[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
MTG 骨なしの凶漢+邪悪なる力2枚+天使の祝福板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1248.サイト 返信  引用 
名前:vega    日付:2013/09/05(木) 05:28
シグマによろしく
http://siguma.qlookblog.net/

1243.《集団意識/Hive Mind》を有効利用するためのメモ 返信  引用 
名前:The「TY」    日付:2009/08/02(日) 02:49
M10随一の謎レア、《集団意識/Hive Mind》を楽しく使ってみよう!
というわけで、情報整理。

1.コピーするのはソーサリー・インスタントのみ。
極端な話、クリーチャー等のパーマネントカードメインにすれば相手にコピられる問題はない。青はカウンター・ドローが特徴で、ソーサリー・インスタントに有用なものは多いが、6マナのシングルシンボルなので青にこだわる必要はそんなに無い。

2.コピーは強制。
状況によっては、コピーしてもうれしくないということはありうる。

とはいえ、全てをパーマネントでまかなうことは難しい。インスタントタイミングでは動きづらくなるし。
そんな中で、こちらが使用しても問題ない(あるいは優位な)スペルを検討。
1.《本質の散乱/Essence Scatter》
性質上、適切な対象がほぼ1つなのでコピーする意味が無い

2.《侵入の追い返し/Repel Intruders(SHM)》等の色マナを要求するスペル
マナを支払わせなければ、全く問題なし。

3.《蔓延/Infest(ALA)》等のリセットスペル
こちらのクリーチャーも落ちやすくなるが、頑強に強くなったりするよ!
応用として、各プレイヤーに影響を与えるスペルにも可能性あり。

4.《堕落の触手/Tendrils of Corruption》等の特定の土地を参照するもの
専用に調整されていない限り、効果が減退する。
例として《堕落の触手/Tendrils of Corruption》を挙げたが、状況によっては対戦相手だけがライフを得る事になりかねない点には注意。

当たり前だが、複数貼るとさらなる魔界空間が発生する。こんなカードに割けるスロットは2枚が限界だろうが。



1244.追記
名前:The[]    日付:2009/08/02(日) 02:51
《妨げる光/Hindering Light(ALA)》もコピーされても適切な対象がほぼ存在しないので、問題なく使える。


1245.追記の2
名前:The「TY」    日付:2009/08/02(日) 03:00
《圧倒する波/Resounding Wave(ALA)》のように、展開後はサイクリングに回せる呪文もナイス。

1240.《屍術士の誓約/Necromancer's Covenant(ARB)》用メモ 返信  引用 
名前:The「TY」    日付:2009/07/19(日) 10:47
リアニメモから分離。

とりあえず、それなりに自分の墓地を肥やす性質上、《叫び大口/Shriekmaw(LRW)》、《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》が使えるうちは使ってもかまわないだろう。

とはいえ、相当程度はサイクリングでまかなうことになる。
候補としては、
1.《峠のラネット/Ridge Rannet(ALA)》のような単なるサイクリング
2.《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk(ARB)》のような1マナサイクリング
3.《ジェスのゾンビ/Jhessian Zombies(ARB)》のような土地サイクリング
4。滞留者

になる。
で、現状のところ、2の優先度が高く、それに3を少量加える感じで考えている。
具体的にはこの12枚。想起があるうちはこれで十分かと。
4 《意思切る者/Architects of Will(ARB)》
4 《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk(ARB)》
2 《聖域の耕し獣/Sanctum Plowbeast(ARB)》
2 《ジェスのゾンビ/Jhessian Zombies(ARB)》

ここに至るまでの試運転での感想。
・土地サイクリングだけだと、追加のサイクリングカードを調達できないので、1ターンに1枚しかサイクリングできないことが多い。
・1マナサイクリングカードはサイクリングコストの軽さに加えて、キャストも容易。《ジェスのゾンビ/Jhessian Zombies(ARB)》は6マナに対し、《意思切る者/Architects of Will(ARB)》は4マナである。
・《意思切る者/Architects of Will(ARB)》は普通に土地サイクリングや《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》と相性がいい。
・《ガラス塵の大男/Glassdust Hulk(ARB)》もそこそこ軽く、タフネスが4で、さりげなく《覇者シャルム/Sharuum the Hegemon(ALA)》の無限ループに対応する。

あと、よく《心の傷跡/Traumatize》とのコンボとか言われるけど、やはり大振りな上にあれ単体ではアドバンテージが発生しないのが大問題。正直お勧めできない。

課題
《紅蓮地獄/Pyroclasm》、《地震/Earthquake》などの全体火力。ローウィンが生きているうちは《ブレンタンの炉の世話人/Burrenton Forge-Tender(LRW)》、なくなっても《危害のあり方/Harm's Way》が使えるが、それでも《蔓延/Infest(ALA)》は問題。
《妄信的迫害/Zealous Persecution(ARB)》は有効だが、序盤にクリーチャーを余り展開できない構成だと腐りやすい。

正直、《屍術士の誓約/Necromancer's Covenant(ARB)》だけで相手を殺すようなデッキは難しい。別の攻撃手段が必要。

1.ゾンビビートを加える。
《死の男爵/Death Baron(ALA)》や《墓地を刈り取るもの/Cemetery Reaper》での強化を考えるなら、序盤に盤面を展開できないサイクリングで墓地を肥やすタイプより、ゾンビビートの息切れ防止策として使ったほうが分かりやすい。6マナの誓約の後でしか役に立たないロードでは、ただの3マナ2/2で終わりかねない。
ただ、序盤で使えるのゾンビが《潮の虚ろの漕ぎ手/Tidehollow Sculler(ALA)》と《グリクシスの邪刃/Grixis Grimblade(ARB)》、あとは《朽ちゆくネズミ/Rotting Rats(CON)》とちょっと線が細いため、ゾンビ軍団に有効な手段=誓約にも有効なのが気になる。
(この点は誓約前に全体除去を一発使わせることができると考えるなら、メリットになるが)
そして、邪刃については相性のいい多色ゾンビが少ない。

2.サイクリング→リアニメイトと融合
《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》でも墓地を肥やせるのがポイント。
釣り手段は《その場しのぎの人形/Makeshift Mannequin(LRW)》でもかまわないが、《墓場からの復活/Rise from the Grave》も誓約によってゾンビ化する性質を生かせるので悪くない。現状では《魂魄流/Torrent of Souls(SHM)》の全体強化のほうが魅力的だが。
あと、サイクリングクリーチャーがほぼアーティファクトなので、《覇者シャルム/Sharuum the Hegemon(ALA)》は十分つかえる。

3.もっと別のフィニッシャーを加える。
誓約が苦手な全体除去に強いファッティを加えるのも悪くない。
この場合、流刑か黒除去への耐性は必須だが。



1241.Re: 《屍術士の誓約/Necromancer's Covenant(ARB)》用メモ
名前:The「TY」    日付:2009/07/19(日) 10:54
いろいろ考えたが、
課題1の変形として、
ゾンビにこだわらない単なる白黒ビートに加えるのが、一番まっとうな方法ではないかと。出てくるトークンが微妙なサイズなので、ゴブリン召集のような全体除去を打たれても問題なしというような爆発力は無いが、あれが強すぎるだけだよなあ。

1233.レガシーのメモ 返信  引用 
名前:The「TY」    日付:2009/06/28(日) 00:19
現在の不足分
こうやって見ると、コモン・アンコモンがほとんどで、レアも高額で無い。メインに関しては何とか揃えられそう。

テンペスト
4 水蓮の花びら

オデッセイ
4 入念な研究
4 セファリッドの円形競技場

トーメント
4 朽ちゆくインプ
3 綿密な分析
4 打開
4 イチョリッド

オンスロート
4 蒸気の連鎖

未来予知
4 《黄泉からの橋/Bridge from Below(FUT)》



1234.追記
名前:The「TY」    日付:2009/06/28(日) 00:29
《黄泉からの橋/Bridge from Below(FUT)》が脆いので、やっぱりサイドの墓地対策は黒力線が最適っぽい。


1235.Re: レガシーのメモ
名前:The「TY」    日付:2009/06/30(火) 22:49
陰謀団式療法を忘れてた。


1239.Re: レガシーのメモ
名前:The「TY」    日付:2009/07/19(日) 09:55
ソ氏や王からコモンの大部分と一部のアンコモンの提供があったので更新。
ここまでくれば、自力購入も見えてきた。

オデッセイ
3 セファリッドの円形競技場

トーメント
1 朽ちゆくインブ
4 イチョリッド

ジャッジメント
4 陰謀団式療法

オンスロート
3 蒸気の連鎖

ギルドパクト
4 虚空の力線

未来予知
2 《黄泉からの橋/Bridge from Below(FUT)》

あと、後のために
2 真鍮の都
3 宝石鉱山

があるといじりやすくなる。

1231.こっそりメモ 返信  引用 
名前:The「TY」    日付:2009/06/24(水) 10:22
《覇者シャルム/Sharuum the Hegemon(ALA)》2枚
《黄泉からの橋/Bridge from Below(FUT)》
《アクローマの記念碑/Akroma's Memorial(FUT)》or髪張りの琴



1236.Re: こっそりメモ
名前:The「TY」    日付:2009/07/04(土) 20:06
《ドラゴンの餌/Dragon Fodder(ALA)》
《変身/polymorph》
《大祖始/Progenitus(CON)》
《軟泥の庭/Ooze Garden(ALA)》


1238.Re: こっそりメモ
名前:The「TY」    日付:2009/07/13(月) 23:19
《覇者シャルム/Sharuum the Hegemon(ALA)》×2
《古霊の踏み行く処/Where Ancients Tread(ALA)》

1228.ボーイ精神を刺激されたので 返信  引用 
名前:The「TY」    日付:2009/06/07(日) 02:11
初心者にインパクトを与えることも考え、リアニメイトを作ってみた。
各パーツは、ローウィンが落ちるまでの短い期間ではあるが揃ってるし。

ディスカードエンジン:《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter(10E)》、《隠された恐怖/Hidden Horror(10E)》、《ウーナのうろつく者/Oona's Prowler(LRW)》

リアニメイト手段:《その場しのぎの人形/Makeshift Mannequin(LRW)》、《魂魄流/Torrent of Souls(SHM)》(使い方は異なるが《不敬の命令/Profane Command(LRW)》も)

釣り対象:《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon(ALA)》、《墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan(CON)》、《ヘルカイトの首領/Hellkite Overlord(ALA)》、《マルフェゴール/Malfegor(CON)》

とりあえず、《神の怒り/Wrath of God(10E)》に対しては釣り直しで、台無し感が著しい《流刑への道/Path to Exile(CON)》に対してはトークンや被覆で対策してみる。マネキンカウンターも間接的に対策となる。

強いて言えば、加速無しで4〜5マナがないと動けないのに、ルーターが一種類しか実用に耐えないため、安定性が微妙。
《グリクシスの戦闘魔道士/Grixis Battlemage(ALA)》や《最前線の賢者/Frontline Sage(CON)》はマナがいるし。オベリスクは重い。

で、とりあえず作ったのはこんなの。資産の関係で、土地が超いい加減。

Land:24
1 《崩れゆく死滅都市/Crumbling Necropolis(ALA)》
2 《鮮烈な湿地/Vivid Marsh(LRW)》
2 《偶像の石塚/Graven Cairns(SHM)》
2 《沈んだ廃墟/Sunken Ruins(SHM)》
2 《地底の大河/Underground River(10E)》
2 《シヴの浅瀬/Shivan Reef(10E)》
1 《硫黄泉/Sulfurous Springs(10E)》
2 《フェアリーの集会場/Faerie Conclave(10E)》
1 《山/Mountain》
5 《沼/Swamp(ALA)》
4 《島/Island(ALA)》

Creature:25
4 《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter(10E)》
4 《ウーナのうろつく者/Oona's Prowler(LRW)》
3 《隠された恐怖/Hidden Horror(10E)》
4 《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》
2 《叫び大口/Shriekmaw(LRW)》
4 《墨溜まりのリバイアサン/Inkwell Leviathan(CON)》
3 《若き群れのドラゴン/Broodmate Dragon(ALA)》
1 《ヘルカイトの首領/Hellkite Overlord(ALA)》

Spell:11
1 《思案/Ponder(LRW)》
4 《その場しのぎの人形/Makeshift Mannequin(LRW)》
4 《魂魄流/Torrent of Souls(SHM)》
2 《不敬の命令/Profane Command(LRW)》

ヘルカイトの首領は、マルフェゴールでもいいかも。
序盤に盤面で押し込まれ、1体のファッティでは止められない状況を防げるし、インスタントタイミングで出したり、魂魄流から速攻付きで出すと、面白げ。ディスカードのデメリットもリアニメイトならある程度割り切っていけるし。色構成的に、素出しも可能。(もう少しランドが充実していればなお問題なし)

まあ、問題は現環境に有効な墓地対策があふれているという現実を直視せざるを得なくなるサイド後なわけで。そこは考える必要あり。



1229.追記
名前:The「TY」    日付:2009/06/09(火) 10:36
ディスカードエンジン:《朽ちゆくネズミ/Rotting Rats(CON)》や《恐ろしい発見/Ghastly Discovery(SHM)》はあり。前者は緩やかだが相手の手札にも干渉でき、後者はドローも兼ねる。ただし、盤面への影響は弱くなる。

リアニメイト手段:当然、《宿命のネクロマンサー/Doomed Necromancer(10E)》は考えられる。軽さは魅力である反面、起動までの隙が問題。デッキの構成上、特に軽除去の的になりやすいし。

釣り対象:大き目のスフィンクス各種(《鋼の風のスフィンクス/Sphinx of the Steel Wind(ARB)》、《厳然たるスフィンクス/Magister Sphinx(CON)》、《覇者シャルム/Sharuum the Hegemon(ALA)》)も考えられなくはないが、《流刑への道/Path to Exile(CON)》への耐性や釣った時に十分な効果が得られない可能性があり、不安定だと思われる。


1230.Re: ボーイ精神を刺激されたので
名前:The「TY」    日付:2009/06/21(日) 01:41
さらに考慮すべき素材を検討。

リアニメイト手段:《覇者シャルム/Sharuum the Hegemon(ALA)》はこちらにも属する。《魂魄流/Torrent of Souls(SHM)》が落ちると、赤マナは不要になるので、エスパーに移行する可能性が高く、その場合は中心的な手段になるだろう。安定性を考えると《スフィンクスの召喚士/Sphinx Summoner(CON)》も活用した、少しゆっくりとしたデッキになるかも。
あと、《不穏の標/Beacon of Unrest(10E)》を忘れてた。魂魄流1枚と入れ替えてもいいか。この場合は《朽ちゆくネズミ/Rotting Rats(CON)》がメインで使える。

釣り対象:《スラクジムンダール/Thraximundar(ARB)》もあり。《マルフェゴール/Malfegor(CON)》よりはマイルドに除去を担当できる。回避能力はないが、能力の関係でチャンプブロックにも耐性ある。あと安い。
この手の生贄による除去は、主力で使用しているリバイアサンと若き群れのドラゴンでは《否定の壁/Wall of Denial(ARB)》を突破できないため、重要。
(ただし、現状でもリバイアサンの島渡りや黒命令、叫び大口の畏怖があるので、全く手も足も出ないわけではない)

そういう点を踏まえると、サイズ的に否定の壁を踏み潰せる《神祖/Godsire(ALA)》様も考慮の予知あり。最近のビートダウンの速さ+絆魂等によるライフゲイン手段の増加からすると、ファッティ1枚では圧倒しにくいところ、警戒+トークン生産による釣った後の防御力が極めて高い点は評価に値する。当然に対策が必要な《流刑への道/Path to Exile(CON)》に対してもマネキンならマネキンカウンターによる間接的な防御、魂魄流ならトークン生産で対応可能。
ただ、単体除去(特に叫び大口)への耐性が全く無い上に、回避能力も無いためチャンプブロックで時間を稼がれる恐れが高く、攻撃面ではやはり不安が残る。

サイド用は《森滅ぼしの最長老/Woodfall Primus(SHM)》が安定か。プレインズウォーカー、《物語の円/Story Circle(10E)》、各種オーラ、装備品に対応できる……といいなあ。

課題:
・現状であふれかえる墓地対策への対応(サイドボードの構成)
・リアニメイトにいたるまでの動き(特に土地の内容)


1237.最近の妄想
名前:The「TY」    日付:2009/07/10(金) 20:59
クリーチャーをサイクリングして《屍術士の誓約/Necromancer's Covenant(ARB)》するデッキも作りたくなってきた。
こういうタイプはまだ作ったためしが無いし。

・トークンの強さからして、3体落とせばとりあえず合格
・能力的に単発のスペル感覚で使える+エンチャント対策はほとんど無意味。

白黒なら、対応力もそれなりに高くできるはず。

問題はマナがうまく揃うかということと、ルール改正のせいで2枚目以降の絆魂が累積しなくなることか。


1242.Re: ボーイ精神を刺激されたので
名前:The「TY」    日付:2009/07/19(日) 11:06
M10のリアニメイト手段が、《墓場からの復活/Rise from the Grave》と《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》だけってのはどうなのよ?
とくに後者はそこに行き着くことは極めて稀だし。

1223.同ネタ多数のようだが 返信  引用 
名前:The「TY」    日付:2008/11/09(日) 03:15
一部レアを除いて、手持ちの資源で作れたので、グロウデッキを。

Land:23
4 《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast(10E)》
4 《低木林地/Brushland(10E)》
1 《アダーカー荒原/Adarkar Wastes(10E)》
1 《溢れかえる果樹園/Flooded Grove(EVE)》
3 《海辺の城塞/Seaside Citadel(ALA)》
2 《樹上の村/Treetop Village(10E)》
3 《森/Forest(ALA)》
3 《島/Island》
2 《平地/Plains》

Creature:17
4 《極楽鳥/Birds of Paradise(10E)》
4 《クウィリーオンのドライアド/Quirion Dryad(10E)》
2 《ヴァレロンに仕える者/Steward of Valeron(ALA)》
4 《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks(SHM)》
3 《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk(ALA)》

Spell:20
4 《思案/Ponder(LRW)》
4 《魔力変/Manamorphose(SHM)》
4 《蛇変化/Snakeform(EVE)》
3 《大霊の盾/Shield of the Oversoul(SHM)》
2 《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer(10E)》
3 《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》

正直な話、ドローと青命令による防御に優れる青緑と、ドライアド以外の戦闘力の高いクリーチャーと《大霊の盾/Shield of the Oversoul(SHM)》による超強化が魅力の白緑を両方の要素を突っ込んでいる点で、鳥と魔力変(+思案)を使ってようやくそれなりにマナ調達が可能というのが現状。
とりあえず、ドライアドと魔力変の相性はきわめて良好で、つかってて楽しいデッキではある。
マナ事情は、《反射池/Reflecting Pool(SHM)》とかフィルターランドが増えてくると状況も変わるのかもしれないが。

現状の課題
・土地
《樹上の村/Treetop Village(10E)》、《苔汁の橋/Mosswort Bridge(LRW)》、《海辺の城塞/Seaside Citadel(ALA)》、《鮮烈な林/Vivid Grove(LRW)》といったタップインの土地をどう配分するか。

・青緑と白緑の比較
青緑に寄せると、サブのアタッカーが《岸砕きのミミック/Shorecrasher Mimic(EVE)》、《ジェスの浸透者/Jhessian Infiltrator(ALA)》で、サポートが《悲しげなセルキー/Wistful Selkie(EVE)》。どうも小粒感が漂う。
強い青命令が安定して使える、という一点が中心的な魅力。

白緑は《台所の嫌がらせ屋/Kitchen Finks(SHM)》、《ヴァレロンに仕える者/Steward of Valeron(ALA)》、《萎れ葉の騎兵/Wilt-Leaf Cavaliers(SHM)》がサブのアタッカー。いれば《萎れ葉のしもべ/Wilt-Leaf Liege(SHM)》も使える。
ドローに関しては、青抜きでは《仮面の称賛者/Masked Admirers(LRW)》が一応安定か?
アタッカーを守るよりは、カードパワーで押していく形になり、その結果青緑より全体に少し重くなると思う。

ちなみに、デッキコンセプトからすると少し外れるが、せっかく持ってる(かつ普通に強い)ので《トロールの苦行者/Troll Ascetic(10E)》を少しさしておくのは悪くないかも。

また、ドライアドとサブのアタッカー+対応する2色オーラだけで攻撃を十分と見るかどうか。
現状ではドライアドの突破力も付く《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer(10E)》を採用しているが、《踏み荒らし/Overrun(10E)》(あるいは普通にそれを代替可能なガラク)、鳥をアタッカーに変えられる《卓越の印章/Sigil of Distinction(ALA)》、《樹上の村/Treetop Village(10E)》もこっそり大きくできる《黄金のたてがみのアジャニ/Ajani Goldmane(LRW)》を検討中。

《数多のラフィーク/Rafiq of the Many(ALA)》は、高いしプロキシが作りにくいので、とりあえずパス。

・サイド
現状では汎用性の高い除去である《忘却の輪/Oblivion Ring(ALA)》、クリーチャーに飛んでくる各種除去を手軽に裁くための《否認/Negate(MOR)》、一応の定番の《雲打ち/Cloudthresher(LRW)》と《帰化/Naturalize(ALA)》+《枝細工下げの古老/Wickerbough Elder(EVE)》といったエンチャント・アーティファクト対策。といったところをぶち込んでいる。



1225.Re: 同ネタ多数のようだが
名前:The「TY」    日付:2008/11/23(日) 23:46
動作試験のため、
Out
2 《ヴァレロンに仕える者/Steward of Valeron(ALA)》

In
1 《大霊の盾/Shield of the Oversoul(SHM)》
1 《ロウクスの戦修道士/Rhox War Monk(ALA)》

で動かしてみる。

……やはり重いか?
あと、《熟考漂い/Mulldrifter(LRW)》と《バントの魔除け/Bant Charm(ALA)》を考慮中。

あと、サイドの《雲打ち/Cloudthresher(LRW)》は撃ちやすさと、本体火力も兼用できる《ハリケーン/Hurricane(10E)》に変えてみる。鳥が死ぬのは同じだし。


ページ: 1 2 3 4 5 6 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb