[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
質問掲示板 「喫茶イヌでも」
イヌでもわかるJavaScript講座
質問掲示板 「喫茶 イヌでも」

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1459.いぬ 返信  引用 
名前:cccccc    日付:2017/04/26(水) 13:30
こんちわんこ

1458.xxxxxxxxxxxxxxxxxx 返信  引用 
名前:cccccc    日付:2017/04/26(水) 13:30
cccccccccccccccccc

1457.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2017/04/05(水) 03:07

 

1456.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2017/04/04(火) 02:56
<table border="1" rules="all" cellpadding="8" width="100%">
<tr><td bgcolor="gray" align="center" width="20"><font color="white">Q</font></td>
<td bgcolor="gray"><font color="white">●●</font></td>
<tr><td bgcolor="gray" align="center" width="20"><font color="white">A</font></td>
<td>●●</td>
</tr>
</table>
<br>

1455.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2017/04/04(火) 02:50
<center>
<script type="text/javascript"><!--
//
//
//
myDate = new Date(); // 今日の日付データ取得
myWeekTbl = new Array("日","月","火","水","木","金","土"); // 曜日テーブル定義
myMonthTbl= new Array(31,28,31,30,31,30,31,31,30,31,30,31);// 月テーブル定義
myYear = myDate.getFullYear(); // 年の取得
if (((myYear%4)==0 && (myYear%100)!=0) || (myYear%400)==0){ // うるう年だったら...
myMonthTbl[1] = 29; //  2月を29日とする
}
myMonth = myDate.getMonth(); // 月を取得(0月〜11月)
myToday = myDate.getDate(); // 今日の'日'を退避
myDate.setDate(1); // 日付を'1日'に変えて、
myWeek = myDate.getDay(); //  '1日'の曜日を取得
myTblLine = Math.ceil((myWeek+myMonthTbl[myMonth])/7); // カレンダーの行数
myTable = new Array(7*myTblLine); // 表のセル数分定義

for(i=0; i<7*myTblLine; i++) myTable[i]=" "; // myTableを掃除する
for(i=0; i<myMonthTbl[myMonth]; i++)myTable[i+myWeek]=i+1; // 日付を埋め込む

// ***********************
// カレンダーの表示
// ***********************
document.write("<table border='2' bordercolor='gray' width='210' height='190' rules='all'"); // 表の作成開始
document.write("<tr><td colspan='7' bgcolor='white' align='center' bordercolor='gray'>"); // 見出し行セット
document.write("<strong>",myYear, "年", (myMonth+1), "月</strong>");
document.write("</td></tr>");

document.write("<tr bordercolor='gray'>"); // 曜日見出しセット
for(i=0; i<7; i++){ // 一行(1週間)ループ
document.write("<td align='center'" );
if(i==0)document.write("bgcolor='#EEEEEE' font>"); // 日曜のセルの色
else document.write("bgcolor='#EEEEEE'>"); // 月〜土のセルの色
document.write( "<strong>", myWeekTbl[i], "</strong>" ); // '日'から'土'の表示
document.write("</td>");
}
document.write("</tr>");

for(i=0; i<myTblLine; i++){ // 表の「行」のループ
document.write("<tr bordercolor='gray'>"); // 行の開始
for(j=0; j<7; j++){ // 表の「列」のループ
document.write("<td align='center' "); // 列(セル)の作成
myDat = myTable[j+(i*7)]; // 書きこむ内容の取得
if (myDat==myToday)document.write("bgcolor='#FFFF88'>"); // 今日のセルの色
else if(j==0) document.write("bgcolor='#FFD5EC'>"); // 日曜のセルの色
else if(j==6) document.write("bgcolor='#D9E5FF'>"); // 日曜のセルの色
else document.write("bgcolor='white'>"); // 平日のセルの色
document.write("<strong>",myDat,"</strong>"); // 日付セット
document.write("</td>"); // 列(セル)の終わり
}
document.write("</tr>"); // 行の終わり
}
document.write("</table>"); // 表の終わり
// --></script>
</center>

1454.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2017/04/04(火) 02:48
<form><input type="button" value=" < " onClick="history.go(-1)" style="border-style:solid; border-width:1px; border-color:white; background:white; font-size:10pt; color:#00991a"></form>
<form><input type="button" value=" > " onClick="history.go(1)" style="border-style:solid; border-width:1px; border-color:white; background:white; font-size:10pt; color:#00991a"></form>
<a href="../TOP/TOP_003.html" target="c" style="text-decoration: none;"><input type="button" value="   Reset   " onClick="history.go(0)" style="border-style:solid; border-width:1px; border-color:white; background:white; font-size:10pt; color:#00991a"></option>

1453.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2017/04/04(火) 02:46
<b>
<SCRIPT type="text/javascript"><!--
myWeek=new Array("日","月","火","水","木","金","土");
function myFunc(){
myDate=new Date();
myMsg = myDate.getFullYear() + "年";
myMsg += ( myDate.getMonth() + 1 ) + "月";
myMsg += myDate.getDate() + "日 ";
myMsg += "(" + myWeek[myDate.getDay()] + "曜日) ";
myMsg += myDate.getHours() + " 時 ";
myMsg += myDate.getMinutes() + " 分 ";
myMsg += myDate.getSeconds() + " 秒 ";
document.getElementById("myIDdate").innerHTML = myMsg;
}
// --></SCRIPT>
<DIV id="myIDdate"></DIV>
<SCRIPT type="text/javascript"><!--
setInterval( "myFunc()", 1000 );
// --></SCRIPT>
</b>

1452.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2017/04/04(火) 02:44
  
<select onchange='parent.c.location.href=this.options[this.selectedIndex].value'>

<option value="../TOP/TOP_003.html" style="background-color:gray;color:white;">
▼下記より選択 (+23個)
</option>

<option value="●●.html">
・リンク先
</option>

</select>

1451.(untitled) 返信  引用 
名前:    日付:2017/04/04(火) 02:40

<td width="100" height="60" align="center">
<a href="javascript:void(0)" onClick="parent.b.location.href='TOP_002.html'; parent.c.location.href='TOP_003.html'" return false;">
<font color="#228B22"><h4>TOP</h4></font></a></td>

1450.(untitled) 返信  引用 
名前:あは    日付:2017/04/04(火) 02:36
<td width="100" height="60" align="center">
<a href="javascript:void(0)" onClick="parent.b.location.href='TOP_002.html'; parent.c.location.href='TOP_003.html'"
style="text-decoration: none;" return false;">
<font color="#228B22">
<h4>TOP</h4>
</font>
</a></td>

1449.(untitled) 返信  引用 
名前:あは    日付:2017/04/04(火) 02:33

1448.basket nike rouge homme 返信  引用 
名前:basket nike rouge homme    日付:2017/03/31(金) 08:38
Moraes is also attentive and unafraid to come off his line, dominates the penalty area and has sharp reactions, athleticism and a big frame.
http://www.musiquezag.com/programmation.asp?Shop=basket-nike-rouge-homme

1447.ハロー 返信  引用 
名前:田中    日付:2017/01/03(火) 18:57
こんにちは
http://www.kusoyarou.com

1442.JavaScriptのHTMLelementの属性について教えて下さい。 返信  引用 
名前:お願いします    日付:2016/11/26(土) 13:44
JavaScriptのHTMLelementの属性について教えて下さい。

■やりたい事
javascript内で動的に追加した<script src="http://xxx.com/xxx.js"></script>のjsファイルの内容を、
javascript内で参照したい

■コーディングイメージ

function 実行() {

// ------------------------------------------------------------
// scriptを作成してDOMに追加する
// ------------------------------------------------------------
var screlem = document.createElement("script");
var parent_object = document.getElementById("top");
parent_object.appendChild(screlem);


// ------------------------------------------------------------
// リッスンを開始する
// ------------------------------------------------------------
// イベントリスナーに対応している
if(screlem.addEventListener){
screlem.addEventListener("load",screlemLoadFunc);

// アタッチイベントに対応している
}else if(screlem.attachEvent){

screlem.attachEvent("onload",screlemLoadFunc);

// イベントハンドラを使用する
}else{

1441.Step 14 返信  引用 
名前:JavaScript初心者    日付:2016/06/25(土) 10:05
掛け算の答えに "数*数" と返しても正答にならないようにする方法はないでしょうか...?

1440.お世話になります。 返信  引用 
名前:夢旅人    日付:2016/04/29(金) 21:50
僕は素人です。今、JavaScriptの練習のために電卓を作っています。
セレクトボックスで四則演算の記号を選択するような機構を使おうと思っています。
いろんなサイトで見てみましたが、いまいちよくわかりません。
わかりやすい解説 or わかりやすい解説が載ったサイトを教えてください。m(__)m

1438.1クリックで2アクションできるでしょうか 返信  引用 
名前:H    日付:2016/04/21(木) 15:38
こんにちは。お世話になります。
現在、htmlだけでは1クリックで2アクションできないので、index.html にある複数ある画像をどれでもクリックすると、下位フォルダのindex.html が開き、さらにその中から目的の画像をクリックするとその説明画面がiframe内に表示されるようにしています。

できれば、親 index.html の画像をクリックすることで、下位フォルダのindex.htmlのiframeにまで反映させたいのですが、可能でしょうか。

javascript を使えばうまく行くような気がするのですが、全くの初心者で、onClick とか function とか 変数とかなんとか頑張ってみようと思ったのですが・・・

イメージ的には、親 index.html 内の
<a href="under/index.html" target="_top"><img src="under/photo/abc.jpg" height="50" border="0" width="50"></a>
<a href="under/index.html" target="_top"><img src="under/photo/def.jpg" height="50" border="0" width="50"></a>
<a href="under/index.html" target="_top"><img src="under/photo/hij.jpg" height="50" border="0" width="50"></a>
から、abc.jpg をクリックすると、ダイレクトにabc.htmlが開くのではなく、一旦under/index.html が開きます。
under/index.html 内は、

<div id="left">
<ul>
<li><a href="abc.html" target="photo">ABC</a>
<li><a href="def.html" target="photo">DEF</a>
<li><a href="ghi.html" target="photo">GHI</a>
</ul>
</div>
<div id="right">
<iframe src="blank.html" width="650" height="700" name="photo" noborder scrolling="no" frameborder="no"></iframe>
</div>
となっていて、blank.html が左のリンクをクリックすることでそれぞれabc.html, def.html, ghi.html が photo area に表示されます。

親 index.html でどの画像を選んでも、under/index.html が開くので、できればダイレクトに under/index.html 下で iframe に abc.html などが引き込まれた形で表示させたいのですが。

説明がうまくできたかどうかわかりませんが、ご教示頂ければ幸いです。
よろしくお願いします。



1439.Re: 1クリックで2アクションできるでしょうか
名前:自信ないけどこんなかんじ?    日付:2016/04/28(木) 21:46
「リンク先に値を渡す」で検索するとURLにパラメータをつけて渡すことでできそう。

親index.htmlのリンクにはunder/index.htmlの後に ? そしてiframeタグに表示させたいsrcの値を続けて書き足して
<a href="under/index.html?abc.html" target="top"><img src="under/photo/abc.jpg" height="50" border="0" with="50"></a>

下位フォルダのindex.htmlのbodyタグに(多分iframeタグの後に書いた方が望ましいと思うから</body>の直前あたりに)
<script>
  document.getElementsByName("photo")[0].src = location.search.substring(1);
</script>
上手くいかなかったらごめんね。

1435.IE11のバージョンでも表示可能な良策を教えて下さい 返信  引用 
名前:マヤ    日付:2016/04/09(土) 19:48
IE9の頃(2010年)に苦心して作製出来たHPが今や全く作動出来ません
HTML語部分は従来通りですが、Javascript語のprogramは無効の侭です
基本的知識も無く、古過ぎるのか?ExplorerバージョンUPしても何か
対抗策が有るのでは?と思い、HomePageを閉鎖するのが忍びなくて
質問させて頂きました。どうか宜しくお願い致します。2016.4.9.
http://members3.jcom.hone.ne.jp/m-yone/



1437.Re: IE11のバージョンでも表示可能な良策を教えて下さい
名前:自信ないけどこんなかんじ?    日付:2016/04/17(日) 12:27
IE11を表示した状態でF12を押してください。
IE11の下段に「F12開発者ツール」というものが出現すると思います。
その状態のIE11であなたのHPを表示してください。
F12開発者ツールのコンソールにどこが間違っているか書き出されます。
赤丸に×はエラー、三角にびっくりマークは警告です。
水色の行や列の数値の書かれて部分をクリックするとデバッガーに移動し問題のスクリプト部分が表示されます。
コンソールやデバッガーと書かれている段の右側に「Edge」と書かれた場所があります。
そこをクリックすると10や9といった数字がありそれはIEのバージョンです。
その数値をクリックして変えてみるとコンソールが書き換えられバージョンによってエラーや警告に違いがあり、なぜ動作しないのか何となくわかると思います。
詳しいF12開発者ツールの使い方は検索して調べてください。
javascriptではなく外部jsファイルの指定場所やタグが入子構造になっていない等HTMLの書き方に間違いが多いみたいです。
私も素人ですのでこれ以上のアドバイスする能力はありません。
後は独力で間違いを直して頑張ってみてください。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb