[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
下北山村 四季おりおり
下北山村内で四季おりおりに得た気づきを情報交換する場です。画像をクリックしていただくと大きい別画像を見ることができます。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



516.下北山村 四季おりおりの移転について 返信  引用 
名前:noduti    日付:02月25日(木) 06時26分
このサイトの画像掲載は有料でした。長らくお世話になりましたが、今回の契約更新を機にhttp://blogs.yahoo.co.jp/nodutiに移転させていただきます。余り更新できていなかったですが、新しいサイトではがんばります。よろしくお願いします。

513.杉の皮むき間伐 返信  引用 
名前:アヤ    日付:06月17日(水) 17時45分
はじめまして。杉の間伐とごみ問題に関心のある主婦です。静岡県富士宮に杉の皮むき間伐を実践している団体があります。まだご存知なかったら是非検索してみてください。NPO法人森の蘇りです。私は神奈川県の葉山町に住んでいます。植林され、その後ほっておかれた山が葉山町にもあります。森林組合も解散してしまいました。ボランティアグループも高齢化で生木の搬出もままなりません。大雨や強風で倒れた杉や檜が川をふさいでいる場所もあり、今、何とかしないと取り返しがつかなくなりそうで心配しています。皮をむいた木は立ち枯らしをさせます。軽くなるので搬出も楽になるとのことです。講習会も行なう団体なので今度の講習会には参加してしっかり勉強してこようと思っています。搬出した木は生ごみの自家処理BOXへ活用できないかと考えています。葉山はゼロ・ウェイストというごみ処理施策を進めているところです。ごみを減量化と資源化で徹底的に無くして脱焼却脱埋め立てを目指します。生ごみの自家処理は成功のための大きな鍵なのです。環境省がパブリックコメントを出しています。自然公園法を形骸化させる改正案です。ごみ最終処分場のために特例を認める法律の改正は見過ごすことができません。自然はごみ捨て場ではないし、次世代に引き継がなければいけない。こちらのほうも検索していただけたら幸いです。長くなってすみません。よろしくお願いします。



514.Re: 杉の皮むき間伐
名前:noduti    日付:06月17日(水) 18時39分
アヤさん 投稿ありがとうございます。
杉の皮むき間伐は素人にもできる方法で、早く言えば立ち枯れさせる手助けですね。
ご存じかと思いますが、葉っぱを売る町として知られている徳島県上勝町はゴミ収集がなく、住民がゴミステーションに持ち込み、そこで30数品目に分別をしています。分別したものはほとんど資源化されるなど最先端の取り組みをしています。住民の協力がなければできないことですが行政の指導力、先見性のある町です。
吉野の森林(紀伊半島の南部の内陸全体)は急峻な山岳地帯で交通が不便ですので、ボランテァなどとの交流がしにくいのが悩みです。
多分、アヤさんがお住まいの葉山から当地へは公共の交通機関だと丸一日かかるのではないでしょうか。一応近畿地方ですが。

511.徳利蜂の巣 返信  引用 
名前:林弘    日付:06月07日(日) 21時43分
Original Size: 800 x 600, 137KB

知人宅の軒で面白い蜂の巣を見つけたとの話があり、早速カメラを持って出かけたところ、何と、徳利が逆さにぶら下がり、注ぎ口からハチが盛んに出入りしてました。自然界にはすごい芸術家がいるもんだと感じ入った次第です。その偉大なる才能の持ち主はスズバチ、一般には徳利蜂(とっくり蜂)とよばれる、腰の良く括れた蜂だそうです。



512.Re: 徳利蜂の巣
名前:noduti    日付:06月07日(日) 22時43分
林さん

投稿ありがとうございます。私も今までに一度しか見たことがありませんでした。

510.山桜 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月15日(日) 06時22分
Original Size: 640 x 426, 95KB Original Size: 640 x 426, 100KB

 下北山村上池原の「下北山温泉きなりの湯」を見下ろす国道169号線沿いにある山桜の開花状況です。数本ですが例年に比し10日以上も早く画像のような状況になって、通行のドライバーを驚かせています。
撮影は3月11日と12日です。


509.山桜が開花 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月03日(火) 20時22分
Original Size: 640 x 426, 67KB Original Size: 640 x 426, 26KB

2日、当地池原の道ばたで山桜が咲いているのに出会いました。直線距離で約五百メートルほど離れた場所で2本の木がちらほら咲き出しておりました。
朝夕の冷え込みが厳しく寒い冬と感じていたのですが、例年に比し暖冬だったんですね。とはいうものの今日3日はみぞれまじりの雨が降り、山の高いところは白くなっています。


508.アオバト 返信  引用 
名前:noduti    日付:01月27日(火) 07時52分
Original Size: 640 x 480, 103KB

私が下北山の自然に関心を持つようになってから20数年ですが、今回で三度目の観察、頭から胸があざやかな黄緑色が美しい。コウモリの越冬洞くつを調査した帰りに車がパンク、修理に時間の関係で出会えた偶然です。同行していた者によると「アー アオー アオー」と鳴くとのこと。


507.ツチノコ 返信  引用 
名前:かとちゃん    日付:11月30日(日) 16時17分
ツチノコ共和国のBBSがなくなっているのでこちらで書かさせてもらいます。
ツチノコって自分はいると信じているので、こういった方々がいるのはとても嬉しい限りです。
捕まえたと思うのですが、早々簡単に捕まえられる物じゃないですね。
こんな物ありますが、参考にしました。

http://go.2ch2.net/u/VBJRKa

506.ピ−アルご依頼 返信  引用 
名前:もりおかまこと    日付:11月21日(金) 19時29分
始めまして 
村内にて生活しておりますが なかなか生活パタ−ンがちがってお会いすることも少なく 1ヶ月前にお会いして メ−ルを送りましたが・・・ 
この場をお借りして・・・
今年も下北山オリジナルの春まなが収穫の時期を迎えつつあり
下北山村振興事業協同組合では 収穫に供え生産に携わる方々と蜜なコミニュケ−ションを取り よりエンドユ−ザ−の皆様に美味しい春まな加工品をお届けできますよう準備中です。
おかげさまで 今年加工品も好評で ほぼ販売計画達成しつつあります。

21年1月中旬頃から新物が完成する予定です スタッフ一同皆様からの
ご注文にお答えできますよう 頑張っております
今後ともよろしくお願いします。

プライベ−トではありますが
紀伊半島ほぼ真ん中あたりで 田舎暮らしのプログを発信しております
(ハンドルネ−ム ピノキオです)時間がございましたら覗いてください
https://gazoo.com/G-Blog/pinokio/4501/Article.aspx
https://gazoo.com/G-Blog/pinokio/4501/Article.aspx

504.差し上げます 返信  引用 
名前:ごろんぴー    日付:10月28日(火) 21時32分
失礼します。趣味で歌のHPを作っているものです。
主に(歌に関わらず)本ですが、捨てるのはもったいないので、
欲しい方は無料で差し上げます。

http://www.geocities.jp/onkenkyu/other/sasiage

をご覧下さい。
(管理人様、発言不適切な場合、削除していただいて結構です)
http://www.geocities.jp/onkenkyu/

502.聞きたいのですが 返信  引用 
名前:    日付:10月04日(土) 20時44分
Original Size: 640 x 480, 50KB

京谷まで蛇の死骸を見つけましたが
これってツチノコでしょうか?



503.Re: 聞きたいのですが
名前:noduti    日付:10月05日(日) 00時40分
 投稿ありがとうございます。残念ながらマムシの死がいように思われますね。

501.(untitled) 返信  引用 
名前:小一花    日付:07月09日(水) 16時25分
川柳の句碑拝見しました.遠き時代のこととて調査に大変ご苦労された事、提案者として深く感謝いたします.横山勝二氏と、友人,,同人、だった父とに改めて冥福を祈るところであります。そして関西電力の全身は宇治川電気、の歴史も初めて知った方も多く居られる事と思います..有難うございました.貴村の発展を祈りあげます。

499.川柳の句碑 返信  引用 
名前:noduti    日付:07月08日(火) 20時58分
Original Size: 640 x 428, 94KB

 3月初旬に、元吉野町在住の方から、奈良県でも俳句の句碑は沢山ありますが、川柳の句碑は少なく貴重だと思います.昭和5年頃池原の発電所に在住の川柳作家横山勝二氏の系統の川柳会が下市に依然と続いています。きっと驚くでしょうし多くの川柳作家も同様かと思います。句碑が見つかれば又貴地の小さいながら歴史のひとつとなり、貴地からの発信される一つの材料に成るかと思いますとメールをいただきました。しかし、池原地区の古老にお聞きしても句碑の存在は調べることができませんでした。
 その後、平成7年と8年の下北山村報に2回にわたり句碑等のことが記述(文 故植村俊平氏)されているのを発見しました。それによると、横山氏は昭和4年に宇治川電気(株)(関西電力の前身)摺子発電所の建設(昭和4年〜6年)に従事するために来村、川柳に造詣の深かった彼は、工事関係者に呼びかけて、池原に川柳同人会を誕生させました。名づけて「いわまつ会」北山吟社と称し、その事務局が普門寺に置かれ、地元以外の会員は工事関係者で県内では奈良・桜井・下市・・・など、県外では東京、富山、山口など広範囲にのぼっているなどが記述されています。
 句碑は、昭和5年(1930年)9月 池原・普門寺境内に縦横1メートル余りの自然石に横山氏の句「寂滅為楽乃 鐘可 入日越 急がせる」が刻まれた句碑が建立されました。
 工事の完成と共に同人会の中心人物、横山氏や会員の工事関係者が村を離れた後、地元のメンバーが細々と川柳に火を燃やしてきたものの、時の流れと共に衰えていったようです。その後、横山氏は昭和36年9月6日 76歳で死去。妻リサさんが勝治さんのお骨を持って、心のふるさとである池原の句碑の下に埋葬して欲しいと普門寺を訪ねてこられたが、境内に埋葬するわけに行かないと断ったが、檀家で相談の結果、昭和40年に句碑を本堂西側の寺の墓地に移転し、句碑の台座の下に納骨できるように移転し、納骨供養をしたそうです。又横山さんの妻リサさんも昭和60年10月に83歳で死去し、遺族の要望もあり同年12月、横山さんと同じ所へ納骨したとのことです。句碑は場所がら寺の参詣者の目にとまらないことと、無住寺となっているため村内でも知らない人が多いです。



500.Re: 川柳の句碑
名前:noduti    日付:07月08日(火) 20時59分
Original Size: 794 x 1123, 246KB

 句碑等のことが記された下北山村報


497.ヒナコウモリ 返信  引用 
名前:noduti    日付:07月07日(月) 12時05分
Original Size: 640 x 428, 118KB Original Size: 640 x 428, 68KB

 下北山村でユビナガコウモリなどの越冬する洞窟のあることが知られており、過去何回かバンデング調査が行われました。この結果、一部のコウモリが、この場所から70数キロ離れた白浜に移動し出産・子育てを行っていることがわかっていました。このように夏場は、多くのコウモリが移動してしまっており、洞窟内での生息数は少なくなっていましたが、6月22日 田の生物調査で洞窟に入ったところ、生息集団のいることに気がつき、7月5日教育大付属小の井上先生他5名の再調査でヒナコウモリの繁殖が確認されました。又、村内の別の場所でも妊娠中の個体が確認されました。奈良県で繁殖が確認されたのは初めてだそうです。



498.Re: ヒナコウモリ
名前:noduti    日付:07月08日(火) 07時07分
井上先生から別のサイトに訂正の書き込みがありました。
 訂正です。繁殖を緊急に確認しようとしたのは、洞穴をねぐらにするコウモリで初めてかと思われるということだったからです。妊娠中の個体は2洞穴で確認しましたが、ユビナガコウモリでした。これは下北山村のどこかで繁殖の可能性があるのか、これから白浜に行くのかはわかりません。もう一つは1洞穴で確認しましたが、ヒナコウモリではなく、ヒナコウモリ科のモモジロコウモリです。確実に飛べる幼獣も確認(10数頭ほど)できましたので、割と早い時期に分娩を開始していた可能性があります。まだ、生まれたてに近い毛の生えていない赤子(1頭)もいましたからこれからも分娩の可能性があります。そっとしておいてやりたいものです。貴重な記録と思われます。

496.野の花 返信  引用 
名前:natumi    日付:03月21日(金) 17時52分
久しぶりにこちらのHPを見せていただきました。野生のマンサク、ばいかおうれん、エドムラサキつつじ、清楚ですね。八重より一重、交配種より野生、シンプルなものに惹かれます。やっぱりほっとする場所です。細く長く続けてくださいね。

495.アセビ 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月15日(土) 22時11分
Original Size: 640 x 428, 42KB

 庭に植えられているアセビです。今が盛りです。


494.ミツバツツジとトサミズキ 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月15日(土) 22時10分
Original Size: 640 x 428, 38KB Original Size: 640 x 428, 28KB

両方とも庭に植えられています。もう少しで開きそうです。


493.野生のマンサク 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月15日(土) 22時08分
Original Size: 640 x 428, 24KB Original Size: 640 x 428, 31KB

 この花は約40年前、笠置から信楽へ走行中、道ばたで咲いていたのを当時住んでいた田原本の庭に移植、その後転宅に伴う移植2回を経て、今住んでいる庭に植えられて20数年になります。洋種に比べて小降りの花です。下北山に来てからは奥駆け道の太古の辻から南の稜線(多分、石楠花岳付近)で自生を見たことがあります。


492.エゾムラサキツツジ 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月15日(土) 21時54分
Original Size: 640 x 428, 21KB

 北海道産のシャクナゲの仲間エゾムラサキツツジです。庭に植えて20数年、大きくはならないのですが、毎年花を咲かせてくれます。甘い?香りがあります。中国ではその乾燥した葉を「満山紅(まんざんこう)」と称し、慢性気管支炎、気管支喘息に用いるとか。花言葉は「片思いの恋」。


491.洋種マンサク 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月15日(土) 21時24分
Original Size: 640 x 428, 53KB Original Size: 640 x 428, 32KB Original Size: 640 x 428, 35KB

盛りを過ぎようとしていますが庭植の洋種マンサクです。3種類あります。


490.バイカオウレン 返信  引用 
名前:noduti    日付:03月15日(土) 21時21分
Original Size: 640 x 428, 64KB Original Size: 640 x 428, 31KB

掲載が遅くなりましたが、2月18日の撮影です。盛りを少し過ぎた状態でした。


489.イワツバメ 返信  引用 
名前:noduti    日付:02月11日(月) 21時37分
 今日は少し春めいた感じの下北山でした。イワツバメが飛んでいるのを見ました。図鑑には夏鳥として渡来し、九州以北の全国で繁殖しますが、西日本では分布が局地的です。三重県、福岡県、熊本県、鹿児島県などでは越冬しているものもありますと記述されています。三重県熊野市に近い当地ですから、越冬していたのかもです。

487.(untitled) 返信  引用 
名前:桝井宗洋    日付:02月05日(火) 09時29分
ヤフーブログ(土鈴)にて毎週大和の歴史土鈴をタイトルに画像を紹介しています.2月11日には貴地のつちのこと東吉野村の狼像土鈴を掲載します。



488.Re:お元気でしたか。
名前:noduti    日付:02月06日(水) 07時34分
 桝井様 お久しぶりです。お元気でしたか。
今年の下北山の冬は、大変厳しい寒さです。でも、中和などよりも雪が積もることが少なく、年末にうっすら白くなった程度だったのですが、今朝程から本格的な雪が降って、現在のところ1センチぐらいで全面真っ白ですよ。
久々に、画像アップのネタができそうです。

486.朝熊竜胆(アサマリンドウ) 返信  引用 
名前:noduti    日付:11月07日(水) 07時31分
Original Size: 640 x 428, 36KB Original Size: 640 x 428, 39KB

伊勢の朝熊山が最初の発見でこの名前が付いたと聞いています。奈良県では下北山と十津川村に自生しています。


485.むべなるかな 返信  引用 
名前:noduti    日付:11月07日(水) 07時26分
Original Size: 640 x 428, 35KB Original Size: 640 x 428, 48KB

ムベの実が色付いてきました。自宅の西側で日よけに植えているものです。
ネットでムベを検索していて次のようなページを見つけました。
http://www.page.sannet.ne.jp/mahekawa/mubenarukana.htmより抜粋
「むべなるかな(いかにももっともなことであるなあ)」
 晩秋、ほのかに甘い赤紫の実のなるアケビ科の低木「ムベ」。この植物の語源が、天智天皇が発せられた一言だったということをご存じだろうか。

 琵琶湖のほとりに位置する滋賀県近江八幡市の北津田町には古い伝説が残っている。蒲生野に狩りに出かけた天智天皇がこの地で、8人の男子を持つ健康な老夫婦に出会った。

 「汝ら如何(いか)に斯(か)く長寿ぞ」と尋ねたところ、夫婦はこの地で取れる珍しい果物が無病長寿の霊果であり、毎年秋にこれを食するためと答えた。賞味した天皇は「むべなるかな」と得心して、「斯くの如き霊果は例年貢進せよ」と命じた。



ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb