[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
悪意のない方が、森羅万象に挑む掲示板
森羅万象に挑む掲示板
自称「右翼」「左翼」言葉の表現方法も問いません。
また、「常識」に囚われたくもありませんし、自分を含め「失敗」は誰にもあります。
ただし過去に警察に行くとか問題をおこした方
“まじめ”に悪意のある方 “意図的“に論旨を外す人
(管理人の独断です。すいません)
こりゃ肌に合わないと思う人投稿ご遠慮ください。
姉妹板 気楽に掲示板
(写真は、カナダに落ちた隕石。太陽系誕生当時に形成されたと考えられる有機物

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



112.DVDで映画『ナイロビの蜂』 返信  引用 
名前:フィカス    日付:2007/04/15(日) 16:25
アカデミ−賞4部門ノミ−ネ−ト『ナイロビの蜂』を観た
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=323841

=============================
時間 128分
製作国 イギリス
公開情報 劇場公開 (ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2006/05/13
ジャンル サスペンス/ドラマ
原作: ジョン・ル・カレ 『ナイロビの蜂』(集英社文庫刊)

冒険小説の巨匠ジョン・ル・カレの同名ベストセラーを、「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督で映画化した感動のミステリー・サスペンス。アフリカの地を舞台に、政治に無関心なガーデニング好きの英国外交官が、慈善活動に熱心だった妻の死をきっかけに、初めて彼女の活動に目を向け、やがては危険を顧みず陰謀渦巻く事件の真相に迫っていくさまをスリリングに描く。主演は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ。また、共演のレイチェル・ワイズは本作の演技でアカデミー助演女優賞を獲得した。
 ケニアのナイロビ。ガーデニングが趣味の英国外務省一等書記官ジャスティン。事なかれ主義の彼は、アフリカで精力的に救援活動を続ける妻テッサの行動には深く立ち入らず、見ない振りを通していた。ところがそんなある日、テッサは救援活動中に何者かに殺されてしまう。警察はよくある殺人事件の一つとして処理しようとしていた。しかし、事件に不審なものを感じたジャスティンは、意を決して自ら調査に乗り出す。やがて、事件には国際的陰謀が絡んでいたことを知るジャスティンだが、そんな彼にも身の危険が迫っていた…。

はっきり言ってすごかった。
オフィシャル・サイト
http://www.nairobi.jp/
の宣伝から「ナイロビの鉢」は恋愛映画かと思ったが、それ以上。
そして
ふと、これを観て「タミフル」を想像した。
タミフルとエイズ治療薬、新型肺炎サ−ズ、ビルゲイツ&ラムズフェルドを結ぶ線が映画『ナイロビの蜂』

アフリカ、日本の庶民の命を”消費”して新薬開発と販売利益、その闇それを暴くものだった。

原発の廃棄物を劣化ウラン弾として”効率”利用。
生物兵器をアジア、アフリカにばらまいてラムズフェルドらネオコンが、あらかじめ自国兵士のために開発済みの”新薬”と壮大な販売利益。
そんなことまで、想像できる映画だった。

http://www.nairobi.jp/



113.生物兵器開発
名前:フィカス    日付:2007/04/15(日) 16:40
========================
http://www.anex.med.tokushima-u.ac.jp/topics/zoonoses/zoonoses01-119.html
徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部附属動物実験施設

人獣共通感染症連続講座(山内一也)(第119回 ) 2001.7.13
-----------------------------------------------------------------
新刊書「悪魔の生物学」
−略

米国が本格的に生物兵器開発に乗り出したのは第二次大戦終結後
である。追い風になったのは冷戦時代という背景だった。首都ワシントン
郊外に設立されたフォート・デトリック(1956年にキャンプ・デトリックが
改称されたもの)は生物兵器開発の中心となった。実戦を想定して、ま
ず、無害の細菌を国防省ペンタゴンの建物に撒布する模擬実験、サン
フランシスコ沿岸では蛍光を発する硫化カドミウム亜鉛の粒子の撒布
実験などを行った。1950年にはフォート・デトリックに8ボールと呼ば
れた巨大な地球儀のような建物を細菌の散布実験用に建設した。

 開発の最終段階は、実際に人間での実験になった。ユタ州のダグウ
エイ実験場でボランティア兵士に対してQ熱病原体散布が行われたの
である。このような段階を経て米国は1952年には生物兵器による実
戦の準備はすべて整ったといわれる。しかし、1969年にニクソン大統
領が攻撃用生物兵器開発の中止を突如決定し、これらの計画はすべ
て中止された。30年間にわたる米国の生物兵器研究の最後の段階で
は、実に4000人もの人が参加する大規模なものになっていた。残った
のは防御用生物兵器開発(ワクチンなどの予防法や診断法)であって、
これは陸軍感染症研究所に引き継がれて現在にいたっている。ここは
1989年にワシントン郊外で見いだされたカニクイザルのエボラウイル
ス感染の際に活躍したところで、ベストセラー小説「ホットゾーン」や映
画「アウトブレイク」のモデルにもなったところである。
−略
===================

「ユタ州のダグウエイ実験場でボランティア兵士に対してQ熱病原体散布が行われたの」
のをアジア(中国、ベトナムのサ−ズ事件...ベトナム戦争の報復か?)、アフリカでやったのでは?復讐と実験と”新薬”の販売も加えて...。

自然にはあり得ないこと...遺伝子操作。
==========================http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7663/SARSvirussaizensen.html

今知られているウィルスとSARSのDNAコードを比較してみたのですが、その結果をお知らせしておきます。私の行った比較作業から言えることは、SARSというのは全く通常のウィルスではないということです。これは、いくつかのコロナウィルスの断片を含んでいますが、同時にDNAも持っているのです。これは、知られているどんなウィルスにも当てはまりません。これは推測ですが、このウィルスはある特定の人々に対して感染しやすく、また、血液製剤などによっても感染するように思います

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/7663/hujitasense.html

Q:欧米の科学者はSARSの原因がコロナウイルスといっているが、教授の意見は?
A:コロナウイルスは風邪や下痢を起こすもので、人間や豚や鳥に感染する。しかし発見されたものは従来のものとDNAが大きく異なる新種。私は、これは既知のものが変異したものではなく、全く新しいものだと思う。

Q:野生の動物が元のウイルスを持っていたのでは?
A:WHOは動物を疑っているが、家畜や鳥のウイルスがこういうアウトブレイクを起こすとは思えない。知られている限りでは、エマージング・ウイルスというのは、親密な物理的接触で感染する。こんなに簡単に人から人に感染するのは、我々が今まで知っていたものと全く違い、それがSARSのショッキングなところだ。
===================

http://www.anex.med.tokushima-u.ac.jp/topics/zoonoses/zoonoses01-119.html


114.Re: DVDで映画『ナイロビの蜂』
名前:フィカス    日付:2007/04/15(日) 16:52
=====================
ルモンド
http://www.diplo.jp/articles05/0506-3.html
新薬のモルモットにされるアフリカの人々
ジャン=フィリップ・シポー(Jean-Philippe Chippaux)
医師、開発研究所所長、ダカール
 世界の大手製薬会社が、新薬の試験をアフリカで行うようになっている。アフリカの魅力は、安上がりなコストと規制の緩さにある。被験者の安全は二の次だ。事故が相次いでおり、中止に追い込まれた試験もある。こうした無軌道なやり方は、製薬業界が先進国の医療問題の解決のために、いかに途上国の人間を利用しているかを如実に物語っている。[フランス語版編集部]

原文


2005年3月、抗エイズウィルス剤であるテノフォビル(R)に関してナイジェリアで行われていた臨床試験が、倫理に大きく反するとして中止に追い込まれた。この試験は米国の製薬会社ギリアド・サイエンシズの委託により市民団体ファミリー・ヘルス・インターナショナルが行っていたもので、資金は米国政府とビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団から提供されていた。カメルーンでは2005年2月に、カンボジアでは2004年8月に、同じように試験が中止された(1)。しかし、タイ、ボツワナ、マラウィ、ガーナそして米国ではまだ試験が続行されている。
 2001年8月、同じように道を外れた試験が訴訟沙汰となった。ナイジェリアの30余りの家族が、髄膜炎治療のための抗生物質であるトロバン(R)の試験について米国の製薬会社ファイザーを相手取り、ニューヨークの裁判所に訴えを提起したのである。髄膜炎が流行中の1996年に行われたこの研究では、被験者となった子供200人のうち11人が死亡し、数名が脳や運動機能に重篤な後遺症を負った(2)。

 どの途上国も、製薬会社が倫理や被験者の安全を無視して行う臨床試験の舞台となっている。本人の同意もなく、詳しい情報も与えられず、十分な医療上のコントロールもなく、現地の患者や住民にとっての利益もわずかなのだ。とはいえ、臨床試験は新薬の認可と商品化に欠かせない、形式化された厳格な手続きの一環である。その目的は耐性と効果を測ることにある。世界中で行われている臨床試験は毎年10万件近くにのぼり、そのうち10%が途上国、1%がアフリカで実施されている。米国の政府や民間の資金によって米国外で実施された試験は、1990年には271件だったのに対し、1999年には4458件となっている(3)。
−略
=================
本文の
ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、マイクロソフトビルゲイツの財団
ギリアド・サイエンシズは、ご存じラムズフェルドが、元会長で大株主。

もちろん、タミフルは、ギリアド・サイエンシズが、開発したもの。
世界で実際使用されたうち7〜8割を日本人が飲んだ。

http://www.diplo.jp/articles05/0506-3.html


115.ギリアド社は、もちろんアフリカ原産?のエイズ治療薬も
名前:フィカス    日付:2007/04/15(日) 17:29
生物兵器と疑われるエイズウイルスもラムズのギリアド社が治療薬を

=================
ギリアド社のエイズ治療薬テノホビル、途上国向け「アクセス計画」は口約束なのか?
情報発信日 2006年02月09日


エイズ問題の専門家たちが今週、第13回レトロウイルス・日和見感染症会議(CROI)の席上でエイズ治療の進展について議論するため米国のデンバーに集まっているが、国境なき医師団(MSF)は数年前からの技術革新が途上国の人びとの手にはいまだ届いていないことを憂慮している。ギリアド・サイエンシズ社が主要な抗レトロウイルス薬(ARV)であるテノホビルの「アクセス計画」を最初に発表してから3年以上が経過してもなお、同薬はほとんどの途上国でいまだに手に入れることが出来ないままだからだ。

−略
================
「ギリアド・サイエンシズ社が主要な抗レトロウイルス薬(ARV)であるテノホビルの「アクセス計画」を最初に発表」

”最初”なんだよね。
まったく、出来過ぎ。

http://www.msf.or.jp/2006/02/09/4994/post.php


238.320ピンク300×200
名前:320ピンク300×200    日付:2015/08/11(火) 16:04
Synthetic Leather
http://thehonestcroock.com/?list25=5211

236.(untitled) 返信  引用 
名前:学歴の捺印    日付:2012/02/14(火) 19:05
「暇だったら会わないか?」。やっすんは筆者にそう話した。この男の凄いところは針の穴ほどの悪意もないところであった。通常、ネットと言うのは顔や身分が見えない電波であり、そこには悪意すら淀んでいる。ましてや、人をおちょくるのが趣味な筆者に対してやっすんはこれっぽちの悪意がないのである。この時初めてこの男に興味を持った。

194.年金を食い物にしている者たちの責任のなすりつけ 返信  引用 
名前:フィカス    日付:2007/06/29(金) 08:41
==============
平成9年度資金運用事業の状況(年金福祉事業団)

平成9年度の借入金利息は1兆1,403億円
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1007/h0705-1.html
=============

「借入金利息は1兆1,403億円」?
なんだこれ???。
唖然とする金。

実はこれ、旧大蔵省の旧資金運用部(現、財務省 財政融資資金)から借りた金の利息。

実は年金、旧資金運用部に預けていた。

========================
日本の公的年金(厚生年金と国民年金)は現在、約150兆円の年金積立金を保有している。年金積立金の運用は、従来は全額財政投融資の原資として旧大蔵省資金運用部に預託されていた

http://www.nikko-fi.co.jp/modules/preview11/index.php?id=47&flow=0-40&tmid=40
======================

預けた預金で、利子を払う?
こんな、政府は、バカげたことをしている。
わざと年金を減らしてる!

こうして、歴代政府が創った”巨額財政赤字”の”穴埋め”にもこっそり使っていた。

もちろんこれだけじゃない。

======================
山陽新聞

首相に損害回復求め提訴 グリーンピアの2000億円


 1980年代に各地に建設され、破たんした年金保養施設「グリーンピア」をめぐり、厚生労働省や社会保険庁が総額約2000億円の損害を国に与えたとして、国民年金加入者5人が5日、小泉純一郎首相に損害回復措置を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴えたのは奈良市の谷沢忠彦弁護士(64)や千葉県、大阪府の計5人。

 訴状によると、旧厚生省は1975年にグリーンピア建設を決定。その後、年金積立金を財源にして全国13カ所に総工費約1951億円をかけて建設したが、大幅な赤字になり、2000年以降すべて売却処分された。
===========================

これは、例えば「売却費は二百六億円かけて建設した「指宿」(鹿児島県)が六億円」

など、ほんの一例。

=========================
2007年6月27日 朝刊

 塩崎恭久官房長官は二十六日午後の記者会見で、社会保険庁による年金記録不備問題で社保庁全職員にボーナス返納を求めたことに関連して、返納に応じない職員に対しては、社保庁廃止後の二〇一〇年に新設される「日本年金機構」への再雇用を拒否する可能性を示唆した。

 塩崎長官はボーナス返納と再雇用の関係について「二十五日の厚生労働相、社保庁長官の記者会見を読み返してもらえれば、何のために返納しているかがよく分かる。けじめと改革への姿勢だと明確に言っている」と述べた。

 この発言は、全職員がボーナスを返上する形でけじめをつける必要性を強調したものだが、人事に絡めて返納を求めたとも受け取れるだけに、波紋を広げることになりそうだ。
========================
バカヤロウ!

http://www.asyura2.com/07/senkyo37/msg/131.html



195.おまけ。茶番
名前:フィカス    日付:2007/06/29(金) 09:03
=================
厚労省は、社保庁職員とOB全員が基準通りに返納した場合、総額約10億円になるとしている
================
2007年6月27日 朝刊

 塩崎恭久官房長官は二十六日午後の記者会見で、社会保険庁による年金記録不備問題で社保庁全職員にボーナス返納を求めたことに関連して、返納に応じない職員に対しては、社保庁廃止後の二〇一〇年に新設される「日本年金機構」への再雇用を拒否する可能性を示唆した。

 塩崎長官はボーナス返納と再雇用の関係について「二十五日の厚生労働相、社保庁長官の記者会見を読み返してもらえれば、何のために返納しているかがよく分かる。けじめと改革への姿勢だと明確に言っている」と述べた。
===================
ボーナス返納 「積極的に応じるべきだ」と社保庁労組
2007年6月26日(火)19:56

 年金記録問題を受けて社会保険庁の村瀬清司長官が全職員に6月賞与の自主返納を求めている問題で、同庁の職員でつくる「全国社会保険職員労働組合」(約1万1000人、旧自治労国費評議会)は26日、「様々な事情により自主返納に応じることができない職員に一切の不利益を及ぼすことがないことを前提に、社保庁職員として重く受け止め、積極的に応じるべきだと考える」とのコメントを発表した
===================

労組の幹部も、アホか!

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/politics/K2007062604180.html?C=S


201.年金記録方式、「宙に浮く」からくり...悪いのは誰?
名前:フィカス    日付:2007/07/03(火) 08:13
===================
2007年6月13日(水)「しんぶん赤旗」

 五千万件の所在不明の年金記録について、氏名の読み仮名の誤りが起きる仕組みになっていたことが、十二日の参院厚生労働委員会で明らかになりました。日本共産党の小池晃議員が、社会保険庁年金保険部業務一課・二課刊行『三十年史』をもとに取り上げたもの。

 『三十年史』では、氏名を入力するさい、カナ変換ができないため漢字にひとつずつ四ケタの固定数字を付けて五千四百万件の記録を入力。その後、変換辞書によってこの数字をカナ氏名に置き換えたとされています。

 同書で実例としてあげている「島崎藤村」の場合、こうしたやり方で変換すれば、「しまさきふじむら」と誤って記録される可能性があります。

 小池氏は「これでは誰のものか分からなくなるのも当然。五千万件の宙に浮いた記録の原因のかなりの部分がここにある。システムそのものに問題があったのは明らかだ」と指摘しました
−略
=====================
=====================
社保庁年金システム 発注総額1兆4000億円 受注側に15人天下り
東京新聞 2007年6月15日 朝刊

 十四日の参院厚生労働委員会で、共産党の小池晃氏は、社会保険庁や旧厚生省などのOB計十五人がNTTデータ(東京)といったコンピューター・システム関係の発注先企業に天下りしていた、と指摘した。柳沢伯夫厚生労働相はシステム関係の企業には過去、総額で約一兆四千億円の経費が支出されていた実態を明らかにした。 

 小池氏によると、元社保庁次長や旧厚生省大臣官房審議官がNTTデータの常務に天下ったり、同庁の社会保険業務センターの元幹部らが、NTTデータシステムサービス(同)や、日立公共システムサービス(同)の担当部長などとして再就職していた。

 これらの企業はいずれも社保庁などから受注。委員会で同庁幹部は十五人について「いずれも社会保険庁などに在籍していたが、再就職先は把握していない」と答弁した。

−略
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007061502024292.html
======================

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-06-13/2007061301_02_0.html


235.Re: 年金を食い物にしている者たちの責任のなすりつけ
名前:早川公朗    日付:2010/04/02(金) 11:51
  初めまして宜しくお願い申し上げます。

 私は、奈良県に在住して居ります障害者ですが、
当方の問題を正義感をもって検証願う。

インターネット検索で、毎日新聞専門電子掲示板での当方の記述をご確認願いたく、宜しくお願いします。

  平成22年4月2日

  奈良県北葛城郡広陵町馬見北3−7−18早川公朗(71歳)
                電話番号0745-55-5312 FAX

170.集団的自衛権について 返信  引用 
名前:どろ    日付:2007/05/12(土) 11:16
憲法改定の理由として、日米安保のあり方が問題だという議論があります。

いまは日本が一方的に守られている状態である。
だから対米関係で日本は強く出ることが出来ない。
日米安保を攻守同盟に格上げすれば、対等関係となる。
そこで日本は独立国として米国に強い態度にでることができる。

これは全くの誤りだと思います。
日米安保の現状と、それを攻守同盟に格上げしてからの状態を具体的に考えてみましょう。

【現状】
1 米軍は日本に基地を置いているが、日本は米国に基地を置けない。
ここから
2 日本は米軍基地のために日本領土を攻撃されるリスクを負っているが、米国は日本のためにその本土を攻撃されるリスクを負っていない。
そこで
3 日本が負っている「2」のリスクを軽減するため、米国は日本防衛に協力する義務を負っている。
☆ 米国は「2」のリスクを負っていないから、日本は米国を守る義務を負わない。

こういうことでバランスをとっているわけです。
ところで自民党が言っているような攻守同盟に変更するとどうなるのか。

1 米軍は日本に基地を置き続けるが、日本が米国に基地を置けないことに変化はない。
2 日本は米軍基地のために日本領土を攻撃されるリスクを負い続ける。米国に逆のリスクがないことに変化はない。
こういう不平等は温存されるのです。
3 米国が日本防衛に協力する義務は続くが、各国の自国防衛は自国でさせるという米軍新戦略により、米軍の負担は軽減される。
ということで、不平等は拡大されます。
4 日本には米国の戦争に協力すべきリスクが新たに加わる。
5 米国にはなんら新しいリスクが発生しない。
6 自衛隊の参戦により、米軍の負担が軽減され、米兵の安全性も高まる。

このように、メリットは米国だけが。日本にとってのメリットはありません。
一方的で、不平等です。
しかも、現状よりも米国に対する従属度がむしろ深まる結果をもたらします。
なぜなら米軍との共同軍事行動においては、米軍が指揮権を独占するからです。
自国防衛のための自衛隊戦力が、日本の主権下から離れる事態さえ考えられます。
これでは日本のますますの属国化を意味するだけであって、対等の攻守同盟などというものではありません。
こんなことのために憲法を改定し、日米安保を改定させるわけにはいきません。  



171.Re: 集団的自衛権について
名前:どろ    日付:2007/05/13(日) 10:42
こういう議論もあります。

アメリカに向かって北朝鮮のミサイルが飛んでいくのに、それを撃ち落しもしないでむざむざ飛んでいくに任せる、そんなことで同盟国としての信頼を得られるのか。
アメリカ市民が北朝鮮のミサイルで殺されるのがわかっているのに、憲法第九条があるばかりに、それを指をくわえて見ているしかないというなら、そんな憲法は変えるしかない。

これこそ三百代言の見本みたいな議論です。
まずその想定がおかしい。
アメリカは北朝鮮ごときから自国市民を守れないような国なのか。
もしも北朝鮮がそんな行為に及べば、それはアメリカの徹底的な報復を招き、北朝鮮政府が滅亡するときです。
北朝鮮政府はそれがわかっています。
だからわざわざそんなまねはしません。

ありえない想定をリアルな政策論争に持ち込むのは、憲法改定の必要性をリアルな現実として説明できないからです。

リアルな現実というのは、私が書いたようなことです。
これを馬鹿正直に議論の俎上に乗せたのでは、国民が賛成してくれなてと自民党はわかっています。
だからアホみたいな想定を大真面目に述べ立てるしかないのです。
こんな議論に乗ってはいけません。


174.Re: 集団的自衛権について
名前:フィカス    日付:2007/05/19(土) 09:44
========================
> 【現状】
> 1 米軍は日本に基地を置いているが、日本は米国に基地を置けない。
> ここから
> 2 日本は米軍基地のために日本領土を攻撃されるリスクを負っているが、米国は日本のためにその本土を攻撃されるリスクを負っていない。
> そこで
> 3 日本が負っている「2」のリスクを軽減するため、米国は日本防衛に協力する義務を負っている。
> ☆ 米国は「2」のリスクを負っていないから、日本は米国を守る義務を負わない。
>
> こういうことでバランスをとっているわけです。
> ところで自民党が言っているような攻守同盟に変更するとどうなるのか。
>
> 1 米軍は日本に基地を置き続けるが、日本が米国に基地を置けないことに変化はない。
> 2 日本は米軍基地のために日本領土を攻撃されるリスクを負い続ける。米国に逆のリスクがないことに変化はない。
> こういう不平等は温存されるのです。
> 3 米国が日本防衛に協力する義務は続くが、各国の自国防衛は自国でさせるという米軍新戦略により、米軍の負担は軽減される。
> ということで、不平等は拡大されます。
> 4 日本には米国の戦争に協力すべきリスクが新たに加わる。
> 5 米国にはなんら新しいリスクが発生しない。
> 6 自衛隊の参戦により、米軍の負担が軽減され、米兵の安全性も高まる。
>
> このように、メリットは米国だけが。日本にとってのメリットはありません。
> 一方的で、不平等です。
> しかも、現状よりも米国に対する従属度がむしろ深まる結果をもたらします。
> なぜなら米軍との共同軍事行動においては、米軍が指揮権を独占するからです。
> 自国防衛のための自衛隊戦力が、日本の主権下から離れる事態さえ考えられます。
> これでは日本のますますの属国化を意味するだけであって、対等の攻守同盟などというものではありません。
==========================

なるほど、ソ連官僚(ブッシュのアメリカ)にとって、軍事的に西側(中国、ロシア)からの防波堤と位置づけられた旧東欧諸国の「衛星国」(日本)のような関係でしょうか。

==========================
首相、集団的自衛権行使の研究を指示 第1回有識者会議
2007年05月18日11時36分
朝日新聞

集団的自衛権の研究を掲げる安倍首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二前駐米大使)の初会合が18日、首相官邸で開かれた。

集団的自衛権行使の禁止など政府の憲法9条解釈も含めて、安全保障に関する法的な制約を見直すことを諮問した。懇談会は、5〜6回議論したうえで秋に提言をまとめる。

−略

首相が例示したのは、
(1)公海上で行動をともにする米艦船への攻撃に対する反撃
(2)米国に向かう弾道ミサイルの迎撃
(3)国際平和活動をともにする他国部隊への攻撃に対する駆けつけ警護(4)国際平和活動に参加する他国への後方支援――の4点。

(1)と(2)は集団的自衛権の行使につながるほか、
(3)と(4)は政府が憲法解釈で禁じている「海外での武力行使」や「他国軍の武力行使と一体化する行為」の原則にかかわる

−略
http://www.chosunonline.com/article/20060823000014
===========================

軍事的な「国際平和活動」は、誰がどこにがいつも問題になる。
現在のイラク、ソマリアへの軍事介入。そしてイラン、パレスチナ。国連への加盟を申請し始めた台湾巡る米中の暗闘。

そのなかでブッシュのアメリカへの忠誠。
...危険だな〜〜。

実質の改憲。
改憲後は、さらに....。
...ん。

http://www.chosunonline.com/article/20060823000014


175.侵略正当化へ“洗脳”−文科省採用の“靖国DVD”
名前:フィカス    日付:2007/05/19(土) 09:53
=================
2007年5月18日(金)「しんぶん赤旗」

侵略正当化へ“洗脳”
文科省採用の“靖国DVD”

(写真)靖国神社で2人が語り合う内容の日本青年会議所作製のDVD「誇り」

 十七日の衆院教育再生特別委員会で、日本共産党の石井郁子議員が取り上げた日本青年会議所作製のDVDアニメ「誇り」。文部科学省が委託研究事業としているその内容は、日本の侵略戦争と植民地支配を正当化する言葉があふれています。

 「愛する自分の国を守りたい、そしてアジアの人々を白人から解放したい。日本の戦いには、いつも、その気持ちが根底にあった気がする」。靖国神社の鳥居の前で、過去から来た青年がこう語ります。「戦後その思いは打ち消され『悪いのは日本』という教育がおとなにも子どもにも施され、しょく罪意識だけが日本人の心に強く焼き付けられてしまった」

子どもに影響
 DVDでは青年の語りを通して、「日本は自国を守るためにやむをえず戦争した」「アジアを解放するための戦争だった」との主張が繰り返されます。朝鮮半島や台湾については「植民地支配」という言葉はなく、「日本はこれらの国を近代化するために道路を整備したり、学校を建設した」と述べています。「従軍慰安婦」や強制連行などの加害の事実にはいっさい触れていません。

 DVD「誇り」は日本青年会議所が地方青年会議所との「協働運動」として進めている「近現代史教育プログラム」の教材です。同プログラムでは学校の総合学習などで中学生にこのDVDを見せたあと、会議所のメンバーがコーディネーターになって詳しい説明を加えながら討論。子どもたちから「日本を守るためには戦争をするしかなかったのではないか」「日本が自分の国を守るために戦争したなんて初めて知りました」などの感想を引き出しています。

 この内容には、当の青年会議所の関係者からも疑問の声が出ています。同会議所のホームページで内容を知った地方青年会議所の関係者は「子どもたちを洗脳するようなもので、ひどいと思った。やめるべきだと思う」と語っています。

−略

国が予算計上

学校の総合学習などの時間に、青年会議所のメンバーが教室に「誇り」のDVDを持ち込んで実践するよう全国的に呼びかけています

新教育システム開発プログラム」は、「あるべき新しい教育システムを提言するための調査研究をおこなう」として文科省が二〇〇六年度から実施。研究内容を公募し、採択された団体に委託費を提供します。今年度は青年会議所のほか地方教育委員会や大学などの七十六件が採択され、計約十五億円の予算が計上されています。
================

「あるべき新しい教育システムを提言するための調査研究をおこなう」

ってか

=====================
靖国神社で、雄太は「愛する自分の国を守りたい、そしてアジアの人々を白人から解放したい―日本の戦いには、いつも、その気持ちが根底にあったような気がする」と語ります。

 雄太の話を聞いた、こころはつぶやきます。

 「私が今ここにいるのは、過去に日本という礎を築いてくれたたくさんの人たちがいたから…。そして大事なことは、正しい事実をきちんと知ること」
=======================

「アジアの人々を白人から解放」
「正しい事実」
...あきれたもんだ。

====================
首相「教育再生の参考に」

−略

受け取った安倍首相は「教育再生の参考にぜひ拝見させていただきましょう」と話し、池田会頭は「美しい国づくりに生かしていただければ幸いです」とのべています。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-05-8/2007051803_01_0.html
=======================

「美しい国づくり」の意味がよく分かる。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-05-18/2007051803_01_0.html


176.「親安倍」43人が派閥横断の外交議連
名前:フィカス    日付:2007/05/19(土) 10:00
====================
「親安倍」43人が派閥横断の外交議連
2007年05月18日02時43分 朝日

安倍首相が提唱する「価値観外交」を支持する自民党の中堅・若手議員43人が17日、「価値観外交を推進する議員の会」を発足させた。歴史教科書問題などで安倍氏と行動を共にした盟友たちが名を連ね、会長に古屋圭司氏、顧問に中川昭一政調会長が就任した。出席者の多くは安倍氏と「理念」を共有する議員で、派閥横断で結びつく事実上の「安倍派」の様相を呈している。
−略
続いて講演した中川氏も中国への警戒心をあらわにした。中国を「お隣の大事な国」と呼びつつも、「我々を包含し、我々が中国の一つの省になることは避けないといけない」と語った。
−略
だが、射程は外交にとどまらない。古屋氏は、郵政民営化法案に反対して離党し、昨年末に復党した。「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する民法772条の見直しに反対し、国民投票法で地位利用した公務員への罰則規定を主張するなど、保守派の中核として活発に動いている。

 この日のあいさつでも、古屋氏は人権擁護法案、皇室典範改正、靖国参拝、国民投票法、民法772条を列挙し、強調した。「いずれも思想信条、政治哲学、理念に直結する。同じ方向をめざす同志を糾合し、行動できるグループの機能をこの議連で果たしたい」

 歴史教科書や拉致問題などで、かつて首相と行動を共にした議員も多いだけに、新議連が党内保守派の理念を体現するエンジンの役割を果たす可能性もある。
−略
党内では「首相が復党を決断したのは、古屋氏のような仲間を戻したかったからだ」とも言われるほど。実際、議連には復党組が6人いる。
−略
=============

ホント、安倍の”したいこと”がよく分かる。

http://www.asahi.com/politics/update/0518/TKY200705170380.html


233.元東村山市議員「朝木明代氏」無念の死地へ
名前:sawas    日付:2008/08/29(金) 16:16
1959年9月1日。反日政府テロ集団宗教「創価学会員」複数によって、東村山駅前「ロックケープビル」5階〜6階の踊り場から無惨にも投げ落とされ、無念の死を迎えた死地である。
 朝木氏は創価学会のやり方に(政教一致・創価学会利権・関連企業の利益誘導・反日活動の)反対を唱え立ち上がり、創価学会・公明党の不正と戦っていました。だが、9月1日果の地で志し半ばで謀殺されました。(反日テロリズム宗教団体・思想の暴力宗教団による暗殺である)
創価学会は聖戦といい、創価学会池田教・公明党に反する者が蔓延させないためにも嘘、騙し、恫喝、脅し、捏造、改竄、恐怖、思想の暴力(テロリズム・マインドレイプ)を与えることにより創価学会池田教の偏向的主張・歪曲的要求を受け入れさせ国民全体を屈服させることを目的とし、実行したテロ殺人行為である。
そんな、在日韓国・朝鮮人主導の反日政府テロ宗教団「創価学会」に断固、反対抗議し真相究明のため、「能無し、鬼畜殺人者犯人逮捕」に向け市民団体が「正義のため」立ち上がり、西武新宿線東村山東口で「故・朝木明代氏」無念の13年目の冥福を祈ると共に、反日テロリズム宗教団「創価学会池田教」は日本にいらない「祖国朝鮮半島に帰れ!」決起抗議活動を大々的に行うそうです。(鬼畜能無し殺人犯出て来いと)
初めて参加する方、どのような活動家か「せと弘幸ブログ『日本よ何処へ』」を読み下されば詳しく理解できるのではないでしょうか。

9・1朝木明代さんの無念を晴らせ
2008年9月1日
場所:西部新宿線 東村山駅東口広場
時刻:午後3時半〜4時半は東口広場で街頭演説
    午後4時半〜5時半には転落死したビル前の路上で献花
主催:せと弘幸ブログ「日本よ何処へ」
協賛:主権回復を目指す会 在日特権を許さない市民の会他等
注 確認のため「せと弘幸ブログ『日本よ何処へ』をお読み下さい。

追批。テロリズム=一定の政治目的を実現するために暗殺・暴行などの手段を行使することを認める主義、およびそれに基づく暴力の行使。(大辞林参照)
   在日韓国・朝鮮人主導による反日政府テロリズム宗教団「創価学会池田教・公明党」からこれ以上の、被害者・牲者を出さないためにも。もとより「未来に輝く子供たちのために、将来に持ち込ませないために」我々、日本国民は見過ごすことはできません「鬼畜殺人犯逮捕を絶対要求」しましょう。そして「テロ創価学会池田教・公明党は日本国には必要ないゾ――」と訴えましょう。(練馬創価学会系の真実より)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb