くの車のヘッドライトは樹脂製に替り、万が一の時にも飛散までには到らないためと判断したからです。

よろしくお願いします。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb